2019年10月15日

台風のあとで

今のところ、うちに来ていただくお客さんの中で
台風の大変な被害に遭った、という話は
まだ耳にしていない。

でも、昨日久しぶりに来てくれた
カノウちゃんは、世田谷区の一軒家に
ちょっと年老いたお母さんと住んでいる。
携帯に送られてきた避難勧告に従って、
お母さんを連れて、
避難所となっている小学校へと行ったらしい。

そこには多くのお年寄りと、
子連れの若い夫婦ばかりで
40を過ぎたカノウちゃんのような人は
ほとんど見かけなかったと言う。

彼と同世代がいるとすれば、警護や
ボランティアをしている人ばかり。
手伝いたくても、母親がいるので
何も出来ない。
そんな自分に違和感を感じて、居心地が
悪かったのだそうだ。

思えば、僕は幸いなことに、
どこかに非難した、という経験がない。
震災の時もそうだったが、
体育館などに段ボールで仕切りを作り、
毛布などを敷き詰め、
赤の他人と長時間
(ひょっとすると、何週間、
何ヶ月と)過ごす、ということは
想像できない。

増して、僕たちゲイが仮りにカップルで
被災したりしたら、どうなんだろうか。

IMG_1359.jpeg

僕のところにはそういう話は届いていないが、
地方都市などで、兄弟だとか友人、という形で
そんな被災の仕方をしている人が
いるのかも知れない。

被災されている、ということだけで
大変な上に、そういう事でものすごく
気を使わなければならない、
そんなこともあるだろう。

そういう気遣いがなくなることが
出来る世の中になれば、心からそう思う。

※久しぶりに絵を描いてみたら
相変わらず酷い(笑)
勉強します。。。


***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:53| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする