2020年03月25日

病と闘った元彼との再会

昨日は、3日目の京都の帰りに、
大阪に寄り、僕が20代の頃、
1年近く付き合った元彼と
久しぶりに会った。

彼は僕よりも3歳年下で、
会った当時はまだ22か、23だった。

彼は26歳ほどで結婚をし、
2人子供が出来、東京を離れ、
地方都市へと移った。

結婚してから会ったのは何度だろう。
3度か4度か。出張ついでに
店にも一度来てくれたのが8年ほど前か。

最初に会ってから、35年ちょっと。。。
長男には2人の子供が出来、
ちょっと薄くなった髪も真っ白だ。

昔はジュリアーノ・ジェンマ
(若い人はもう知らないだろうなあ)に似ていると
みんなに言われるほど、いい男だったが、
もちろん面影もきちんと残っている。

待ち合わせたカフェに、彼は杖をつき、
足を少し引きずりながら入ってきた。

彼は2年前に「腰部脊柱管狭窄症」という病気に
突然襲われ、それから半年間、入院。
足がほぼ動かなくなり、なおかつ
痛みが伴うという辛い状態だったようだ。

連絡をもらいながらも、ご家族のこともあり、
僕は見舞いにも行けず、退院しながら
リハビリを続ける彼とやっと対面できたのだ。

昔はスキーが好きで、スポーツ選手のようだった彼が
まさか、こんなふうになるとは。。

痛みもまだあるし、足には力が入らない。
これ以上良くはならないけれど、
さらに悪くならないために、
ジムでちょっとした足の運動や
ストレッチを日々行い、
何とかこれ以上悪くならないように
保つばかりだと言う。

それでも、こうして何とか会えるように
なれたのは本当に良かった、そう思った。

仕事にも杖をつきながら、復帰できたと言う。
人生、何があるか、わからないなあ、そう思った。

そんなワケで、4日間の関西から
今、帰る新幹線。。。


*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする