2019年06月23日

愛しのボゴタ 一日目から二日目

NY14時の飛行機が1時間遅れて、
約5時間で、コロンビアのボコタに
到着したのが、夜の21時半も回っていた。

僕が泊まるB&Bは、アパート丸ごと、
誰もいなくて僕が使い放題。
ホストはサンタ・マルタ島にいて、
とてもマメに連絡をもらえ、
彼の手配でタクシーがボゴタの
空港まで迎えに来てくれていた。

夜の10時半に歩いて
3分のコンビニ&バーガーショップで
お腹を満たす。
若者が多く、夜だし、歩いて3分とは言え、
誘拐や強盗に合わないかとヒヤヒヤ。

IMG_9388.jpg

結局、翌日(つまり昨日)、街を歩いてみて、
よほど危ない地区に行かない限り、
ここ10年ほどはものすごく治安が
良くなったらしい。

IMG_9452.jpg

そう。街のいたるところに警察官がいる。
25年前のNYのようだったりする。
NYもあれから一気に治安が良くなった。

アパート前にあるボコタのシンボル的な
大きなネームプレートは
レインボーカラー。
聞いてはいたけれど、いかに
LGBTが多く、受け入れられているかがわかる。

IMG_9391.jpgIMG_9606.jpg

そんなワケで、中心地にある
ラ・カンデラリアという場所に行くことにする。
その中で最も観光客が集まり、
治安も悪い、と言われていた
ボリーバリ広場に行く。

去年行ったリマの中心地に似ている気がするが、
少なくともリマやメキシコシティほど
怪しげな人もいなければ、
危険な香りはしなかった。

94974428-A07D-4000-AE88-683B6AC4203F.JPGIMG_9446.jpg
19世紀中盤に作られた国会議事堂や、
カトリック寺院のカテドラルが囲む。

寺院は、どこの国に行っても荘厳で
信者たちの熱心な祈りの姿を目にすると、
信仰心がほぼない僕は胸が熱くなる。

IMG_9450.jpg

さて、寺院を出て、お土産やが並ぶ
レストランで腹を満たす。

Cazuela de fjjolesという
ベーコン、ソーセージ、ひき肉を
こまめキャセロールにしたものと
ライスやアボガド、オオバコと一緒に食べた。
いかにも中南米の料理で美味しかったけれど、
量が多過ぎたので、結局、
夜は食べなかったくらいだ。

IMG_9472.jpg

そう言えば、コロンビアでは、
英語はまったくと言って通じない。
確かにキューバでも、ペルーでも
そうだったけれど、
とにかく、数字さえ通じないので
キューバに行った時に、
数字を覚えておいて、良かった。

このあと、貨幣博物館、
そして併設してあるボルテ美術館へと行く。
IMG_9477.jpg

フェルナンデ・ボルテは
コロンビアで最も有名な画家で
これは観たことが多い人もたくさんいると思う。
デブ専は狂喜乱舞?なワケないか。
ところどころで、アンリ・ルソーを
思わせる色使いなどで、僕は良かった。

CB687B69-A3C1-49A6-820E-437B6A0C5C30.JPGE41412BF-BFE6-4AA5-A2CB-1BAD57E02013.JPGD5763E23-4B40-4F27-92CA-690B47C9B9C7.JPG001B8B6E-2740-4B56-87DF-8D40F9D0D96A.JPGBA80566B-20D5-40FB-A1E5-6DA1F61972EE.JPG

また、ほかのアーティストの絵も多く、
男性画でこれ、と思ったモノが
いくつかあった。

F38CC3DC-764B-4B42-AC0C-45D68B80A612.JPGE8A54F74-4C85-4ED7-90FB-F43AF2FB916E.JPG52B595E9-BA26-43A4-B076-F312108ECA42.JPG

驚くのは、この博物館、美術館が
無料だということだ。

この日は一日、
ボリーバル周辺を歩き回り、満喫した。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする