2019年11月21日

小学校時代の記憶の中で

昨日、20代、30代、40代の
常連の3人と話をしていて、
子供の頃の友人との話になり、
その時、自分のことでハッと
思い出したことがあった。

小学校4年生くらいの頃だったか、
同級生で仲良しの女のコが
放課後、僕に声をかけてきた。

「すごく面白いおじさんがいて、
『みつあき君、連れて来て』と言うから
ちょっと行ってみない?」

そう言われ、学校の近くにある
鬱蒼としげった林の中へと
入っていった。

そこに、作業服を着た40前後のおじさんが
「ええもの、見せちゃろか」と
僕にささやいた。
僕はまったく知らないおじさんだった。

そして、僕を連れてきてくれた女のコは
「うち、先に帰るわ」と言って、
そそくさと帰ってしまった。

おじさんは、ゴソゴソとポケットに
突っ込んでいた封筒から
写真を取り出し、僕に見せた。

全裸で股を開いている
女性の写真だった。

その時に、興奮するどころか、
とっても嫌な気持ちになったのは
僕自身、もはや、ゲイだったということだろう。

「おちんちん、大きくなるやろ」
おじさんは言ったけれど、
僕は逃げるように走って
林を駆け抜け出た。

咄嗟のことで、その時にはまったく
何とも思わなかったけれど、
今、思うと、そのおじさんは
ゲイだったのではないか。そう思う。

何故、僕を知っていて、指名して、
女のコに頼んだのか、
そしてそのコとおじさんの関係は
何だったのか。

謎が多い話だけれど、
もしあのまま残っていたずらを
されたりしていたら、
と思うとゾッとする。

トラウマになって、
男嫌いになったのだろうか。
まあ、それはないだろうけれど。。。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

posted by みつあき at 19:49| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする