2019年12月09日

著作権切れの映画たち

休みの日の夜は、家で、最低でも
1本、録画したモノや配信で
映画を観るようにしている。

今年の春あたりにAmazon Primeで
大量に配信が始まったクラシック映画。
この中から、もう何十年も観ていなかった
「アラバマ物語」を観ようとした。

ところが、妙に画面がボケている。
古い映画だから仕方がない、
そう思いながらも、それだけでなく、
左右に画面が伸びているのだ。

横長テレビが出来てから、
スタンダードサイズのモノを
調整しないとよくなる
あのイヤな感じだ。

5分ほど観て、どうしても気持ち悪く、
結局、ずいぶん前にテレビで放映したモノを
録画しておいたバージョンを
改めて観直すことに。
(最初から、これで観ろよ、笑)

画像は60年代の映画とは思えないほど
綺麗で、なおかつサイズもしっかりしている。

映画は、30年代のアメリカの片田舎の
人種差別と闘う弁護士を、しっかりした
脚本と演出で観せている。
「ローマの休日」から約10年後の
グレゴリー・ペックの渋い演技も堪能出来た。


ところで、配信版が何故に
あそこまで酷い画像だったか。

Primeのクラシックがすべてかどうか、
確認をしていないけれど、
いわゆるパブリック・ドメインで
著作権切れのモノなのではないかと。

要は公開されて70年
(1978年以前に作られたモノは50年)
というモノは自由に取り扱うことが
出来るのだ。
だから、60年代のモノが
ドバ〜ッと出てきたワケだ。

よく、本屋などで、1枚500円とかで
売られているDVDとかがそれ。
僕は観たことはないけれど、
ディズニー・アニメの古いモノとか
ピンボケで色などもまったく違うとか。

要は、資金力がないビデオ会社などが
オリジナルをコピーして、その上に字幕を
付けたモノとか、粗悪なモノが多い。

ここで白状をすると、僕が昔いたビデオの会社でも
当時、著作権切れたモノを安く売りに来た
おっさんがいて、映画好きな僕は飛びつき、
8タイトル近く売ったことがあった。

バスター・キートンのモノや、
ヒッチコックのイギリス時代、
あの人種差別映画と叩かれた「国民の創生」
(これなんか、一部カットされた酷いモノ)。。。

まだ僕が20代で若かった無知さと、
ビデオがまだ発売され出した頃で
そういう形でも人の目に触れたほうが
良い、という気持ちからだったけれど、
今となっては、廃盤にして良かった、
心からそう思う。

あまり画質とか気にならない、
という人はともかく、
そうではない人は、観る前にしっかりと
調べたほうが良いかも知れない。



***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 18:17| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする