2020年03月21日

100日後に死ぬワニ

一昨日、来てくれたミノル君が
「このコロナ騒ぎの中、何が楽しみか、
と言うと、明日、死んでしまうワニのことです」
と言っていた。

一瞬、戸惑った僕だったが、そう言えば
ひと月くらい前に、テレビの「5時に夢中!」で
ツイッター上で「100日後に死ぬワニ」
という漫画がとても流行っている、
と言っていたことを思い出した。

その漫画が、昨日、100回を迎え、
ワニがどういう形で死ぬのか、
もうファンは興味津々なのだ、と
ミノル君は言っていた。

漫画がアップされるのは、毎日午後7時。
少なくとも、まったく読んだことがなかった僕は
昨日、19時になる前に、さくっと読んでみよう、
そう思って、地下鉄で店に行く途中、
目を通して見た。

なるほど。
いつか僕たち、一人一人に訪れる「死」。
それは、僕たちはいつ来るのか、
わからずに生きている。

この漫画の主人公のワニも、それがいつの日か
わからず生きているのだけれど、
この漫画の凄さ、面白さは、
「死の時期を知らないワニを、
彼が死ぬ時期を知っている我々読者」
(毎日、死まであと何日」と出る)を
どういう思いで見ていくか、
というところにある。

特に日々、一生懸命というワケでもなく、
気ままに生きていたりするワニ。
時には優しかったり、
時には恋心にドキドキしたり、
僕らと同様、LINEで
友人とくだらないやり取りをしたり。

中には、自分が見るか見ないか
わからないような未来を楽しみにしていたり
しているけれど、そこにはもうワニは
存在しないことを読者だけが知っている。

その何とも切なく、
でもほぼ見えない未来に希望を
たくして僕らは生きているのだ、
と、まさにこのコロナ時代に
ふさわしい作品なのだ、そう思った。

ちなみに昨日のラスト1回は、
19時20分過ぎに、4コマならぬ
13コマというサプライズ。

店でも大いに盛り上がっていた。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:39| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする