2019年11月13日

岸辺のアルバム

先日の大きな台風で多摩川が
氾濫しかけたこと、
そしてその直後に女優の八千草薫さんが
亡くなったということから、
僕が大学の頃に放映していた
テレビドラマの傑作「岸辺のアルバム」を
思い出し、久しぶりに観てみた。

Unknown.jpeg

僕の学生時代、まだビデオもなかった訳で、
とにかく金曜日の夜、とにかく
バイトを終えて、大急ぎで帰り、
映りが悪い室内アンテナの小さなテレビで
一生懸命観たことが懐かしい。

改めてしっかりと観てみると
いやあ、やっぱり骨がある。
時代背景で、え?と思うところは
多々あっても、ベーシックなドラマは
胸に突き刺さってくる。

多摩川の堤防添いの一軒家に住む
ひとつの家族の話。

オープニング、
ジャニス・イアンのテーマソング
"Will You Dance?"が流れるだけで
鳥肌が立つ。

国広富之演じる高校生の繁は、大学受験前。
色々なことに気が散って勉強が手につかないけれど、
ひと一倍、家族を愛している優しい青年。

杉浦直樹扮する父親(この時46歳!というのが驚き)は
家のことなど顧みず、仕事一筋だが、
倒産寸前の職場を救うため、
海外から売春婦を受け入れたりしている。

片や、家で寂しくしている八千草薫扮する母親
(杉浦同様、46歳!美しい!)は
いたずらのようにかかってきた電話の相手、
竹脇無我(33歳!とは思えない渋さ)と
浮気をしてしまう。

長女役の中田嘉子は、友人と
レズビアンの関係になり、
アメリカ人にレイプされる。

一見、平穏そうに見えるこの家族が
台風と共に崩壊し、再生する姿を
描いていく。

それにしても40年以上も前のドラマ。
もちろんネットも携帯もない時代。
あらゆる場所でタバコをくゆらす姿や、
公衆電話に、同伴喫茶(男女が身体を
まさぐりあったりする喫茶店)など、
その時代の風俗が、
ありとあらゆる形で出てくる。

八千草薫の浮気の舞台となる
渋谷もまだまだ開発途上。

余談だけれど、
当時の渋谷の最も大きな映画館、
渋谷パンテオン(現、ヒカリエの場所)。
ドラマ内で、このメジャー系大劇場に
かかっている看板が
「メイデイ40,000フィート」と
映画好きの僕でさえ、ほとんど覚えていない
パニック映画というのが面白い。
デビッド・ジャンセン主演って、
どれくらい人が入ったのだろう。。。

いずれにしても、テレビドラマ史に
残る名作であることは変わりはない。
YouTubeででも全編、
観ることが出来るので
興味がある方は是非。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


posted by みつあき at 10:54| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする