2020年06月09日

家族それぞれの苦しみ

一昨日、北朝鮮に拉致された
横田めぐみさんのお父さんの
横田滋さんが亡くなられた。

めぐみさんが13歳で連れ拐われて43年。
その時、お父さんは45歳だったのだそうだ。

それなりに高齢になられていたとは言え、
共に頑張ってこられた奥様の早紀江さんや
息子さんたちは、どれほど辛いことだっただろう
と思うと、本当に切なくなる。


今回のことから、ひとつ、思い出したことがあった。
僕が店をやる数年前に、友人の家で
ホームパーティがあり、招かれたことがあった。

そこで見ず知らずの人が何人かいて、
その中で地方都市から来ているカップルがいた。

そのカップルの一人のお姉さんが
ちょうどめぐみさんが拉致された頃に
彼の住む土地の海辺に散歩に行ってから
帰って来なくなったという話を聞いたのだった。

めぐみさんなどと同様、彼の家族は
捜索願いを出したが、数ヶ月後
たぶん溺れたのだろうと思っていたら
数年後に拉致の話に繋がったようだった。

その彼は、ちょうどその前後に
両親にカミングアウトし、
それが問題で、家を出たのだそうだ。

ニュースで拉致事件のことが明るみになり、
小泉政権下で、拉致された方々が帰国された。
いてもたってもいられない彼は
家族に連絡をとったが、彼の兄は
帰ってこなくて良い、
そう言ったらしい。

片や、お姉さんはとにかく帰国するべく
親族が大きく動いており、
片や、彼はもう帰って来なくて良い、
そう言われる複雑さ。

まったく違う理由であれ、家族にとって
二人の子供が家から離れてしまったことで
さらに辛くなっているのかも知れない。

僕は、その時、一度しか会っていないけれど、
彼がその後、どうなっているのか。
また、今回の横田滋さんがお亡くなりになって
何を感じているのだろう。

コロナウィルスに伴うあらゆる問題、
それ以外にも問題になっている多くの政治的案件、
すべて、苛立つことだらけだけれど、
少しでも早く解決に近づくようにならなければ。
そんなことを思ったここ数日だった。

横田滋さん、心からご冥福をお祈りします。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 15:43| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする