2020年06月20日

優しく、尊い連絡

ちょっとエッチなアキノリ35歳は、
まだ、新型コロナが騒がれる直前、
2月の上旬にとあるハッテン場に
遊びに行った。

そこで、結構かっこいい同世代と出会い、
個室で2時間ほど過ごした。
エロいことも含めて、少しだけ会話した。
もちろん、行為事態も楽しかった。

最後には「また、バッタリ会ったら」
そう会釈して別れた。
ゲイのハッテン場では
よくある光景だ。

それから数ヶ月。
コロナの話があり、そういう場所には
当分行けないなあ、そう思っていた。

4月の終わりだったか、彼の
ゲイ出会い系アプリが鳴った。
アキノリは、人気ユーザーなどに
なったこともあり、
アプリから連絡あることは
しょっちゅうで、軽く無視をするのだが、
たまたま、その時に開いてみたそうだ。

そうすると、顔も身体も出していない
ある人からのメッセージがあった。

「すみません。2月の○日に、
○○というハッテン場でお会いしませんでしたか?
僕はこういう感じのモノです」
と、相手の顔写真が送られてきた。

あ、あの彼だ。アキノリはすぐにわかった。
アキノリ自身は自分の顔を出しているため、
彼もすぐに気が付き、連絡をくれたのだろう。

「そうですよ」とちょっとウキウキして
返事をした。

「実は、あのあと数週間後に、ひどく熱が出て、
何度か医者に行ったのですが、風邪薬とかもらって、
それでも熱が下がらず、色々食い下がって、
やっと先日、PCRの検査を受けさせてもらったら、
コロナに感染していました。
僕は今、とある病院に入院していますが、
ここ半年ほどエッチをしていた人が
あのハッテン場で会ったあなただけだったので
アプリにいないか、とずっと探しておりました。」

そんな驚きの連絡だった。

アキノリは、熱もなければ、咳も出ない、
舌の感覚も正常で、
特に感染した、と思うことはなかった。

「症状がないと、PCRを受けるのは、とても大変だと
思いますが、なんとか検査が出来れば、と
連絡いたしました」ということだった。

アキノリは、お礼の返事をし、
保健所に連絡をして、性交渉をした相手が
感染をした、と説明をしたが、
症状がない限り、すぐには検査は出来ない、
そう言われたと言う。

それからひと月半。
実は先週、抗体検査を受けることが出来た。
陰性だったと言う。

アキノリはすぐに彼に、その旨、連絡をした。

「良かったです。
僕も退院出来たので、コロナが落ち着いたら
ゆっくりお茶か、お酒でも飲みましょう」
そう返事があったらしい。

アキノリは本当に嬉しかったらしい。
ギスギスした最近の中で、
とっても良い話を聞いて、僕も嬉しくなった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:30| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする