2020年08月02日

夏が来た・・・・けれど。

昨日、8月になった途端、
梅雨があけて、雲はあるけれど、
青い空が見えた一日。

昨夜、「ベランダで飲んでいいですか?」と
二人で来てくれた久しぶりのジュンジ。
その二人の雰囲気が
何かとっても良い感じである。

とは言え、どういう関係かわからないし、
始まる直前だったり、ただの友人かも知れないので
野暮なことは聞くまい。

お酒を持っていきながら、
「やっと夏らしくなったねえ」
僕がそう言うと、
「でも、この2020年の夏は夏じゃない
って、歴史に残る8月ですよね。」
ジュンジはそうつぶやいた。

「海の家もないし、花火大会もなく、
プールもほとんど閉まっている。
なんのイベントもない夏なんて、
本当に寂しいです。」
ジュンの連れてきてくれた相手もそう言う。


思えば、今から20年前。
2000年の夏も、僕にとっては
夏らしくない夏だった。

その5月に癌の宣告をされた僕は、
7月の上旬から8月いっぱいまで
入院をして、その後、10月まで自宅で療養。
ぽっかりと空いてしまった「夏」だったのだ。

そう考えると、入院をしたり、
色々な理由で自宅から出ることが
出来ない人たちは、現在も数多くいる。

夏はおろか、それぞれの季節感さえ
しっかりと味わうことも出来ない状態が
長く続くのだ。コロナとはまったく関係なく。

それを思うと、今回のこのコロナ騒ぎがいつまで
続くか、わからないけれど、
ぐっと辛抱すると、いつかはそういう日常が
戻ってくる人も多いし、おかげさまで
今の僕だって、それを信じることが出来る状態なのだ。

政府や、自治体に苦言は多くあるけれど、
とにかく、来年なのか、再来年なのか、
また、光り輝く夏を見ることを
胸に、この状況を乗り越えていくことしかないのだ。

もし、ジュンジと共に来た彼が
そういう関係へと発展する形であれば(ただの妄想、笑)
「懐かしく、ああいう時期に知り合った」
そう語り合える、貴重な2020年の夏なのだと
心に刻みつけた8月1日の土曜日の夜だった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:02| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする