2019年04月09日

オススメ映画 マックイーン:モードの反逆児

先週末から始まった、ファッション・デザイナー、
アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー。

ゲイの人たちの中では、
同様にゲイであり、
なおかつ若くして自殺したという
意味でも有名だ。


個人的な話から話させてもらうと、
この天才ファッションデザイナーが亡くなったあと、
2年後の2011年、ニューヨークのメトロポリタン美術館で
開催された回顧展に行くことが出来た。


↓これが観に行った時のブログ

ブログにも書いたように、そこには彼の持つ
圧倒的な過激さ、そして奇抜なまでの
アーティスティックなイメージで会場全体が覆われ、
感激もひとしおだった。

この映画は、普通ドキュメンタリー映画が持つ
演出や編集の効果というよりも、とにかく
マックイーンの存在感、その突出した生き方が
とっても際立っている。

alexander-mcqueen-documentary-film.jpg

さて、映画。
もちろん、かなり若い頃から撮影されている
彼自身の生活や、そのファッションを
作り出すスタイルなど
緻密に織り込まれてはいるのだけれど。

若きマックイーンは、駆け出しの頃、
デザイナーらしからぬ普通のシャツに身を包み、
いたずら好きでユーモア溢れる
どこにでもいる小太りの青年に見える。

ただ、彼がアーティスト性を自分の中に
見出してからの大きな変化、
それは彼の友人や仕事仲間たちからの
インタビューでも強く明確になっていく。

40歳という若さで死ぬ前の彼は、
見違えるほどスリムで
スタイリッシュないでたちだ。

映画の中で圧巻なのが、彼が次から次へと
披露していったファッション・ショーだ。
他のデザイナーでは決して考えられない、
一般人に着らることを拒絶しているような
衣装の数々、そして想像を超える強烈な演出。

「最高の賛美か、最悪な批判を持たなければ、
ショウをやる意味はない」
マックイーンはそう言った。

そんな彼の最後となるショーの様子は、
驚きを超えて胸が熱くなる。
必見。

予告編はこちらから

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 14:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

外国から来て、人生初のゲイバー

昨夜、中国系カナダ人のゲイのトーマス君と、
ベルギーとフランスのハーフで、
バイセクシャルの女性クロエちゃんが
Google検索から辿って来てくれた。

そう。何故か新宿のゲイバーで
外国で検索をすると、うちの店は
かなり上に出てくるのだそうだ。

彼らは政治学と日本語を学ぶために
東京の大学に来ている学生で、
共にまだ二十歳という若さ。

トーマス君は、カナダにいる高校時代、
付き合った彼氏はいたけれど、
今はシングルでフリー。
クロエちゃんは、
まだ付き合ったこともなければ
性体験もないと言う。

クロエちゃんが子供の頃過ごしたベルギーでは
2003年に同性婚が成立したけれど、
その直前に賛成派と反対派が
街の中で乱闘を起こし、
ものすごく大きいニュースになったと言う。
あちらでは宗教とモラルによっての
反対派も多数いて、子供心に
とても怖かった思い出のようだ。

逆にトーマス君が育ったモントリオールは
同性婚に賛同する穏健派がかなり多く、
子供の頃から、ゲイだということで
悩んだことはない、そう言っていた。

彼らが耳にしたところによると、
日本では、ストレートの男性よりも
ゲイの男性のほうが同性婚反対している人が
多いらしいけれど、何故なのかと
聞かれて、ちょっと答えに困った。

僕は、たぶん3つほど考えられる、と答えた。

誰にもゲイであることを話していない人が
同性婚という話から、
自分に目が向けられてしまうという不安。

また、結婚制度などによって、
自由にセックスを楽しめないという不満。

何よりも、同性婚ということに
まったく興味を持てない、という人が
多いのかも知れない。

そんな話をしたら
「なるほど。とても日本人らしいかも」
と彼らはうなずいていた。

彼らは本国にいる頃、まだ
お酒を飲めなかった彼らにとって
人生初のゲイバー、ということで
とても喜んでくれたようで、
ちょっとホッとした。

image.png
(今後、時間がある限り、
下手ウマな絵で表現しようかと 笑
著作権の問題も出て来そうなので。。。)

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 13:53| Comment(0) | 海外からの訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

ノンケの先輩に抱かれて

昨夜、遅く来てくれた初のお客さんは
180cm 90kgという、バルグ型筋肉質の
40歳、まさにゲイ業界では王道を行く
エイジ君だった。

彼は小学校から始めた柔道で
大学時代、なんとオリンピックに出る寸前まで
行くほどの実力だったらしいけれど、
途中で大きな怪我をして、
断念せざるを得なかったらしい。

img_0.jpeg

人生の中でここまでの失意のどん底に
落ちることは、これからもないだろう、
今でもそう思っているらしい。

そんなエイジ君を当時救ってくれたのが
高校時代の柔道部の先輩だった。
何も手につかず、泣き続けていたエイジ君を
励まし、共に泣き、気持ちを分かち合おうと
してくれたたった一歳上の先輩。

先輩は他の体育系大学に進学はしていたが、
柔道はさほど伸びなかったらしく、
むしろ、エイジ君をずっと
応援し続けてくれたらしい。
大学の部活とは別にも
よく練習に付き合ってくれたのだとか。

そして、なんとその先輩こそが、エイジ君を
ゲイの道へと誘導したのだそうだ。
それも、彼はストレートだったにも
関わらず。

どういう事かと言うと、
エイジ君が怪我で落ち込んでいる時に、
優しさあまって
抱きしめてくれ、そういう関係になってしまった。

エイジ君自身も、まったく男には興味がなく、
ノンケAVの巨乳ビデオとかでヌイていたにも
関わらず、先輩との一夜から
すべてが変わったのだそうだ。

会うたびに、先輩の身体を求める
エイジ君に「お前が辛そうだったから、つい
そういうふうになったけど、俺はそんなんじゃない」
そう言いながらも、数ヶ月は
そういう関係が続いた。

でも、結局、エイジ君が立ち直った頃、
先輩はそういう関係を拒んだと言う。

結果的に、エイジ君は先輩の結婚式にも出て、
奥さんとも仲良くなったけれど、
もちろんその後、先輩はまったく
「その事」には触れず、
まったくなかったように振る舞うようになったのだとか。

気まずさに加えて、先輩を忘れるために、
エイジ君は彼には連絡を取らないようになり、
部の口利きもあって、かなり良い企業に就職でき、
しっかりとゲイの人生を歩み出して、
もう15年ほどらしい。
そして、数年前に会った同い年の相手と
良い付き合いをしているようだ。

「先輩と会わなかったら、たぶん
もう結婚して、子供の一人や二人いると思います。
でも、後悔していないし、あの先輩がいなければ
逆に今、どうなっているか、わからない」
エイジ君はそう言った。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 13:38| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

モノの価値

ゆうべ、僕と同世代のアキヒトさんと
ヤマムラちゃんが来ていて、
アキヒトさんがバブル時代に買った
ロレックスの腕時計について語っていた。

そもそも、自分の人生の中で
(って大げさだけど)腕時計を
ほとんどしたことがない、という僕だが、
実際、高価な腕時計を目にすると、
さすがに、その美しさにうっとりとしてしまう。

rolex_yougo180704-min.jpg

計算され尽くしたデザインの見事さ、
シンプルながらも圧倒的なゴージャス感。

価格を聞くと、
安い家が一軒買えるほどの
値段なのだそうだ。
モノに寄っては、その後、
どんどん価値が上がり、
オークションサイトで、かなりの値段で
やり取りされているというから凄い。

絵画や造形、建築など
僕もアートと名が付くモノへの
興味は尽きない。
それらを目の前にすると、
何時間でも観ていたい、
という気になるのは確か。
それは時計もそうだったりする。

しかし、それらを自分で持っていたい、
と思うか、と言うと、そこまででもない。

それこそ自分の目で、愛でていれば
(ダジャレのつもりじゃない。笑)
それでかなり満足だったりする。

高価なモノには、確かに
それだけの価値があるけれど、
何万、何十万、何百万と出して
どうしても身の回りに
置いておきたい、
という欲がほぼないのだ。


逆に安モノ買い、ということに関しても同様。
スーパーとかで、何十円か何百円か
安い、という事にもそれほど飛びつかない。
たまたま、目にしたモノが安ければ
それを買うことはあるけれど、
安くて品が落ちるのなら、
ちょっと高くても少しは良いモノのほうが良い、
と高価なモノとも少し矛盾しているから
自分でも不思議。

映画や舞台、音楽など
ほぼ目の前から消え、記憶だけに
残っていくモノに大金を
払ってしまう傾向がある。
我ながら矛盾だらけの
ヘンテコなおっさんだ。
そう思う。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F






posted by みつあき at 19:56| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

愛すべき大きな窓

昨日、来てくれていたジョウジと
ヨウスケが、店内とまだテラスに残っている
桜を見ながら「こういう景色だけで
いつものBridgeとは違うねえ」と
言ってくれていた。

店内にはスペースが、取られてしまうため、
花などを置くことは普段はないし、
ずいぶん昔に外にガーデンフラワーなどを
置いたりしていたのだけれど、
何度もカラスに荒らされてしまい、
諦めてしまった。

それにしても、とジョウジが
「この窓の大きさがある物件に
当たったのは、良かったね」
そう言ってくれると、確かに運が
良かった、そう思う。

画像 066.jpg

ここにもずいぶん前に書いたかも知れないけれど、
この店に行きあたるまで
30軒くらいだっただろうか、
かなり多くの物件を見た。

値段の折り合いもともかく、
これ!と思うモノになかなか巡る会えず、
もう諦めて小さな会社でもやろうか、
そう思って改めて、不動産に連絡したのだった。

事務所なら、という条件で
案内されたのが今の店の物件だった。
当時、大家さんはこのビルでは
飲食をやらせるつもりは
まったくなかったのだそうだった。

その時点では、
まだ前の経理事務所が入っていて、
社員の人たちが数人、仕事をされていた。

窓にはカーテンが引かれ、
「ちょっといいですか?と
僕が少し覗いてみると、
ボロボロガタガタのベランダに
多くの荷物が置かれている。

しかし、ここまで大きな窓がある場所はない、
こここそが、僕が探していた場所だ。
そう思い、大家さんに直談判に行った。

基本的には店子(ミセコじゃなく、タナコ。笑)には
会わないと言う大家さんだったが、
何故、ここでバーなどやりたいかなどと
色々な話をした結果、
「あなたなら、貸しましょう」
そう言ってもらえたのだ。

それから数年後、次々と
うちのビルは飲食店が入り、
なんだったんだろうかとも思うのだけれど、
それにしても、6階のこの場所に
店を持てたのは、本当にありがたい、
今さらながらに、そう思う。

この大きな窓がある限り、
そしてこのビルが壊されない限り、
店を移転したりすることは
きっとないだろうなあ。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:05| Comment(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

4月からの変化

昨日、30代のショウゾウが、
「この4月からの働き方改革で、休みが
取りやすくなって、
旅行どんどん行けるようになった!」
と喜んでいた。
今までは、まったく休めなくてヒ〜ヒ〜
言っていたのが、夢のようだ、と。

かたや、20代のヨシヤは、
長いバイト生活から
ここ数年で社員になることが出来て、
どんどん残業して儲けたいのに、
それにストップがかかってしまい、
お金が儲からない、とボヤく。

俺は管理職だから、関係ないよなあ、と
つぶやく50代のタカダさん。
若い二人からは「あ。高度プロフェッショナルだ!
高額取得者は違うなあ」と揶揄されていたりする。

570ea651910584155c8bc56e-w960.png

ともあれ、この4月から
本当にそれぞれの働く内容が
少しずつ変化していっているのは確実なようだ。


僕のサラリーマン時代は映像関係で、
残業代も付かなければ、時間も関係なく
徹夜続きのこともあれば、
1日4時間くらいで帰ることもあった。
旅行で一週間から10日ほど休むことも
自由だったので、有り難かった。

ただし、当時の周りのゲイの友人たちは
とにかく拘束時間が長い、仕事もないのに
ダラダラ会社にいるオッサンが
いるので帰ることが出来ない、だとか
たまに仕事がなくなると、
飲みに行くぞ、とキャバクラに誘われる、
おまけに給料はあがらない、と
結構ブツブツ言っていたものだ。

そういう意味では、仕事のやりかた、
ルールが変化し、とっても良いところと、
それでも問題も生まれてくる。

仕事の半分は自宅で仕事をしていても
OKという人も数多くいるようで、
本当に時代は変わったなあと思う。

いずれにしても、多くのことが
変化していく2019年、春なのだ。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 15:27| Comment(0) | 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

六本木の夜

休みの日に、飲みに外に出かけることは
ほとんどないのだが、
昨夜は友人に誘われて、
ぶらっと飲みに出かけた。

それも六本木だ。
70歳になるストレートのマスターが
やっている素敵なバー。

彼は食道癌を宣告されているけれど、
素晴らしい音を奏でるスピーカーから
自分の好きな曲をかけながら、
死ぬまで飲み続けるぜ、と
お客さんと共にグラスを傾ける。

そこにはトム・ウェイツから、ジョニ・ミッチェルから
初期の桑名正博のバラードまで流れる。

18508387.jpg

もう80になろうとしている
ちょっとニューヨークのラ・ママに
いるようなおば様や、
漫画家だと言う年齢不詳のおじさん
(絶対、僕よりも年下だ。笑)もいたり。


そんな中で、出会ったのが52歳の
破天荒なとあるカラオケバーのマスター。
今の店に行きつくまで、数件の店を
やっては移り、と繰り返しているのだそうだ。

そもそも、17歳の時に年齢を誤魔化して、
歌舞伎町のホストクラブで働き、
そこから30年ほど、
ホストをやっていたのだとか。

彼の生活の最も重要なことは、
女性とのセックス、もしくは
マスターベーションだと言う。

今まで交わった女性は、1000人は下らないと言うし、
セックスがない時は、1日、2度か3度は
自分でやるのだと。

僕の店で、あまりノンケの人の性生活を
聞くことはないけれど、ゲイじゃないのに、
こんな人はいるのだ、とビックリした。

確かに、性に奔放なのは、ゲイだけじゃない(笑)


彼の話で面白かったのは、
自分の店に行く途中、ラジオの取材だと声をかけられ、
「何について?」と聞くと、取材を受けてから話すと
言われ、店に呼んだら
「いい歳だけど、チャラく見える人の取材だ」と言われ、
腹がたつけれど、確かにそうだなあと
爆笑していた。

確かに派手な色使いの装いで、
ほぼ毎日のように警察の不審尋問に合うようだ。

性的にはかなりの破天荒な日々を送って来たけれど、
ドラッグはもちろん、警察にお世話になるようなことは
絶対やらないのがモットーだ、と。
10代でお酒を飲んでいたということ以外、
あとはクリーンに生きていきたいのだと。

そんなこんなで、すっかり
ノンケ飲みになった夜だったけれど、
とても楽しい一夜だった。
こういう日もあっていい。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 18:25| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

平成を振り返る

昨日は、元号が変わったということで
メディアのフィーバーぶりは凄かった。
テレビ各局が、ほとんどその話題。

昭和天皇が崩御し、平成に変わった時は、
事態が事態だっただけに、
もう少し厳かだったけれど、
今回は結構お祭り騒ぎ。
決して悪いワケじゃないけれど、
僕にとって、元号が変わるというのは
特に何ら感慨深いモノもない
というのが本音だ。

新元号の「令和」
「令」について、安倍首相が色々と話していたが、
やはり個人的には「人に何かを命じる」という意味や
「きまりごと。おきて」というような感じは
否めなかったりする。
まあ、出来る限り、ネガティブに取らず、
良い形で受け入れていこうとは思うけれど。

さて、自分にとっての昭和がどうだったか、
平成がどうだったか、と考えてみると、
どこが昭和でどこが平成なのか、
年表などを見てみないと
なんとも言えなかったりする。
それくら曖昧であり、元号で考えること、
ということに不慣れだったりするからかも知れない。

jiji_obuchi_heisei.jpg


改めて年表などを見てみると、
僕の場合、圧倒的に映画や音楽で
平成という時代を測ることになる。

平成元年の邦画を見ると
「魔女の宅急便」が公開され、
「ドラえもん」の映画版も
この年から公開されたらしい。
今でも記憶に残る邦画のヒット作というのが
この2本のアニメというのもちょっと悲しい。
洋画では「ダイ・ハード」で
まだ知られていなかったブルース・ウィリスが
タンクトップでビル街を駆け回り、
「カクテル」で、若きトム・クルーズが
派手なバーテティングを見せた。

JPOPに目を移すと、
プリンセス・プリンセスが年間チャートの
上位を占め、そのうしろを
工藤静香やWinkが埋めていた。
思えば、この頃のヒット曲はまだまだ
僕の耳にも馴染深い。
でも、この数年先になると、日本のヒット曲は
もうわからなかったりする。


平成に変わった時は、僕はもう32歳。
だから昭和と平成を、
ほぼ半分ずつ生きていた計算となる。

32歳と言えば、バブル真っ只中。
まさか数年後、崩壊するなどと思いもせず、
驚くほどの消費文化の中だったし、
僕が最も新宿2丁目に通っていた頃かも
しれない。

そしてこの時期あたりから、
僕のゲイ・アイデンティティというのが
大きく変化し出したのかも知れない。

自分がゲイであることが嫌で、常にクローゼットで、
出来る限り誰にもわからないようにしていたのが
今思えば昭和の僕。

そう考えれば、偶然にも平成の幕が切られた
その頃から、ゲイである、という確固たる
自覚をもった僕が生まれたのだ。

そういう意味では、平成というのは
僕にとって非常に意味が
あったの時代なのかも知れない。

令和という時代を僕自身が
どれくらい生きるかはわからないけれど、
さらに新しい自分を見つけ、
成長出来ることを願いたい、そう思う。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 13:56| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

2019年 店内お花見パーティ

昨日は、先週末の寒い日とは違い、
昼間からどんどん気温が上昇。
東京の満開の桜ということで
素晴らしい花見日和となったようだ。

うちの店ではここ数年は、
店内に桜を飾り、
明るいうちから夜にかけて
飲み放題イベントをしており、
昨日もおかげさまで盛り上がった。

IMG_8714.jpgA242F8BB-8CC5-4B92-8486-176E9D48D3F8 5.JPG

持ち寄りのパーティということで、
うちの店で準備したフード以外に、
それぞれが食べ物を色々
持って来てもらうことも
みんなの楽しみのひとつでもある。

おにぎりや、炊き込みご飯、お寿司などの
炭水化物もあれば
焼き鳥や、炒め物、
そしてデザートやたい焼きまで。

また、今年は、スタッフのマサヤが
手伝ってくれるということもあって
Saku Saku Monday名物の
カラオケが加わり、
今までのパーティよりも
さらにお花見っぽい宴となった。

毎年、このパーティや、夏のフェス、
そして周年パーティなどでいいなあと思うのは、
月に1度来てもらえるかどうかの
古い知り合いや、昔の常連、
もちろん最近の常連のお客さんたちが
一同に介し、再会したり、
新しい出会いがある、ということだ。

それほどイベントをするワケではないけれど、
こういう時間は大切にしたいなあ、
そう思う春の一夜だった。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 14:54| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする