2019年04月05日

愛すべき大きな窓

昨日、来てくれていたジョウジと
ヨウスケが、店内とまだテラスに残っている
桜を見ながら「こういう景色だけで
いつものBridgeとは違うねえ」と
言ってくれていた。

店内にはスペースが、取られてしまうため、
花などを置くことは普段はないし、
ずいぶん昔に外にガーデンフラワーなどを
置いたりしていたのだけれど、
何度もカラスに荒らされてしまい、
諦めてしまった。

それにしても、とジョウジが
「この窓の大きさがある物件に
当たったのは、良かったね」
そう言ってくれると、確かに運が
良かった、そう思う。

画像 066.jpg

ここにもずいぶん前に書いたかも知れないけれど、
この店に行きあたるまで
30軒くらいだっただろうか、
かなり多くの物件を見た。

値段の折り合いもともかく、
これ!と思うモノになかなか巡る会えず、
もう諦めて小さな会社でもやろうか、
そう思って改めて、不動産に連絡したのだった。

事務所なら、という条件で
案内されたのが今の店の物件だった。
当時、大家さんはこのビルでは
飲食をやらせるつもりは
まったくなかったのだそうだった。

その時点では、
まだ前の経理事務所が入っていて、
社員の人たちが数人、仕事をされていた。

窓にはカーテンが引かれ、
「ちょっといいですか?と
僕が少し覗いてみると、
ボロボロガタガタのベランダに
多くの荷物が置かれている。

しかし、ここまで大きな窓がある場所はない、
こここそが、僕が探していた場所だ。
そう思い、大家さんに直談判に行った。

基本的には店子(ミセコじゃなく、タナコ。笑)には
会わないと言う大家さんだったが、
何故、ここでバーなどやりたいかなどと
色々な話をした結果、
「あなたなら、貸しましょう」
そう言ってもらえたのだ。

それから数年後、次々と
うちのビルは飲食店が入り、
なんだったんだろうかとも思うのだけれど、
それにしても、6階のこの場所に
店を持てたのは、本当にありがたい、
今さらながらに、そう思う。

この大きな窓がある限り、
そしてこのビルが壊されない限り、
店を移転したりすることは
きっとないだろうなあ。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:05| Comment(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする