2019年07月12日

マーガレットの紹介で

昨夜、雨が降り続く中、一番に扉を
開けてくれたのは、2丁目の店に
初めて一人で来た、と言うススム君だった。
ススム君は、ノンケっぽさが光る36歳。

ここ10年ほど、色々アプリで人と
出会ったりするけれど、なかなか
うまく行かない、多くの人と同じように
そう言っていた。

そのあと、来てくれた他のお客さんも含めて
2時間ほど店にいてくれたけれど、
物怖じしないあの爽やかさなら
大丈夫だよね、と残ったお客さんと
話をしていた。


それはともかく、彼にうちの店を
どうやって知ったのか、と尋ねると
ドラッグのマーガレットに聞いて来てくれたと言う。
マーガレット!ちょっとの間、
会っていないけれど、とても嬉しく思った。

IMG_0793.jpeg

僕は、ドラッグ・クイーンやGOGOで
活躍している人をそれほど知っているワケではない。
増して、仲良くしているドラッグなんて
うちの店の周年を手伝ってくれたりしている
数人プラスアルファだ。

マーガレットとは、もう30年近く前に
バーで会い、古いミュージカル
映画の話で盛り上がったことがきっかけだった。
その後、二人で深夜のロイヤルホストで
何時間も話し込んだり、
もう一人の友人と、とある大晦日、
マーガレットの家で朝まで飲んだこともあった。
考えれば、六本木のゲイクラブに
行ったこともあったし、
店を始めてからも、
物凄く貴重でチケットが取れない
歌舞伎の公演に誘ったりしてくれた。

もちろん、この長い間に、彼は多くのメディアに
出演し、ドラッグクイーンのそれこそトップとして
存在するようになって久しい。

僕が店をやったこともあって、それほど
会えなくなったけれど、
彼が3年前にゲイカルチャーのモニュメント的存在として
オカマルトをオープンさせて、
多くのメディアにもとりあげられている。

上に書いたススム君は、友人に誘われ、
一緒にそのオカマルトさんに行き、
一人で行ける店、というので
マーガレットに勧められたということだった。

いずれにしても、ありがとう。
マーガレット。
また、僕も遊びに行かせてもらいます。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:55| Comment(0) | 友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする