2020年05月20日

何故か今どき、ケジラミの話

昨日、友人と電話で話をしていて、
最近の体温計は凄い、という話になった。

このコロナウィルスのおかげで、
額近くに非接触型の体温計をあてて
ものの数秒で、測ることが出来る。

僕自身も、先日、献血センターで
初めて経験して、その素早さに驚いた。

近々オープン出来るかと思われる
うちの店でも必要か、と注文をしようと
ネットを見るとどこも売り切れだったりする。

それにしても、僕が子供の頃、
脇に挟んだりしていた体温計は
水銀を使っていた。
表示された温度を
体温計を振って、次に使う時のために
下げたモノだった。

調べてみると、85年に、水銀体温計の
生産は終わったと言う。
そうか、40歳にもなる人でさえ、
あの体温計を知らなかったりするのだと驚く。


そんな話から、そう言えば、
僕が20代の頃、ハッテン場で
ケジラミを移されたことがあったことを
思い出した。

今思えば、おぞましい事件で、
痛いし、痒いし、気持ち悪いし。

でも、体温計の話と何故、
繋がりがあるかと言うと。
病院に行ったら、すぐに毛を剃り、
陰部に水銀軟膏を塗れ、と言われた。
そう、水銀軟膏!!!

そう言われ、購入した銀色の軟膏を
何度も塗りたくった。
もちろんそれも毒性が強い、と
すぐになくなったようだったが
今となっては、ちょっと恐怖体験だ。
軟膏もそうだが、ケジラミ自体が。

そんな、どうでも良い話へと会話が流れ、
笑いながらも、人からはケジラミの話は
あまり聞かないけれど、
今でも流行っているのだろうかと僕が聞くと
彼は最近でこそないけれど、
自分は5回以上移されたと言っていた。

それこそ、濃厚接触は問題だとされる今、
ほぼほぼ、そういう機会を持つ人は
少ないだろうけれど、お気をつけくだされ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:52| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする