2019年10月13日

"The Sound of Gaysic" (しつこくて申し訳ない)メイキング その5

台風、本当に脅威的でした。
自宅やうちの店は大丈夫だったのですが、
被害に遭われた方、
心からお見舞い申し上げます。

*********************

さてさて、12周年、ヨウイチロウが各日1度しか
出演出来ない、ということで
振付のユウタと頭を悩ました結果、
1日目は、ユウタと共にダンスをしていて
店にも来てくれているチーちゃん、
そして2日目はスタッフのユウが
何とか頑張る、ということになった。

結果的に、よくほんの数日で
覚えることが出来た(特にユウ)のには、
ビックリだった。

また、スタイリストのBちゃんは、
ベランダ背景の山を描き、作ってくれたり、
カウンターバックに
タイトル文字を作ってくれると言う。

この美術セットは、今回の衣装と共に
12周年パーティがもっとも豪華に
見える演出のひとつだった。
心から感謝したい。

IMG_1121.jpegIMG_1138.jpeg

さて、それと並行して、いつものように
パフォーマンス、すべての音響、照明、
その配線、
そしてそれ以外の設置とかを
うちの店を作ってくれたとくさんが
すべてやってくれている。

何が大変かと言うと、この人の仕事が
たぶんうちの周年で最も大変なのだと思う。

音響が止まったり、
照明が暗くなったり、という作業上のミス
に見えることが多いと思うけれど、
これは、僕ら、と言うよりも僕が
色々なモノ(映像や音源、そして諸々の資料)を
渡すのがギリギリになってしまうからだ。

リハーサルの時に渡せても、
それを見ながら数々の変更が加わる。

なおかつ、今回はベランダでやる
パフォーマンスをオープン、クローズするために
幕を付けてくれ、ということまで僕が頼む。

カーテン.jpg

観てもらった人にはわかると思うけれど、
今回のは僕とエスムラルダ、それぞれのマリアとしての
MCが途中、途中に入り、ストーリー仕立てに
なっているのだが、実はこれも
周年直前に決めて入れたモノだった。

実はパフォーマンスを見せる、というだけで
そこに特に意味をくっつけていなかったのが
最初のアイデアだった。
しかし、着替えや舞台転換に
どうしてもちょっとした時間がかかり、
それを補う意味で、入れたのだ。

そんなバタバタの中で
いよいよ周年の日がやってくる・・・・。

次回で周年シリーズの長いブログは
終わりにします。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 19:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする