2020年05月07日

頑張る人々

昨日から今日にかけて、久しぶりに
店の様子を観るのと同時に、
多くの人たちと会った。


昨日は、新宿2丁目のバーの人たちに向けて
あらゆる給付金について、新宿区に務める
区議会議員の方、司法書士の方などによる
相談会があったのだ。

顔見知りのバーのマスターや
初対面の方たちと話をした。

それぞれの店の方針や作られ方、
不動産とか大家さんとの関係、
家賃ほか、何でお金がかかるのか、
それは、店によってまったく違ったりする。

オンラインや、ランチボックスなど
営業を続けられているお店もいらっしゃる。

うちの店もそうだが、それぞれが
大変な状態をどうやって乗り越えて
いこうか、と苦しい状態を語っていた。


打ち合わせの帰りに、ちょっとご無沙汰していた
仲良しの3丁目のレストラン、神場さんに行く。

お店の前にあった目標にもなる
紅葉の木がなくなってしまった、と
SNSで目にしていたので心配だった。

ビールを飲みながら、改めて店長のシン君から
かなりショックだったと聞いて、
残念だなあ、そんなふうに思った。

しかし、今日になって、なんと警察から
連絡が入ったのだと言う。
インターネットの情報から
神場さんのお店のモノだと連絡を
くれたらしい。
とてもありがたかった、そう言っていて
ホッとしながら、驚いた。
そういうこともあるのだ。

神場の帰り道、雨降る中、店に寄って、
片付けや掃除をする。

ひと月以上、営業していない店だが、
特に変化もない。
うちはおかげさまで路面店でもなく、
虫やネズミにも荒らされていないことも確認。

それでも、古いフライヤーなどを整理したり、
ベランダのガラス窓を拭いたりしていたら
なんだかホントに切なくなってしまう。

こんな時間がどれくらい流れるんだろうか、
いつになったら、前のように
みんなで爆笑したり出来るんだろうか、と。


日が変わり、今日は雨が上がって
すっかり晴れ渡ったので、ウォーキングで
築地へと向かった。

つい今週の頭から、元スタッフのラファエルが
働いているお店が持ち帰りのカツサンドや
エッグサンドなどを販売していると聞いたからだ。
ラファエルには一昨年まで本当に世話になった。

IMG_3362.JPG

僕もマスクをして、キャップを被っていたので
最初は彼もわからず
「どこのおじさんかと思った」と笑われた。

ラファエルは相変わらず元気で、
明るい彼の顔を見ていたら、昨日の
ちょっとだけネガティブな気持ちも吹き飛んだ。

おまけにサンドイッチも、
想像以上に美味しかった。

さあ、給付金をきちんともらえるようにしながら、
来月以降のことを、前向きに考えよう。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 20:35| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする