2020年07月11日

昔の仕事仲間の近況を知って

僕がこの仕事をやる前に
ストレートのアダルト・ビデオの
プロデューサーをやっていたことは、
何度かこのブログにも書いた。

僕がプロデュースをしたいた企画ビデオの中で、
いわゆる「ナンパもの」というジャンルがあり、
それに出演、そして自ら演出もしていた
サワキというイケメン男優がいた。

そのルックスからゲイで彼のファンも
少なからずいたのではないか、と思う。

何年も続いたこの企画だったが、
さすがにAVだけあって、
色々な問題も多く起こった。

初のバンコクロケで、あちらの
風俗店の女性に、OLや女子大生に扮してもらい、
やらせのナンパシーンを撮影した回があった。

当時、それがタイの一般女性たちを
バカにしている、とバンコクの
日本大使館に抗議のデモなどが起こり、
タイ大使館に謝罪に行った、
ということもあったりした。

シリーズも終わって数年経った頃、
そのシリーズの編集を変えたモノが
インディーズビデオのメーカーから
出回っていることがわかった。

それはサワキ個人がやったモノなのか、
それともそのメーカーの
人間の手によるモノなのか。

当時のAVの業界は、かなりずさんな事も多く、
彼と連絡が取れなくなり、
ほどなく僕も業界を離れた。

サワキとは長く交流を持っていただけに、
縁が切れてしまっていたのは残念だったが、
僕としても、自分の新しい仕事のほうに思いもあり、
AV業界とも決別した。

それから15年。

つい数日前、当時部下だった
カメラマンから、サワキが
食道ガンと喉頭ガンと闘っていることを
ツイッターで公表しており、
ガン患者へのサポート運動をしている、と連絡があった。

ツイッターを読むと、彼はずっと男優を
続けながらも、野球に勤しむ息子の成長を願い、
闘病生活を頑張っていることを知る。

癌経験者でもあるということもあり、
久しぶりに沢木に連絡をとった。

彼は喜んでくれた。
また僕が店を出した噂を聞き、
2丁目を探し回ったこともあった、
そう書いてあって、びっくりした。

まさか、ここに来て彼と連絡を
取り合うとは思っていなかったけれど、
お互いにあの無鉄砲だった時代を
とても懐かしく思い出した。

これから恐らく大変な闘いとなる
そう思うけれど、いつもの気力で
乗り越えてほしい。
いつまでもイケメンで、チャーミングな
男優として。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 18:28| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする