2019年03月10日

タクのこと

今まで店を手伝ってくれるスタッフが
最初に入ってくれた日に、
必ずと言っていいほど
僕はこのブログに、
そのスタッフのことを
書くのだけれど、不覚にも
最も新しいスタッフのタクのことを
書くことがすっかり抜けていた。

IMG_3812.jpg

僕が彼と面接をし、
その当日に、そのまま入ってくれた、
という今までにはない
流れだったからかもしれない。

タクは2年ほど前に、店に来てくれた。
深夜に来てくれたりしては、
関西出身で、父親以外の家族には
カミングアウトしているということ、
学生時代に起業したりしたこと、
ジャズ・ドラムを叩いたり、
クラシックや古いJポップを聴いたり、
この若さ(29歳)にして、
好奇心旺盛なことも耳にした。

そういう中、去年の夏だったか
スタッフが何人か立て続けに
入れなくなったこともあり、
「もし良ければ、手伝わせてもらいますよ」と
タク自身から言ってくれた。

それではゆっくり話をしよう、
と言ったのだけれど、彼の事情もあって、
その話は宙に浮いたままとなっていた。

それから数ヶ月経ち、年末に来てくれた時に、
仕事を変わって大変だったことや
本人の体調のことがあって
あのままになっていたことを
謝罪し、改めて手伝いたい、
そう言ってくれ、
とても嬉しかった。


そんなタクが店に入ってくれて
ふた月が過ぎようとしている。

先週、彼は実の弟と
二人で店を訪ねてくれた。
タクは兄と弟の三人兄弟。
それぞれが、きちんと
タクのカミングアウトを
受け入れてくれている。
そんな弟はまだ27歳という若さで既婚者。
関西から出張で出てきたようだった。

タクの初恋の相手は、
弟が知っている相手だったという話は、
兄にカミングアウトされた時に、
弟はやっぱりそうだったか、と思ったことなど
ニコニコと笑顔で話す20代の二人。

そっか。時代は本当に変化しているんだなあ、
そう思うと共に、それでなくとも
疎遠になりがちな仲の良い兄弟の姿を見て、
ホントに良いなあ、そう思った。

タク共々、今後とも
Bridgeをよろしくお願いします。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F







posted by みつあき at 15:56| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする