2020年02月02日

日本と海外のゲイカップル事情

オーストラリアに住むシュウイチは
たまに日本に来て、店に寄ってくれている。
彼はもう25年くらいのパートナーがいて、
関係もとっても良好なようだ。

シュウイチに限らず、
外国人と長く付き合っている日本人、
もしくは外国人同士のカップルは
圧倒的にセックスが続いている。
それも月に一度とかという範囲で。

逆にオープンリレーションシップ、
つまりお互いに他人と遊んでもOKという
割り切りを当人同士がしている、
というカップルも外国人は多い。
また二人の間に他の人を招いて
3Pをする、ということもあるようだ。
シュウイチも、これはたまにする、
と言っていたから驚き。

そう考えれば、日本というのは逆で
早いカップルだと、
半年以下でセックスがなくなるとも聞く。
また、浮気や遊びをしても、
絶対にわからないようにする、
というカップルや個人も多い。
複数でやる事はあっても、
少なくとも恋人やパートナーを
交えて、ということは
日本人は少ないみたい

何が良くて、何が悪いか、
どういう形が理想的なのか、というのは
それぞれ個人が決めること。

ただ、何故、ここまで
外国人と日本人カップルに差が出るのだろう、
そう考えた。

統計などを見たり聞いたりすると、
男女も含めて、西洋人のカップルはとにかく
長くセックスをするらしいし、
日本人はセックスレスが多く、
逆に浮気の比率は日本人が高いと言う。

日本人は、愛情表現が下手だったり、
恋愛=セックス、という図式が
そのままあてはまらないのかもしれない。

と同時に、表面的には変な倫理観が強く、
「ダメ、浮気や不倫」というのが
まるで「覚醒剤や、麻薬」と同系列くらいに
バッシングを受けたりする。

僕個人は、オープンリレーションシップなんかは
抵抗がありって意味ではとっても日本人的だけど、
昨今の芸能人の不倫とかのバッシングは
果たしてどうなんだろうか、と思う。

浮気などとってもパーソナルな問題なのに、
CMや番組から下される、
上映や放映が出来ないというのは
どうなんだろうか。

もちろん、イメージというモノは
あるのだろうけれど、別に芸能人は
政治家でもなければ、
聖人でもない。
昔の芸能人やアメリカのセレブなんて
スキャンダルなんて当たり前だった。
(別にだから、なんでもありとは思わないけれど)

まあ、とにかくカップルの形というのは
個々それぞれが考え、作り上げていけば良い
ということなのだけれど。

***********************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 16:54| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする