2019年07月08日

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル " A Strange Loop"、オンでの「オクラホマ!」

NYに住む舞台好きの知り合いが是非に、と
教えてくれたのがオフのゲイ作品
"A Strange Loop"を
昨日のマチネで観た。

Screen+Shot+2019-06-23+at+12.03.55+PM.png
さすがにかなりチケット取るのは大変だったけれど、
こちらでは毎日座席表を見てクリックすると
突然、キャンセルが出たりするので
それで取れて、行ってきた。

これはもうすぐ26歳になる、という
ミュージカルのライターを
目指している青年アッシャーが主人公。
彼いわく「自分は黒人で、ゲイで、デブで、醜くて、
ウケで、フェミニンで」とネガティブ要素に
悩まされている。

彼をとりまく、色々な人たち
(彼も含めて7人のアフリカ系の人たちが
様々な人間を演じる)が、
どんどん彼を追い詰め、苦しめるかとも
思えながらも、逆に彼に勇気を持つ結果に結びつく。

strangeloop0104r_web-carousel.jpg__960x480_q85_crop_subject_location-480,240_upscale.jpg

それにしても、「ゲイ」、そして「アーティスト」
というアイデンティティの追求が
随所に見えていて本当に見応えがある。

楽曲が特に印象に残るモノがあるかと言うと
そうでもないけれど、ダンスなどは
オフだとは思えないほど、巧みで
マッチョな男も惜しげも無く
筋肉を見せ付けたりする。

可笑しかったのは、
グラインダー(ゲイの出会い系)を
ステージ上で見せる。
アッシャーのうしろに、
蛍光色の枠で囲まれた扉が
いくつも。そこが出会い系サイトのひとりひとりとなり、
アピールしながら、アッシャーとチャットする。
もちろん、アッシャーは断られたりするのだ。

looploop.jpg

また、エロマッサージを彼が受ける時に
マッチョなマッサージ師がpoppers
(日本では禁止となったラッシュ)を
吸っていいか?と聞くシーンがある。
多くのストレートのお客さんは
グラインダーや、ラッシュを
どれくらい理解しているんだろう。
まあ、NYだからあり、ありなんだろう。

そんないかにもゲイ、斬新なシークエンスを
織り交ぜながら、彼のコンプレックスは
どう克服されていくのか。
ゲイとは、芸術とは、あらゆる問題に向き合いながら、
舞台は感動的な幕切れとなる。

オフでも、本当に素晴らしい舞台というのは
山ほどあるのだ、と改めて思った。


*******************************

長くなるけれど、昨日の夜観たのが
「オクラホマ!」だった。

IMG_0648.jpeg

これは75年も前に作られた
「サウンド・オブ・ミュージック」や
「王様と私」などのロジャース&ハマースタインの
名作の一本。
すごく簡単に言ってしまうと、
アメリカ西部のある街の三角関係を描いた話。
簡単過ぎるけれど、長くなるので、筋は割愛(笑)

いやあ、これは噂にたがわぬ傑作。
今まで観た映画版、そしてトレヴァー・ナンが演出した
ヒュー・ジャックマン主演(これはテレビ放映で観た)や
そのままブロードウェイに入ったバージョンなどとは
まったく違う。

四方から囲まれるサークル・イン・ザ・スクエア劇場で
煌々と客電も落ちないまま、いつまでこの明るい状態が
続くのか、と思うくらいに演劇は始まる。
そう、ほとんど客席は本が読めるほど明るく、
舞台になる部分にも横一列、向かい合わせに
客席があり、その前に置かれた
テーブルを演出で使われたりする。

theater-oklahoma-1a.jpg

また、眩しいほど明るかった劇場が
ほぼ真っ暗闇になるくらいの暗さとなり、
声だけ、という演出になったり、
暗視カメラでキャストをバックスクリーンに
映し出される。

常に舞台上にキャストと共にいる
演奏家たちのフォーク調のアレンジも
今までのどの「オクラホマ!」とも
まったく違っていてこれまた斬新だ。

割愛したものの、ちょっと流れに
触れておくと、主人公のカウボーイ、カーリーの
敵役、ジャドはそもそも
暗く重く不気味で凶暴な存在。
しかし、今回は、そこにいじめられっ子のような、
不安定でデリケート、そしてあまりに悲しい
キャラクターとして描かれるのが
非常に興味深く観ることが出来た。

また、2部で、一人っきりで荒々しい馬のように
舞台全体を激しくダンスする女性ダンサーの
振り付けも見ものだ。

トニー賞で助演女優賞を見事にとった
最初から最後まで車椅子で歌い、踊った(!)
アリ・ストローカーの演技も本当に素晴らしかった。

19-ali-stroker-oklahoma.w700.h700.jpg

今回、観た中で、「ムーラン・ルージュ」
「キス・ミー・ケイト」と共に強く印象に残り、
誰にも勧めたい一作となった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 12:50| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする