2019年07月06日

ブロードウェイ・ミュージカル「ビートルジュース」

1日1本のアップだと有難い!
昨日観たのは、これまた映画から
舞台化された「ビートルジュース」!

C78477B9-A41B-4552-B0D5-EE4E74383809.JPG

ティム・バートン監督ファンの間でも
結構評価が高いこの映画。
個人的にはしっくり来なかったが・・・
しかし、舞台はものすごく良く出来ていて
これまたビックリ。

話は、ほぼ映画と同様、
交通事故で死んだカップルが
幽霊となり、自分たちが住んでいた
家に新しく引っ越してきた三人家族。
彼らを追い出したい二人は
悪魔払いモンスター「ビートルジュース」と遭遇し、
破茶滅茶な展開となる。

舞台は葬式から始まるのだが、
雨降る中、そのデザインは
ティム・バートンカラー一色。
このバートン色は全編に渡り、
とにかく驚く仕掛けが盛り沢山、
これでもかと出てくるマジックと
切り替わりの多い舞台装置。
俳優と人形の使い分け。

images-1.jpegUnknown.jpegimages.jpeg

ビートルジュースは、映画では
中盤から登場するが、
舞台は最初から語り部となり、
家族の一人娘リディアと共に
ほぼ全編、舞台を走り回る。

そして最初から最後まで爆笑の連続。
特に映画でも注目された
「バナナボート」が流れる
パーティのシーンは多くの幽霊も登場し、
ド派手なダンスで最高潮に盛り上げていく。

このビートルジュースを演じる
アレックス・ブライトマンは
この劇場でつい去年までやっていた
「スクール・オブ・ロック」のクレイジー教師も
演じていて、その激しいアクトに
観客は酔いしれる。
もちろん、リディア役のソフィア・アン・カルーソも
17歳という年齢は信じられないほどうまい

image.png

前日の「ムーラン・ルージュ」もそうだったけれど、
どれだけお金をかけるのだ!と
衝撃的なステージとなっていて、
チケット代が上がるのも、
いたしかたない、そう思ってしまう。


***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:37| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする