2020年07月01日

悲しみのブロードウェイ

ニュースで、なんと僕の愛すべき
ブロードウェイの再開が、
少なくとも来年ということが決定したと言う。

Unknown-7.jpeg

仮に1月から上演出来たとすると、
今年3月からの休演だったので
ほぼ10ヶ月となる。
事と次第ではそれ以上となるのだ。

これは、戦時中も、あの911があった時も
ここまでの休演はなかったのだ。

例年初夏と初冬に行っていたのだけれど、
去年の年末は行けなかったので
その時に観ることが出来なかった
「ウエスト・サイド物語」の新バージョンや、
「ティナ」や「北国の少女」は
果たして観ることが出来るんだろうか。

また、「アナと雪の女王」はもう再開できないと
発表されたけれど、動員が減っていた「シカゴ」や
他のロングランの舞台はどうなんだろう。

日本では、感染者がまた徐々に増えているが、
検査数が増えたからだと言っていて、
アメリカは、そういう理由や言い訳できないほどに
さらに感染者増加だと言うから、
これは仕方がないことだろう。

再オープンしたからと言って、
諸外国からニューヨークへ
観光で行く人がいつ戻っていくのか。
自分だって、いつ行けるのか。

単純に海外渡航を待っていると言うよりも、
自粛時の無収入プラス2月あたりから
減少したモノをどうやって
乗り越えていくか、結構切実な問題。

そう、自粛期間中、
去年の税金を払うことを見合わせ、
延ばしてもらおうと
区の納税化に電話をかけたのが5月。

これが、毎日かけても、まったく繋がらなくて、
ついに諦め、6月に入って仕方がなく
支払ったところが、滞納金を払ってくれ、と
催促状が届いた。

電話をして、説明しても、すみません、
それはどうしようもなかったですね、
お払いください、と。

僕よりも、さらに理不尽で泣き寝入り
せざるを得ないような人も今回、多数いるのだろう。

それでも感染したワケでも、
自由を奪われたワケでもない、
と自分に言い聞かせながら、
とにかく頑張って、愛しのブロードウェイの地を
踏むために、頑張ろうと思う日々だ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 18:45| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする