2019年11月19日

気に入った女性との関係

昨夜、1年ぶりくらいに来てくれたのが
地方都市に住む36歳のオサム。

彼は過去、男とは二人ほど付き合い、
それぞれ1年ほどで別れた。
一人目は、若かったので
それぞれのわがままだったらしいが、
二人目は、どうしても結婚をしたい、と
幼なじみの女性と結婚をし、
子供を設けたらしい。

それから、オサムは東京も含めて
いくつかのゲイ・イベントなどで
ゴーゴーボーイなどとして出演したりした。


その後、仕事の忙しさ、
そして少しゲイの世界から
距離を置こうということで、
ここ1年ほどは地元で、黙々と
「ほぼストレートのような生活」を
していたと言う。

そんな中で、たまたま行った一般のバーで
5歳年下の女性と知り合った。
話をしていて結構楽しいと思い、
そのあと、たびたびデートをすることになった。

映画に行ったり、近場のアウトレットに行き、
食事をして帰るという感じだ。

会って話をしていると、気が合うし、
ゲイの気にいった男性と話しているのと
それほど変わらないほど充実している。

唯一違うとしたら、性的なことだ。
自分が彼女に、まったく手を出さないので
相手は冷めてきている気がする。

しかし、そもそも、男性に対しても
さほどガツガツせずに、淡白なほうなので
なければないで良い、そう思っている。
でも、女性のほうは、淡白だということで
了解してくれるのだろうか。

もちろん、彼女に自分がゲイだと
カミングアウトする気持ちにはなれない。
オサムは、過去、女性体験もあるので、
無理をすると出来ないワケではない
そんな気もする。

男とだって、いつかは性的関係は終わる。
それからは家族のようになる、そう聞く。
それなら、自分と彼女さえ良ければ、
そういう関係になっても
おかしくないのではないか。
オサムは最近ではそう思っているとのこと。

色々な考え方の人がいて、
ホントに人それぞれだ。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge



posted by みつあき at 15:27| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする