2019年05月31日

同じ会社で付き合う二人

つい数日前に、旧スタッフの一人の
なかなか素敵なノロケ話しを書いたばかりだけど、
昨日も旧スタッフ(今回は
ソウタにしておこうか。笑)と
2年半前から付き合っている彼氏と
二人で来てくれた。

二人はもう何度か来てくれているけれど、
いつも週末で、ベランダで飲んでいることが
多かったせいか、その彼とはほとんど
話したことがなかった。


ソウタは、昔からマイペースで
爺転がしとか言われていたけれど、
まさか一人の男とこういう形で
付き合うようになるとは思わなかった。

それもソウタが働いている会社に
彼氏が入社する、という形になるとは。

当初ソウタが入っていた寮に、
彼氏も入り、そこでは二人のゲイ疑惑も
まことしやかに囁かれたと言う。
それから1年半。
去年、彼らは寮を出て、二人で
一軒家を探し、暮らし出した。

たぶん会社の人はそれなりに
気づいてはいるけれど、
特に突っ込まれない、というのが
時代なのかも知れない。
いいことだ。

ダイビングや山登りが好きだという彼の
影響もあって、ほぼそういう事に
興味がなかったソウタも
月に一度や二度は、二人で山に登る。

images.jpeg

この前はどこに行った、
これからどこに行く、と
2年半付き合ったとは思えないほど、
二人は色々なことについて語り、
笑い合う。

「ずっと一人だった」そう言っていた
ソウタが、こんなふうになるなんて。
ついつい親みたいな気持ちに
なっている自分がちょっと可笑しかった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:25| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

自意識の強さとは

今日は、ゲイだとかストレートだとかは
まったく関係ない話。

昨日来てくれたタムラちゃんは
僕よりもちょっとだけ若いのに、
会社を早期退職していて、
悠々自適な毎日を暮らしている。

仕事をやっていた時には
まったくそんな事を感じなかったけれど、
今はふと気が付くと、2日ほど
誰一人とも口を聞いていないことがあって
ビックリするのだそうだ。

そんなタムラちゃんは、結構
独り言が多いのだとか。
テレビを観ながら色々言うのもそうだが、
ふと気が付くと、キッチンで
お風呂で何かにつけ
ひと言、ふた言、喋っているのだと。

まず、独り言を言うことはない僕だが、
タムラちゃんの話で感心したのは、
自分で作った食事を食べる時にも
必ず大きな声で「いただきます」
「ごちそうさま」と言うようだ。

僕は人がいれば、外でも家でも
それくらいはきちんと言うけれど、
一人だとまずない。
これは素敵なことだなあ、と。

僕の場合、独り言を言うこと自体、
気恥ずかしい、という思いがある。
それは鏡で顔を見る、というのも同じ。

そんな話をすると、タムラちゃんは
ええっ!と驚く。
逆にタムラちゃんは、物凄く鏡を見ると言うのだ。
特に、テレビなど観て感激して、泣いたりすると
どんなふうに自分が泣いているのか、
鏡の前に行き、どんなふうに
涙が流れるかを見るのだそうだ。

IMG_9160.jpeg

これには僕も驚きだ。

僕が自意識が強過ぎるから、
独り言も鏡も見ないのか。
とも思うけれど、タムラちゃんも
自意識は十分に強いのだとは思う。

人との違いは本当に面白い。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:12| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

初夏の旅行計画

毎年、少し長めの休みを取らせてもらって
NYかロンドンの観劇プラスそれ以外の国を
回っている。

この夏はNYとコロンビアに行くことを決めた。

この前の冬は、NYは飛ばして、インドに
行ったため、観ていないブロードウェイのショウも
たくさん溜まっている。

トニー賞の作品賞は固いと言われている
古代の寓話をもとに、ふたつのラブストーリーで
見せると言われる"Hadestown"、これは楽しみ。

大好きな円形劇場Circle in the Squareで
上演されているリバイバルの「オクラホマ!」

また、今回は英語の字幕、イディッシュ語で
上演される「屋根の上のバイオリン弾き」もリバイバル。

リバイバルと言えば、この夏「王様と私」で
東京に来るケリー・オハラ主演の「キス・ミー・ケイト」

あとは「プリティ・ウーマン」「キング・コング」
「トッツィー」「ビートル・ジュース」
「ムーラン・ルージュ」と映画から舞台化されたモノ、
「シェール・ショウ」も、なかなかの評判。

また「グレイテスト・ショーマン」をベースにした
ヒュー・ジャックマンのマディソン・スクエア・ガーデンの
ショウがどんなモノになっているのか。


今年は、ニューヨークのブライド・パレードが
50周年を迎え、日本からもフロートを出すと言うので
共に歩いてこようと思う。
いつもは沿道からだったけれど、
歩くのは台湾、ロンドン以来だ。

WP_LANDING_1920x1080_v4.jpg


あと、初めて訪れるコロンビア。
首都のボゴタとリゾートのカルタヘナの
2都市に行くつもり。
随分治安は良くなった、と言われているし、
リオやリマなどでたまたま被害に
遭ったりしなかっただけなので
たかをくくらず、気を引き締めて楽しんで来ようと。

まだ半月ほど先だけれど、6月17日から
7月9日までの予定です。
また、長々となりますが、店はいつものように
スタッフが営業してくれます。
くれぐれも、よろしくお願いします。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

ア・イ・シ・テ・ルのサイン

昨日、オープン同時に入ってきてくれたのが
前に入っていてくれたスタッフの二人。

そのうちの一人は、もう何年か
付き合っているパートナーがいて、
その二人の関係についての話しになった。

旧スタッフだし、
なかなか素敵な話なので
名前を出しても良いけれど、
本人が読むと、それなりに意固地で、
恥ずかしがり屋なので、
一応、ここではトキオという
名前にしておこう。

トキオは、彼氏のセイタのことを
「ホント、あいつ、ぶっさいくだし」とか
「いつも表向きは良い顔して」とか
文句ばかり言っている。

トキオが酔っ払って、今まで何度も
自分から「別れよう」と
言ったことはあるけれど、
セイタからは絶対言わないと言う。

で、酔ってきたトキオは
「俺は別れる気ないけれど、
一応言ってみるだけ」
とか本音を出してくる。
照れ屋ということで、なかなか可愛いのだ。

「そう言えば、トキオは一度でも、セイタに
『好きだ』と言ったこと、あるのか?」と
尋ねてみた。

当然のように「あるワケないじゃないですか」と
返ってくるだろう、そう思ってたら、
驚くことに、
「ほぼ、毎日、『愛してる』って言います。」と言う。
これには驚いた。

そしてセイタからは、
ほとんど言われないけど、
トキオから「好き?」と尋ねるらしい。
そうすると「好きだよ」とちゃんと答えてくれる、と。

これには、そこにいたもう一人の
旧スタッフも、「いやあ、当てられるなあ」
と言っていた。


思えば、昔手伝っていたお店、
タックス・ノットの
マスターのタックさんは、
亡くなったパートナーのカズさんに、
同じように「愛してる?」を繰り返し、
時が経って、長いその言葉を
「る?」「る!」という言葉に置き換えて
二人だけのサインということになった、
そう言っていた。

恋人同士の「愛してる」というサインは
あるカップルは口笛の音階をお互いに吹く、
だとか
あるカップルは、親指を立て合う、
だとか、聞くことがある。

そうそう。僕が好きだった
萩原健一の主演ドラマ「前略おふくろ様」では
ショーケン扮する板前のサブちゃんが、
坂口良子扮する中居のカスミちゃんに
周りの職場の連中にバレないように、
鼻を掻いたら、愛してる?
あごを掻いたら、愛してるよというサインを
していたことを懐かしく思い出す。

Unknown-1.jpeg

まだ、恋愛もしたことがなかった僕は
そういう関係に憧れたりしていた。

いずれにしてもこんなオッサンになっても
恋人同士のそういう話は素敵だなあ、
そう思う。

これからも、意地っ張りなトキオでも
毎日の「愛してる」の言葉が続きますように。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:28| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

ずっとジムトレを続ける、ということ

僕は25歳で、ゲイの世界にはっきりと目覚め、
受け入れることにはもう少し時間がかかったモノの、
その後、2年ほどあとに知り合った人から
ジムへ行く、ということを教えられた。


↑のブログにも書いたように、
幼少の頃から、ずっと痩せていることが
本当にコンプレックスだった。
と言うか、うちの家系で
まず太っている人はまったくいないのだ。

いずれにしても、その頃から、
ほぼ35年、身体を鍛える、
ということが面倒臭いとか、
いやだなあと思うことは、ほぼない。
決めたことをきちんとやらないと
ついダラダラする、としてしまう
という性格だったりする。

25歳の頃、たぶん65キロほどだった体重は
30を超える頃に75を超え、
40代に差し掛かる頃には87キロにまでなった。

IMG_9151.jpeg

もちろん、仕事が忙しくて数週間、
いや数ヶ月行けなくなって
しまったこともあった。
また、今から18年ほど前、体調を
壊した時には、ほぼ
1年半休まざるを得なかった。

しかし手術後、60キロまで減少。
会う人ごとに「大丈夫?」と
心配されることが辛かった。

胃を切ったせいもあって、
医者からはさすがに80キロ台に
なることは、難しい。
ただ、病気が早く治ったのは
地道にトレーニングを
続けていたことだと言われた。

それからもジム通いは、出来る限り
続けている。
20代の頃についてもらったトレーナーに
週4回以上来られそうなら、
4分割にしたほうが良いと
「胸+三頭筋」「肩+二頭筋」
「背中」「脚」これに腹筋は毎回付ける。

40代後半にはまた80キロ近くに
なったこともあったが、
ここ数年、72キロ前後、
頑張っても75キロを超えられない。

50を超えていくと、
筋肉は育っても、体重を増やす
ということはなかなか難しいと言う。

久しぶりに会うお客さんには
「太った?」と言われることはなく、
むしろ、大体「痩せた?」と言われる。
ほぼ変わらないのだが。

いずれにしても、長い時間、
トレーニングに行くという習慣を
付けていたことは色々な意味で
良かったなあ、そう思う今日この頃だ。


本日、月曜日は通常、マサヤが
Saku Saku Mondayですが、急遽お休み、
マスターみつあきの営業となります。
よろしくお願いします。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:11| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

野郎系かさわやか系か

いわゆるゲイにモテる、と言うのは
ガッチリムッチリしていて、
単発でヒゲが生えていて、
と、わかり易さで、うんうんと
頷く人は多いと思う。

今日来ていたヨウスケ君 26歳の
大好きなタイプというのは、
まさにゲイど真ん中!と言う
それほど女性からモテないくらいの
ちょっとオヤジ臭い人らしい。

かたや、50歳に手が届く
サカタちゃんの好きなタイプは
スリムで綺麗な顔をしていて、
あまり野郎野臭くない、
いわゆる女性も大好きというタイプだ。

もちろんゲイの中で、この手の
さわやか青年タイプが好きな人も多い。

このヨウスケ君、サカタちゃんの二人は
アプリで知り合った友人同士。
当初、アプリ上では、ひょっとして
お互いが好きなタイプじゃないか、
そう思ってデートしたそうだ。

しかし、ヨウスケ君は
ガンガントレーニングして
ガチムチ兄貴にモテようとしているワケだし、
サカタちゃんも、素敵な若いコに
モテるために、できるだけジェントルに
なろうとしている紳士で
お互いにまったく違っていた。
むしろ真逆とも(笑)

IMG_9148.jpeg

でも、お互いに顔だけは
好きなタイプだと言う。
顔が良ければ、いいのに、と
僕は思うのだけれど、
物腰だとか、雰囲気だとか
それ自体も違うということらしい。

んで、お互いに好きなタイプの写真を
見せ合ったりして、うわ、あり得ないと
口々に騒ぐ。
年齢も親子ほど離れているのに、
仲良しだと言うのが本当にゲイらしい。

ここまで気が合うんだから、
付き合っちゃえばいいのに、と僕が言うと
「そんな簡単にはいかないのが
ゲイの恋愛です!」と口を揃えて言われた。
逆にストレートだったら、
お互いにそれでもいいと思ってゴールイン、
というのは全然ありなんだろうなとも思った。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 13:39| Comment(0) | 友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

金曜深夜、2時間半の大惨事!

昨夜、ちょうど終電がなくなった頃、
まだ店内には10人強のお客さんたちがいて、
その中の3人が帰ろうとされた時に
「あれ?ドアが開かない」という声が。

「え?そんなワケないよね?」
と僕がドアに行くと、確かに
ドアノブをいくら回しても、
扉が開かない。
鍵はしっかりと開いているのにだ。

それからスタッフのタクに頼み、
ドライバーを持ってきてもらい、
ドアノブに突っ込んだり、
鍵穴を引っ掻き回したり。
しかし、うんともすんとも。

そんな折りに、外から入ろうとする
お客さんたちの声がする。
ポスト部分を開いて
そこから「申し訳ない。中から
開くことが出来ないので、
そちらから押してもらえますか?」と
大声で叫ぶ。

外から何度もドアノブを回したり、
ドアを叩かれたりしたけれど、
これまたまったく無理。

それから携帯で鍵の修理屋を探し、
連絡するものの、
混んでいて時間がかかるとのこと。

他も当たってみるが、
「今、他の場所にスタッフが
行っているので・・・」などと言われて
結局、当初の鍵屋さんに頼むことにする。


それから1時間。修理の人が来るまで
お客さんには、そこからは無料で
飲んでいただくことにして、
とにかく待ってもらう、ということに。

その間に、何度かお客さんが開けようとしたり、
ベランダを通して、前のスタッフが
何人かでやってきてくれたりするが、
事情を説明して、帰ってもらったり
時間をつぶしてもらったり。

やっと2時過ぎに鍵屋さんが到着。
僕と鍵屋さんは電話で色々話をしながら、
どういう状態で、どういうふうにするか、
という話をする。

要は、経年劣化でドアのハンドル部分から
ストッパーになっているところが
いかれてしまってると言う。

それからドリルを使って、鍵下の部分を
切るという作業が始まり、
店にいるほぼ全員が
大きい音がするドアに向かって見つめる。

IMG_9146.jpg

それから数十分。
固唾を飲んで見守るお客さんたちの前で
ドアは開かれ、拍手が起こる。
まるでタイの地下に生き埋めになっていた
子供達が救われた時のように。

鍵は閉まるけれど、扉の部分が
かなり古いため、ガッツリと変えなければ
前の形にはなかなか戻らないとのこと。
ふ〜む。。。。
来週、大家さんと相談することに。

有り難かったのは、閉じ込められていた
お客さんたちが
「いや、なかなかこんな経験ないから
楽しかった」なんて言ってくれたことだった。

ともあれ、多くの方にご迷惑を
おかけしました。
申し訳ありません。
そして、ありがとうございました。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

クロノスの思い出とサトウさんの死

昨夜、昔、僕が通っていたクロノスで
会っていたナカハラさんが来てくれた。

クロノスでの思い出話に花を咲かせていると、
ナカハラさんが「クロちゃん(マスターのこと)、
死んじゃったのってもう
18年も前になるんだよね」と言うから
「あの時、クロちゃんって、いくつだっけ。
70くらい???」と僕が尋ねると
「何、言ってるの?62だよ」
とナカハラさん。

62!?
まさか、今年、僕がなる年齢なのだ。
ちょっとビックリである。

そうか。
僕がせっせと通っていたのは僕が20代後半で
その時に、彼は40代中盤。

それから僕はたった20年くらいしか
あの店に行けていなかったのだ。
そして、その半分ほどは恋愛やら
仕事やらに忙しくて行けなかった時期もある。

Unknown-2 2.jpeg

数年行かなくても、クロちゃんは
「ボトルでいいでしょ?」と
もう味もほとんどしなくなったウィスキーを
出してくれた。

そして、いつものように最近観た映画の話を
まくしたてるようにしてくれて、
他のお客さんが話す人気の娯楽映画を
「あんなのただの通俗映画でしょ」と
笑い飛ばしてクサしたりしていた。

クロちゃんの楽しい話はとめどなく続き、
魅力的で、いつも終電時間を逃してしまい
タクシー帰りとなった。

あの素敵な時間を
与えてくれていたクロちゃんが
亡くなったのが、
まさかの僕とほぼ同い年とは。

あれほど僕は人を魅了することは出来ているのか。
あれほど映画の話で人を引き込むことが出来ているのか。
お客さんたちを、あんなにワクワクさせているだろうか。

それを考えると、自己嫌悪になるし、
所詮、クロちゃんを超えることは
死ぬまで無理だろう。

ただ、ナカハラさんから、
この彼の亡くなった年齢を改めて聞いて、
今後、僕が彼の年を超えて、
彼の姿を目指して
(かなり無理はあるものの)
きちんと、これからも店を
やっていかなきゃいけない。
そんな気持ちになることが
出来たのは良かった。


加えて、クロノスの写真があるかなどと
ネットを調べていたら、上の看板しか
見つからなかった。

けれど、そんなネットの中で、
なんとクロノスで知り合った
映画評論家のサトウムツオさんが
今年の2月にお亡くなりになっていた、
ということを記事で知った。
まだ58歳だったと言う。

そしてなんと、ムツオさんは
クロちゃんが生きていた時に会った
最後のお客さんでもあったらしい。

彼も僕と同世代で、クロノスで
出会った時に話はしたものの、
試写室で会っても、会釈するほどで
会話にはならなかった。

今、思えば、僕がゲイであることを
気にされて、特に声をかけて
もらわなかったのかも知れない。
今さら、少し遅くなってしまったが、
ご冥福を祈りたい。

いずれにしても、こういうことで
二人の才人が、60歳という
まだまだ若い年齢で亡くなったことを
知る不思議な一日だった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:42| Comment(2) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

お菓子、デザートの話

昨日、来てくれたサブロウやリョウヘイが
なんのお菓子が好きか、という話をしていた。

昨今、コンビニやスーパーに並んでいる
こんなチョコレートや、
あんなチップス、またはアイスクリームの
話で盛り上がるのだけれど、
僕はまったくついていけない。

126177-02-1.jpg

そう。僕は子供の頃から、
お菓子を食べる習慣がついていないせいか、
ほぼ、ほぼお菓子の種類を知らないのだ。

両親が歯や身体に悪い、と
そういうモノを買ってくれなかったのだ。

とは言え、もちろん、小学校の頃に
遠足や校外学習で学校から
持たされたチョコボールや小枝、
プリッツやポッキー、
バターココナッツみたいなモノはわかる。

と言うか、これらは今でも
店舗に並んでいるモノなのかどうかさえ、
そういうコーナーに行かないので
まったくわからないのだ。

映画を観る時の眠気覚ましや、喉のために、
ガムやキャンディを買うことはあるけれど、
それ以外で、お菓子を買うことはまずない。

饅頭やケーキ、こういうモノも
出されたら食べるけれど、
バーでの乾き物も、ほぼ口にしない。

別に身体のことなどを気にして、ではなく、
たぶんどうしても欲しいとは思わない。
何が何でも食べたい、そう思うこともないのだ。

それは前いた会社でも、女子社員が
「これ、誰それさんが持ってきてくれました。」と
デスクに置かれていくお菓子の詰め合わせでさえ、
ほぼ、ほぼ手を出さなかった。

アイスクリームは、飛行機や
友人宅で出されたら食べるけれど、
自分で買ったことも、子供の頃から
ないかもしれない。

増して、ゲイの多くの人が行ったことがある
デザートバイキングなど、当然のように
一度も行ったこともない。

そんな話をすると、だいたいのお客さんは
ええっ!と言い、あんな美味しいモノが
わからないなんて、可哀想。。。
そう言われたりする。

こういうおっさんがいても、
いいじゃないか。
僕としては、可哀想などとは
言われたくないのだ(笑)

posted by みつあき at 17:12| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

舞台「海辺のカフカ」

村上春樹原作、
故・蜷川幸雄演出の「海辺のカフカ」
最終公演と言われる今回の初日を観た。

d28143-77-950179-2.jpg

発売当初、読んでいた原作だが
すっかり内容を忘れていて、ここ4日間、
僕はその上下巻を読み直していたのだ。

まだ蜷川氏が健在だった
田中裕子、柳楽優弥が主演した初演、
そして宮沢りえの再演は両方とも
見逃していて、僕は今回の
寺島しのぶ主演バージョンを初めて観た。

舞台は原作にかなり忠実。
15歳の家出少年が何らかの理由で
東京から高松に行く話と、
ある事故から知的障害を持った老人の
ふたつの話が同時進行で進んでいき、
いかにそのふたつが融合されるのか、
というのが見どころ。

蜷川氏の演出は、他の作品でも
何度か使用しているガラスに見立てた
アクリルで囲まれたいくつもの箱に
ワンシーンが入り、それが舞台を
縦横無尽に行き交う。

20140727122255d26.jpg

そこには図書館の本棚、トラックや、
自動販売機や男子トイレの小便器、
書斎、バス、ホテルの一室、
そして巨大な森林などが入っている。

簡素な文体だけれど、奥深い
春樹ワールドは、その舞台セットと
共に見事に舞台化されていた。

実はこの舞台の戯曲は、
10年以上前にアメリカのシカゴで
フランク・ギャラティという人が書き
上演したモノを、日本語版に
逆翻訳したモノだそうだ。

蜷川氏の追悼公演は、
ひとまずこれで幕引きとなるようだ。

まだ20代だった僕が、花園神社、
築地本願寺の「王女メディア」で
出会った蜷川作品は、
その後、シェイクスピアを中心に
大掛かりなセットや有名無名俳優の
絶妙かつ派手な芝居で、
僕を魅了し続けてくれた。

今さらながら、天国の蜷川さんには
ありがとうと言いたい。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 17:49| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

一歩もうちから出ない日

昨日は休みで、天気も良くなく、
珍しく、一歩もうちから出なかった。

で、何をしていたかと言うと
一日、本を読んでいたのだ。

昼まではベッドで。
食事をしたあと、午後はリビングで。
夕食あとも、夜は自分の書斎で。
コーヒーを何杯も飲みながら
まったりと過ごした。

IMG_9132.jpg

何を読んでいたかは、
ちょっと明日書こうとしていることに
繋がるので
明日のブログで書くけれど
これほどまったりしたのは
とても珍しかった。

休みの日にしても、
店があっても、
2週間ほど前から、その日の計画について
(映画を観るか、ジムに行くか
程度のことがほとんどだけど)
どうするかは、決めている。

実は昨日も、予定表には映画2本の
予定が書き込まれていたのだけれど、
どうしても今夜までに2冊読破
しなければならなかったので
予定を変更したのだ。

それにしても、僕が本を読むのは
決して早くはない。
いわゆる斜め読みみたいな芸当は出来ず、
良く言えば文体を味わいながら、
悪く言えば、同じところを
何度か読み返したりする。

そんなワケで金曜日から
読み始めたのは良いものの、
週末の朝までの営業があったため
かなり急ぎながら、
それでも結果的に自分流に
ゴロゴロと黙々と過ごした日だった。

でも、こういう日がたまにあっても
良いなあ、そう思った。

というワケで今日はお絵描きはなしで
残りの読書に戻ります。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

SNSとの付き合い方

お客さんでもあり、友人でもある
ショウヘイちゃんが、
ツイッターを見ていて
多くのネガティブな内容に疲弊し、
当分、読むのをやめたよ、
昨日、そう言っていた。

僕は店に出ている以外、
このブログとお絵描きと映画鑑賞や読書、ジム、
そして今年の周年についてのことなど
やることが多過ぎて、
ツイッター、インスタグラム、
フェイスブックをきちんと追うのは無理で、
ちょっと気が向いた時にだけ、にしている。

ただ、このブログをアップしようとする時や、
日々流れるニュースサイトから、
誰それのツイートが、のような文章が
ある意味、いやでもSNSを読むハメになる。

僕がツイッターを使う多くは、
自分の言いたいことを伝える、というよりは
自分が知りたい映画や演劇などの
情報をゲットする、ということが主だ。

ただ、流れを見ていくと、確かに
ショウヘイちゃんが言うとおり、
うんざりするような書き込みが
怒涛のように流れてくることで
ため息が出ることは確かだ。

IMG_9129.jpeg


他人への誹謗中傷に、
まったく無関係な個人の書き込みへの炎上。
ワイドショーネタのようなモノには
興味ない、そう思いながらも
流されて読んでしまう自分に自己嫌悪になる。

政治家も、芸能人も、メディアも、
この人々のつぶやきに一喜一憂し、
振り回され、影響されるという時代を
誰が考えていただろう。

そういう事が嫌で、
SNSはもともと一切やらない、
そう決めている人たちも
僕の世代だと結構いる。

ショウヘイちゃんは、
ちょっと離れているおかげで
穏やかな日々が送られているそうだ。
なるほど。

僕はもうしばらく、自分に合ったやりかたで
SNSとはマイペースで付き合っていこうか
そう考えている。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 14:16| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

憧れていた制服系の行く末

エイジ君 33歳は、自衛官、
消防士、警察官など
制服系公務員にはめっぽう弱い。

思想が右とか保守とかというワケじゃないけれど、
とにかくあの「男らしさ」を象徴する
マチズモ文化は高校の頃から憧れていた。

IMG_9122.jpeg

そのベースは、もちろん自分が
ゲイであるということ。
彼に限らず、制服系に憧れるゲイは
山ほどいるけれど、
彼は、高校の頃から
警察官になるのだ、
そう心に決めていたらしい。

しかしながら、エイジ君の父親は
昔暴走族上がりということもあって、
大の警官嫌い。
エイジの就職の話の時に猛反対もあって、
結局、公務員試験を受けることが出来なかったそうだ。


そのあと、彼は家を飛び出し、
東京に来て、自分でアルバイトをし、
金を貯め、大学に行くことにする。

大学を卒業してから、改めて
警察学校に行くつもりだった。
しかし、ちょうどその頃、付き合った彼氏に
また反対され、その夢は断念。
普通に就職した。

その彼にはふられてしまったけれど、
さすがに会社を辞める気はなく、
その後、ネットで制服マニアの
人々との交流が始まる。

そういう人々は、驚くような
制服(上に書いた公務員系の制服以外、
宅配便系、作業着系、運動系)、
ありとあらゆるモノ、あらゆる制服を
持っていて、エイジ君ものめり込んでいった。

そして、去年の夏、彼は
他のマニアから譲り受けた
警察官の制服を少し大きめのバッグに入れ、
その手の趣味を持つ人と会うために
自宅を出た。

そして何と生まれて初めて警官から職務質問に合う。

「バッグの中、見させてもらっていいですか」

制服が実際使用された本当のモノだということがわかり、
入手先などを強く問われ、エイジ君はしどろもどろに
なったとのこと。
結局、譲られた相手の連絡先などが
手元になく、制服は没収。
エイジ君がそれを着て歩いていたワケでは
なっかったことは良かったが、
少なくとも軽犯罪法にあたると
こっぴどく注意されたらしい。
たくさんの書類も書かされたようだ。

エイジ君の高校生の頃からの警察署に入る夢は
まったく違う形で、現実となった。

ゲイ、ストレート問わず、
性的ファンタジーの行き過ぎには
やはり注意しなければいけない。

ちなみに、今回のブログのカテゴリーは
「エロ」に入るかどうか、
色々考えてみたけれど、
「人生」に入れることにした。。。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 14:33| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

立ちション兄貴の知られざる姿

20代のシュウゾウが深夜に、ちょっと
何とも不思議な表情でやって来た。

「あれ?この時間、珍しいな。
それも、週末なのに」そう言うと
「そう、めっちゃくちゃ変な気分なんです」

色々聞いてみると、
とあるハッテン場帰りだと言う。

そこに行ったら、シュウゾウが好みの
キュートな顔に、ガチムチの身体の
エロ兄貴がトイレで用を足していた。

IMG_9119.jpeg

タオルを巻いたその立ち方や、
オシッコの仕方、
そのあと、洗面所でのうがいの仕方までが
シュウゾウの心を鷲掴みにした。

彼がトイレから出がけに、
シュウゾウは、彼に手を出そうとしたが、
その相手はわかってか、わからずか
そのまま出て行ってしまった。

シュウゾウは拒否されたのだろうかと
落ち込む前に、いや、そんなことないはずだと
彼を追おうとする。

追おうとしたが、暗いハッテン場ではすぐ
見当たらず、グルグルと回っているうちに
時間が経過してしまう。

それから10分か15分経過して、
姿を見つけた時に、もうちょっとスジ筋の
人と個室に入るところだった。

隣の部屋に入って、隙間からでも
覗こうかと思い、
フロントに行くと、両隣はもう使われている。

仕方がないので、その部屋の前に
立って、相手が諦めて出てこないか待つ。

しかし、待つ前にすごい声が聞こえる。
ガチムチ兄貴のオラオラという声。
そしてスジ筋野郎の犬のような鳴き声。

ずっと聞いているうちに、たまらなくなり、
小さくノックをしてみた。
当然のように反応がなく、
さらに二人の大声が聞こえてきたそうだ。
絶叫に近いアンアンという声、
怒涛のような攻めの声!

ちょっと気が狂いそうになるほど
見てみたい、そう思ったシュウゾウは
さらに大きくノックをした。

ドアがあき、「なんだ?」と
出てきたのは、ヤンキー面した
スジ筋のほうで、目隠しをされて
犬のように泣かされていたのが
シュウゾウが夢見ていたガチムチ兄貴だった。

「おら、ここに入って、三人でやるか?」
そう言われて、シュウゾウは
ゲンナリとしてしまったとのこと。

「ま、所詮、ハッテン場での出来事ですから」
と、笑いながら話せたことで
シュウゾウは
「ちょっと元気になりました」と
帰って行った。
良かった、良かった(笑)

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:54| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

差別用語って

京マチ子さんが亡くなったことから、
最近よく来てもらっているショウジさんと
アメリカ人の古い友人のベン(彼はすごく日本通)と
古い日本映画の話をしていた。

そんな中で、ベンがつい最近、
名画座で渋谷実という監督の映画を観た、
という話をしていた。
思えば、渋谷実という監督の作品に
京マチ子は出ていないのだけれど(笑)

そして、渋谷実と言えば貧困を描いた
「気違い部落」という映画があった、
という話になる。

「気違い部落」なんて、絶対テレビとかでは
放映出来ないし、ある程度良識がある人は
口にするにもはばかられる。
「気違い」も「部落」も
共に差別用語として認知されているからだ。

ベンは「アメリカに比べると、日本は
昔は使っていたけれど、今は使ってはいけない、
という言葉が多過ぎる気がする」そう言った。

彼が以前、テレビ出演の仕事をした時に
「白雪姫」の話になり、「七人の小びと」と言ったら
「小びとは放送禁止用語なので、使わないでくれ」
とディレクターから言われ、驚いたと言う。

また昔「バックス・バニー」というウサギのアニメに
出ていたポーキー・ピッグという小心者の豚が
あちらでは、どもる(いわゆる吃音をする)
タイプで、それを日本で
吹きかえる時に、かなり頭を抱えたということも
耳にしたことがある。

確かに、気違いも部落も、小びともドモリもダメだし、
クロンボ、おし、めくら、つんぼ、ちんば、びっこ、
ドカタ、百姓、コジキ、ふと考えただけで色々ある。

それぞれに言い換える言葉も用意されているけれど、
「どもり」を「言語障害者」と言い直したりすると
個人的にはそっちのほうが
差別的な感じがしたりもする。

アメリカなどでは、アフリカ系の人を"Nigger"ニガー
などと使ったりすることは、かなりタブーのようだけれど、
そういう言葉は非常に少ないらしく、
かりにあっても(ニガーも含めて)
コメディや、皮肉を含めて
(要は決して差別をしているワケじゃない、という
理由を含めながら、という意味)
使用したりすることは多いようだ。

IMG_9114.jpg

中指をおっ立てたり、Fワードと言われる
"Fuck"や"Faggot"(ホモ野郎)みたいな言葉は
テレビじゃ、モザイクが入ったり、ピー音が
入ったりするようだけれど、映画や日常で
ジョークで使われたりすることも多いと言う。

最近はSNSの炎上も含めて、どんどんタブーと
されることが多くなって、気を使うことも山ほどある。
そこに悪意がない、と相手に伝わる、ということが
最低上限だが、笑い飛ばせるジョークという形を
とる寛容さも、僕は必要だったりする気がする。

ちなみに色々調べてみると、
放送禁止用語のリストというモノを見つけた。
面白いので、貼っておくことにする。


***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:39| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

アニメキャラの話から英語の話へ

「名探偵ピカチュウ」という映画が
ヒットしていると言う。

数年前にスマホのゲーム、ポケモンGOが
始まった時に、僕もちょっとやってみたけれど、
そもそも、ポケモンを知らない僕が
ハマるワケでもなく、
加えて、時間が足りない、足りないと
日頃から騒いでいる僕なので
数ヶ月で辞めてしまった。

何せ、ドラえもんさえギリギリ、
ドラゴンボールやポケモンなんて
まったくわからないというんだから
親父だなあって我ながら思う。


そもそも、ピカチュウのことを、
つい最近まで「ポケモン」
という名前だと思っていたし、
なおかつ、そのピカチュウも
主人公の男のコ(サトシと言うらしい)の
横にいつもいる
一匹のモンスターだと思っていた。

ところが、昨日来てくれたシンイチいわく、
ピカチュウというのは、
何十匹も何百匹もいる中の
一匹でしかない、ということもわかった。
要は、シュナイザーが世の中に
たくさんいるように、ピカチュウも
そうなのだ、と。

そう。ミッキー・マウスとは違い、
ピカチュウはたくさんいるのだ、と。
(ディズニーランドにも、ミッキーは一匹だけ)

IMG_9113.jpeg


そんな話から、ミッキーはMickey Mouseは
Mickey Miceとならないのだ、
いうことを、お客さんのマツダさんから聞いて
「マイス?」と僕が尋ねると
ネズミも、PCのマウスも、複数だと
Miceとなることを恥ずかしながら、初めて知った。

そんな流れから、実はペニスも複数は
Penisesではなくて、Peneseだと。

俺は今日、3本もくわえたぜ、と言うのは
"I sucked 3 penese today"となるんだろうか。
あ。失礼。。。。

いずれにしても、不規則な複数形の名刺
toothがteethになるようなモノが
意外と多く、
ポケモンであれ、複数形であれ、
自分はわかっていないことが
山ほどあるのだなあ、そう思った。


***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 13:27| Comment(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

トム・ウェイツを聴こう

休みの日の夜は、本を読んだり、
映画を観たりする以外は
音楽を聴きながら、
ブログや、なかなかうまくならない絵を
描いたりしていることが多い。

机に置いたバランタインのロックを飲みながら
昨日はふと、トム・ウェイツを聴きたくなった。


僕が田舎の高校を出て、
東京に来た頃には
街にはジャズ喫茶や、ロック喫茶、
クラシック喫茶などがあり、そこで
聴いたことがないレコードを
たくさん耳にすることが出来た。

それまでは、日本のフォークや
ビートルズに加えて、映画で聴いた楽曲などが
多かったけれど、東京のそのような場所で
僕の音楽的好奇心は一気に花開いた。
自分の足と力で、本も映画も、音楽も
探さなければならなかったけれど、
そういう意味では良い時代だった。

僕が生涯、追いかけることになった
ブルース・スプリングスティーンをはじめ、
ジャクソン・ブラウン、
ライ・クーダー、ヴァン・モリソン・・・。
もちろん、チック・コリアやビル・エヴァンスも
そういう喫茶店で出会った。

アーティストは、書き出すときりがないのだけれど、
そんな多くの楽曲の中、
しわがれ声で、つぶやき、泣くような
歌声が聴こえてきた、
それが、トム・ウェイツのアルバム、
 ”Closing Time"だった。

71hL4UChUaL._SY355_.jpg

スローなバラードの中に流れる
退廃的なメロディだが、
詩を読むと、暖かな人間関係を描いていたりする。

僕はトムの声に魅せられて
"Blue Valentine"までの
初期の5枚のアルバムを
擦り切れるほど聴いた。

まだ、まったくどのアルバムも
どのシングルも、ヒットチャートには
載らなかったので、周りの友人は
誰も知らなかった。

そのあと、80年代に入り、
彼はコッポラのミュージカル映画
「ワン・フロム・ザ・ハート」や
「アウトサイダー」に出たと思ったら
いきなりジャームッシュの「ダウン・バイ・ロー」で
主演をし、名前が知られるようになった。

音楽活動も地道に続けていながらも、
彼の曲は決してヒットチャートに乗ることはなかった。
そいて、もう8年あまりアルバムを出していない。

まだ70歳直前の若さだから、
もう少し頑張れるだろうけれど、
40年以上前に作られた名盤が
いつも僕を素敵な世界へと誘ってくれる。

しわがれたブルーな世界が好きな人であれば、是非とも。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:25| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

アベンジャーズ・シリーズのおさらい

世界中で記録的な大ヒット!という
「アベンジャーズ エンドゲーム」。

日本じゃコナンやら、ピカチュウに
抜かれているようだけど、
全世界じゃ「タイタニック」を抜いて
「アベンジャーズ」に迫る勢いというから凄い。

こういうエンタメ系映画をこのブログで
紹介することが少ないせいか、
どうやら、好きではない、と思われがち。

いや、そんな事はない!と
声を大にして言いたい。

確かに、ドカーン、バキューン、
バタッ、グシャッ!
などという観ている時だけ興奮して
あとには何も残らない、というタイプは
あまり率先して観ないけれど、
このシリーズは違う。
キャラクター設定の妙が
多くの娯楽映画を超えている。

とは言え、あまりにもシリーズ本数が多いのと、
年数がどんどん経っていく。
ゴールデンウィークあたりから
ディズニーの配信サイトで
最初から復習することにした(笑)。
クラシック映画で観なければならないモノも
山ほどある中で、我れながらどうかと思う。

まあ、他の映画と違って、一度観ているので
電車の中や、ちょっとした時間に
観ることが出来るのが配信モノはありがたい。

そんな中で優れていると思うモノをあげると
最初に登場した「アイアンマン」はやっぱり欠かせない。

IMG_9104.jpeg
(初の色鉛筆作業←アナログ 笑
早く、ペンタブ使いこなせるようにならないと。。。)

ロバート・ダウニーJr.が
それこそ、プライベートのヤク中事件で
俳優人生が終わりか、と
言われていた矢先に出演。
やっぱり、完璧じゃないヒーローとして出てきたのが
良かった。
恋愛にもだらしなく、金の亡者でもあり、
正義や友情、チームワークに対する
考え方の違いで、キャプテン・アメリカと衝突したりする。
ガンダムやトランスフォーマーなど
ロボット型スーツにドキドキするのは
僕にもノンケ的な何かが残っているのか、
それとも、ゲイ目線で観ているのだろうか(笑)

シリーズの中で、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は
ひと味もふた味も違う出色の出来。
ユーモア溢れる表現力は、練られた脚本も含めて
ホントに素晴らしい。

特に気に入っているのが、2作目の
オープニング。



あと、5タイトル残すばかりだけれど、
それからやっと「エンドゲーム」に辿りつく。
やれやれ。。。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

店を離れた楽しい一夜

昨日は店をお休みさせてもらって、
我が家で、久しぶりに
スタッフ・ミーティングをやった。

店を始めて12年。この秋の9月で13年目に入る。
そして、今まで手伝ってくれたスタッフは
総勢で40人を超える。

勝手に僕が個人的に思うのは、少なくとも
うちの店にいてくれる間は、
友人というよりも、家族のような、
という気持ちでいたいということだ。

IMG_9082.jpeg

うちの店では一部のスタッフ(月曜日のマサヤ、
日曜日、火曜日のタクヤ)を除いて、
誰が何曜日、と決まっているワケではなく、
そういう流れで、誰と組むかわからない。

なおかつ、周年というイベントがあるため、
そのパフォーマンス練習をみんなでやる、
というのも、長く続いてきた習慣だ。

そんな事もあって、スタッフ間が仲が良い、
というのは、僕自身嬉しく、自慢できる部分だと
思っている。

基本的に、僕個人は集団行動がとても苦手で、
会うのなら、一対一か、せいぜい3人、というのが
人との交流の仕方だ。

でも、この会だけは別。
いつかは、古いスタッフも出来るだけ集まって、
大家族で、ワイワイとやりたいものだ。

というワケで、今後とも
Bridge ファミリーをよろしくお願いします。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:42| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

幸せの予感

40を過ぎて久しいサトルは
うちの店に来てくれて
8年ほど経過する。

最初は付き合っていた彼氏と
二人で来てくれていたのだが、
その彼とも別れ、
そのあと付き合い出した人とも
1年ほどで別れてしまった。

ずっと年上と付き合っていたけれど、
今回、好きになったのはひと周りも
違う年下の相手だと聞いたのは
数週間前だった。
そして、その相手は、ここ1年半ほど前から
店に来てくれていたショウヤだったらしい。

うちの店ではなく、
SNSで知り合ったらしくて、
本当に狭い世界だな、そう思った。

ただ、好きにはなったモノの、ショウヤは
2ヶ月後に海外転勤が決まっており、
どうしようもない状態で
お互いに「付き合う」という言葉は
避けているのだ、そう言っていた。

転勤はとりあえずは2年。
そしてその後、他の場所に移るかも知れない。

そんな事していたら、俺は
結構な歳になってしまう。
この前来た時に、
サトルはそんなことを呟いていた。


そして昨夜、二人で初めて店に
来てくれた。
こんなにサトルが人とベッタリと
していたのを僕は初めて見たし、
それは、それは幸せそうだった。

IMG_9060.jpeg

ずっと忙しく、二人とゆっくり
話せたワケではなかったけれど、
料理が得意なサトルの手料理を
ショウヤが自分の携帯写真で見せてくれたり、
顔を見合わせながら手を触れ合っていたりした。

また、東京と、ショウヤの転勤先との
ちょうど真ん中で、会えればいいね、
そう話していた。

と言うことは、付き合って行こう、
という決心をしたのかも知れない。

いずれにしても、思いを寄せ合う
カップルの幸せそうな姿を見る時ほど、
店を始めて良かったなあ、
心からそう思う。

これから色々なことがあるだろうけれど、
こんな幸せな形が長く続きますように。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 12:55| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする