2020年07月03日

残された人生を思う

ガンだと宣告を受けて2年、
この2月に51歳という若さで亡くなったショウジ。
その彼氏だったヒロヒサが友人と共に
店に来てくれた。

僕と同世代のヒロヒサとは、
お互いに20代中盤、
つまり僕がこの世界にデビューしたての頃に
知り合った。
当時、彼はまだ仕事を始めたばかり。
僕は当時の彼女と付き合っていた。

それからよく連絡を取っていたワケでもないけれど、
ひょんな事から、うちの店に
彼氏のショウジと一緒に来てくれていた。

ショウジは、余命宣告されてから
それを広く友人たちに伝え、
この2年間、懸命に生きてきたんだと思う。

少なくとも、店をやっている僕は
ショウジの笑顔しか覚えていないほど
いつも元気そうだった。

ヒロヒサいわく、それは元気な時にしか
来ていなかったからだと聞き、
本当にそれはそうだと思った。

二人は20年の付き合いだったと言う。
それも同じ会社で知り合ったようだ。
ショウジは非常にクローゼットで
街を歩く時も、並んで歩くのを
嫌がっていたと言う。
だから、もちろん二人は同居はしなかった。

そんなショウジが、亡くなるひと月前、
お父さんに、ヒロヒサを紹介したのだそうだ。
ショウジのマンションに見舞いに来たお父さんに
突然「この人が長く僕と付き合っている人です」と。

事前に知らされていなかっただけに
ヒロヒサは非常に驚いたらしい。
もう死期も近いと思ったショウジが、
自分の死後、ヒロヒサが困らないように、
という配慮だった。

お父さんを通じて、その事を知った
ショウジのお母さんは、なかなか
受け入れられなかったと言う。

しかし、お父さんはショウジが
息をひきとる前にも、「すぐに病院に」と
ヒロヒサに連絡をくれたようだし、
葬儀の時も、友人の中ではなく、
前に座るように、と促してくれたと言う。

85歳になられるお父さんも、お母さんも
まだまだ若いショウジを失くした事は
本当にお辛いのだと思う。

そんなお父さんからヒロヒサには
まったく誤字脱字がない完璧な長文のメールが
よく届くと言う。

自分が知らなかった息子のここ20年を
知りたい、そう思われているのだろう。
2019年、まだコロナを誰も予測していなかった年、
ショウジの体調を見ながら、二人は
12か国を旅したと言う。

悔いはたくさん残るだろうけれど、
本当に幸せだった、
ヒロヒサはそう言って笑った。

自分の残りの人生、ショウジの分まで
楽しんで生きなければ、そう言って
ヒロヒサたちは店をあとにした。

先月はショウジの誕生日だったが、
彼の去年のこの日のFacebookを見ると
「今までの人生、感謝しかない。
残された人生を精一杯生きていきます」
と書かれていた。

人はいつか死ぬ。それはいつかわからない。
でも、それぞれが残された人生があることを
ついつい忘れがちだ。
命の猶予を伝えられたショウジは本当に
辛かっただろうけれど、そのぶん、
人よりもずっと日々を大切に生きたんだろう。

ひとり店で残ったワインを飲みながら
ショウジに献杯をさせてもらった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:56| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする