2019年03月09日

土木系に萌える

昨日来てくれていたマサオ、シュウジの
ひと回り違うカップル。
シュウジは33歳なのに、
なんと二十歳の時の子供ということで
お父さんは53歳!という若さ。
僕より全然若くて、めまいがしてくる。

お父さん、まだバリバリ仕事しているんだよね?と
尋ねると、土木関係で現場に出ていて
元気です!
と言うから、ええっ!エロ!という言葉が
客席のあちらこちらから。

爽やかシュウジは「え〜?僕は全然」と
言うけれど、土木の現場系に
男っぽさやエロさを感じる、というゲイは
圧倒的に多い。


そんな話を深夜遅くに来てくれたナオミチ君に
していたら、彼はかなりのマニアだそうだ。

実は昔、鳶職のアルバイトをしていた時に
そのおやっさん(40代後半だったらしい)が
自分の部屋で飲もうと誘ってくれたことが
きっかけだったと言う。

おやっさんの部屋には、汚れた作業着、
地下足袋(今はほとんど履かないらしいけれど)
ヘルメット、そして工具類が山ほど。

ほど良い雄臭い中で、毎日深夜に
二人で盛りあったらしい。

おやっさんは、エロのために土建業に
入ったというツワモノで、
結局、そうはならなかったナオミチ君は
リーマンをしながらも、そういうグッズを集めたと言う。
夜にわざわざはそういう格好に着替え、
公園に行ったりしていたらしい。

ナオミチ君にとって、現場で使う工具は
もうSM道具みたいなモノ。
触っているだけで、
下半身がムズムズするらしい。

鳶フルハーネス.jpg

「ニオイ」というのも彼にとって重要だそうだ。
ほどほどの汗臭さと、男臭さ、
「臭いだけは無理」という人には
この快感はわからないと思います。

そう断言しているのが、
なかなか腹が座っていていいなあと思った(笑)

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F






posted by みつあき at 18:28| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする