2019年08月23日

タチからウケへ

40歳のシロウちゃんは、ずっと
長い間、「タチ」で売ってきた男だと言う。

でも実のところ、出会う人が
「なんだ、タチか、残念。俺もタチ」と
言われるのが、悔しかったりする。

自分はタチ同士でもいいし、
実は精神的に「ウケ」かなあ、とも
思っているのだそうだ。

今まで何度か、試してみようとしたことも
あったけれど、痛くて難しかったようだ。

しかし、先月、出会い系アプリで知り合った
同世代の男と初めてデート。
彼はイケメンでど真ん中、というだけではなく、
話も面白いし、色々な部分でバランスが
取れていて、この1回目でシロウちゃんの
心が大きく揺れたようだ。

なおかつ、最も嬉しかったのは
会った途端に「とっても僕の好きなタイプです」
と言われたことだったそうだ。
しかし、食事をしている間に
いつものように「タチ同士は無理」
という流れになってしまう。

今までは、相手が言うまま、仕方がない、
そう思っていたらしいけれど、
今回だけはどうしても諦めきれず、
何とかウケになれるように、
シロウちゃんは努力することを決めたそうだ。

ネットで、小さめと、普通の張り型を買い、
ローションを付けて、風呂で少しずつ
試してみるけれど、その痛みは尋常じゃない。

その翌週、タチのウリ専を買って、
優しくほぐしてもらって、頑張ろうとしたが、
まず入り口でのたうち回る。

やっと入ったと思ったら、
今度は相手が腰を動かし始めると
気が狂うほど辛かったと言う。

またその日帰ってから、便をすると
激痛だし、それから一週間ほど
痛みと闘っているらしい。

シロウちゃんは、それでも
これからも少しずつ頑張りたい、
そう思っているらしいけれど、
その間に理想の彼は誰かと
出来てしまわないか、それが最も心配だそうだ。

僕もまったくウケられない性質だけど、
(いらない情報)、改めてそこまで大変なのかと
思うと、やっぱり向き、不向きというのが
あるのだろうか、そう思ったりする。

シロウちゃんの頑張りが
成功に導かれますように。。。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 12:53| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする