2019年03月13日

松任谷由実 Time Machine Tour 2019 を観る 

評判の良い松任谷由実の今回のツアーに
やっと行くことが出来た。

IMG_8612.jpgIMG_8616.jpg

僕は高校三年の時、まだ彼女が荒井姓だった頃、
「コバルト・アワー」のライブを
大阪のサンケイホールで観たのが最初だった。

それから随分あけて「DA・DI・DA」の
ツアーを日本武道館で、それからは
ほとんどずっと観続けていた。
伝説の逗子のライブや、
苗場のライブも含めて。

しかし、ここ2枚のアルバムのツアーには
残念ながら、行くことができず、
これはWOWOWで
楽しませてもらった。

僕が彼女の熱狂的ファンなのか
どうかはともかく、
作詞家、作曲家としての彼女は
高く評価させてもらっている。
ファーストアルバムの「ひこうき雲」からして
素晴らしく、その後、どれほどの名曲を
作り出してきたか。

彼女の歌がひどい、声はあり得ない、
という人もたくさんいるけれど、
あれらの名曲の数々を、他の人が歌っても
何故か、彼女ほどしっくり来ないのだ。

いかに、彼女のあの不思議な声質が
彼女の作る楽曲を表現するのに
ふさわしいのだ、僕はそう思う。


さて、今回のツアーは"Time Machine Tour"と
題されただけあって、過去45年分のライブの
集大成ともされている。

それだけあってか、彼女のかつてのライブで
ここまで完成度が高いモノを
僕は観たことがない。

もちろん、今までだって、他のアーティストが
決してやらないようなお金をかけまくった
彼女のステージは山ほど観た。

しかし、今回のステージの構成、
それはライティングや装置、キャストも含めた
演出は決して無駄がない。
飽きない、退屈しない。
そして何よりも、あらゆるアートが
ぎっしりと凝縮され詰まっている。

それも全28曲、2時間半を超える。
これは過去のセットリストを見ても
最長のようだ。

それにしても、65歳という年齢を
超えて、ここまでのパフォーマンスを
やってのけるユーミンという人は
本当に凄い。

「今回のライブは集大成的なモノで
これで引退かと思われたりするけれど、
まだやりたいことはいっぱいある。
まだまだ頑張る。」
アンコールのMCで彼女はそう言った。

そう。年齢ではないのだ。
やりたいという気持ち、
求める心なのだ。

少しだけ年下の僕も
今回のステージを観て、
まだまだやりたい事、やれる事が
山ほどあるのだ、そう胸に言い聞かせた。

今回、改めて松任谷由実という人を
心からリスペクトした。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする