2019年03月04日

32年ぶりの来訪

今回、タイトルに書いた「来訪」というのは
うちのお店に、というワケではなくて
(そりゃそうだ、うちの店は32年もやってない)
僕が、あるお店に来訪したのが、
32年ぶりだったということだ。

それが僕が生まれて初めて行った「サクセス」だ。

僕が一番最初に新宿2丁目という場所に
行ったのが25歳の時。
それこそ、まだゲイ業界の右も左も
わからなかった時に、映画館で知り合った
(そして初めて付き合うことになった)人に
連れて行ってもらったのが、
その「サクセス」だった。

1387088306793.jpg

連れていってくれた人の同い年の親友が
マスターをやっているということだった。
今の場所ではなく、
今はその道さえなくなった路地にある
ビルの2階だった。

忘れもしないのは、行った当日、
まだ10時前後なのに、
看板の電気が消えており、
下から声をかけると「やってるよ」と。

上がると、誰もいない店のカウンターの外に
マスターのゴンちゃんがうつぶして泣いていた。
「どうしたの?」
僕の元カレが聞くと、「男にふられた」と。

まだ店を初めて1年目か2年目だったんだろう。

それから僕は元彼と別れてからも、
一人で、もしくはその後出来た友人たちと
あの店に通った。
店は平日もいつも大盛況で
若い人を中心にお客さんで溢れかえっていた。

あとにも先にも、ゴンちゃんの
あんな場面を見たのは最初で最後。
その後、その日の話をすると
「そんな事はない」と一点張りだった(笑)

それから何年か経ち、ゴンちゃんは
アルバイトだった
ケンジ君(今のマスター)に店を譲り、
長い休養に入った。

それくらいから僕もすっかり
サクセスに行かなくなってしまった。


そして先週の土曜日。
店の最後のお客さん二人と話をしていて
サクセスの話が出た。
僕が是非行きたい、ということで
突然、お店にお邪魔することになった。

ケンジ君は、なんと僕を見て
すぐに僕だとわかったようだった。
驚くとともに、嬉しかった。
当時22、3歳だったケンジ君も
面影もきちんとあり、若々しかった。

なんと来年で40年にもなるのだそうだ。
ケンジ君になって、32年。
そう。僕は32年もの間、
店に行っていなかったのだ。

当時のマスターゴンちゃんは
沖縄に移り住んでいることは聞いていた。
去年、再会した僕の元カレと一緒に
今年あたり、ぶらりと尋ねようなんて
いう話も出ている。

ともあれ。土曜日は、もう朝がただったので、
ものの1時間ほどだったけれど、
とても喜んでもらえたし、
僕も本当に楽しく、本当に良い時間を過ごせた。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 15:01| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする