2019年02月21日

インド9日目 ニューデリー最後の夜へ その2

さて、あまりにグチャグチャな
コンノート・プレイスから
初めての地下鉄に乗って、
グルガーオンという地域にある
噂のエンターテインメント・ショウのある
"King og Dreams"に出かけることにした。
この中心地から、駅は約20個目。1時間弱だ。

コンノートン・プレイスの地下鉄駅は
雑然とはしているけれど、
自動販売機でのチケット(コイン)の買い方も、
地下鉄の乗り方も、わかりやすかった。


IMG_8431.jpegIMG_8460.jpg

バスよりもちょっと高いせいか、
(と言っても、日本円で100円弱)
車内は綺麗だし、人々も落ち着いている。
なんと携帯充電器さえある。
ニューヨークなんかより
ずっと綺麗で整然としている。

IMG_8461.jpgIMG_8482.jpeg

さて、駅はIFFCO Chowkというところ。
IMG_8472.jpeg

駅周辺はまだ明るいからともかく、降りて現地に
向かうまで、さびれ切っていて、
こんなところに、そんな場所があるのか!?

インドに着いてすぐにここに来ると
かなりビビってしまうかも。
僕は結構慣れたので、
気分的には大丈夫だったけれど。

さてさて、キング・オブ・ドリームス。

IMG_8474.jpg

ここに入るまで、人はいるの?と
思ったけれど、地下鉄で来ている人は少なく、
(と言うか、いたのか???)
むしろ、車で来ている家族が多いようだ。

さて、ここが何かと言うと、
ボリウッド・ミュージカルを
いくつかやっている大劇場と、
お土産屋とレストランが一緒になっている
お台場のヴィーナスポートのような場所の
総合施設として、構成されている。

IMG_8478.jpgIMG_8481.jpg

ここで食べたパッタウムという
お好み焼きのような食事は
安いながらに美味しかった。
まあ、お菓子のようなモノだけど。

IMG_8480.jpg

さて、もちろん、目的は劇場。


演目はいくつか交代でやっているよう。
まさか、インドに来てミュージカルを観るとは
思ってもいなかったけれど、その中でも
最も評判が良い「ザングーラ」という
勧善懲悪のジプシーの勇者が
王子になるまでを描いたを
モノを観ることにする。

IMG_8473.jpg

すべてがヒンドゥー語なので、
話はまったくもってわからず。

でも、悪代官とお姫様が出て来て、
ボリウッド映画さながらの派手なアクションと
50人から成る群舞のシーンで見せまくる。
人海戦術である。

zangoora3.jpg

見どころはやっぱりダンスで、
マッチョな小人症の役者を中心に添えた踊りは
やんや、やんやの拍手喝采。

宙吊りもあれば、客席へ降りてきてのダンス、
お姫様の身体が浮いていく、というマジックもある。
さすがエンタメ帝国である。

派手な作りでとても楽しいのだけれど、
ブロードウェイ三昧している自分からすると
いくつか難点が・・・。

まず、歌がすべて口パク。
そしてオケではなく録音。

あれだけ踊りながら歌うのだから
口パクも仕方なかったり、
毎日上演しているから
オケは使えないのもわかるが、
それをブロードウェイや、ウエストエンドは
きちんとこなしている。
まず、この違いはかなりデカイ。

あと、劇場が大き過ぎること。
舞台自体の横幅も、
なかなか東京でもないほどデカい。
ブロードウェイなんかでは
ここのような舞台の広さはまずない。
椅子も立派で前の椅子との幅も十分取られているけれど、
舞台から遠いし、いくら大人数で
見せてくれていても、
これだけ広い劇場ではチマチマとしか
見えなかったりするから物凄く残念。

そう思うと、ブロードウェイというのは
舞台が小さくて、その中にギッシリ
完成度の高いモノが作られているから
本当に凄いと思う。

と、まあ、それなりの残念さはあったとしても、
インドでミュージカル自体を
観られたのはとても良かったし、
良い思い出になったことは確かだった。

19時からの舞台は21時半には終わり、
23時前にはホテルに着いた。
さすがにお腹が空いたので
ルームサービスを頼んだけれど、
結構大きなBLTサンドイッチと
ビール2本で1500円くらいとは
やっぱり安い。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 23:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド9日目 ニューデリー最後の夜へ その1

実質、これを書いている21日木曜日が、
日本への帰国日。
それも夜出発のため(日本には金曜日の朝、到着)、
今日、まだ一日あるけれど、
とりあえず、昨日(水曜日)が
インド最後の夜となった。

インド到着後、ニューデリーに入ったのは夜。
ご存知のようにホテルでの
ちょっとしたトラブルがあり、
翌朝も早かったので、
観光はまったくしていなかった。

というワケで、昨日はまずインド門に。

IMG_8400.jpeg

フランスの凱旋門は、軍事的な勝利の象徴だが、
インド門は、第一次大戦で戦士した
兵士たちの慰霊碑だそう。

それにしても、さすがに観光客多し。
このあと、行った国立博物館や
コンノート・プレイスのショッピングモールなども
観光客で溢れかえっていたけれど、
面白いことに、最も多いのがインド人
(当たり前と言えば、当たり前か・・・)。
たぶん、広いインドの地方から来た人などが
押し寄せているんだろう。

そして白人や黒人、中国人、韓国人・・・
僕が歩いていると「コニチハ」とか
「日本人デスカ」とか声をかけられるのだけれど、
僕自身は、日本人をこちらに来て
一度も観たことがなかった。

たまたまなんだろうけれど、
ここ何年も海外に来て、
昔に比べて本当に日本人旅行者は
少なくなったなあと。
僕が来ている場所が、日本人が
来にくいような場所だからなんだろうけれど。

さてさて、インド門から歩いて10分ほどの
ところにある国立博物館。

IMG_8406.jpeg

仏像や彫刻、神像や民族衣装など
これでもかとインドづくし。

お馴染みの象の顔をしたガネーシャを
表現したモノが多い。
現生の利益をもたらす、という意味じゃ
いかにもインドの神様だ。

Ganesha_with_mouse01.jpg

讃えられると言うよりも、
キャラクターとして人気があるようだ。
見慣れないとちょっと不気味なんだけど、
見慣れてくると、確かに可愛かったりもする。

さて、街の中心地、コンノート・プレイス。

ここまではバスで行ってみたが、
5ルピー(10円弱)とはさすがに安いし、
それなりに観光客も乗っていて
特に問題はなかった。

この周辺は本当に混沌としていて、
高級ブランドのお店があれば、
露天商もいっぱい、
インド人たちが集まるモールも山ほど。
映画館もあちらこちらに。

と書いている時間が、さすがにもったいないので
ホテルをチェックアウトし、
これから最後の散策を楽しんできます。

この続きの「その2」と、今日のブログは
空港か、機内から。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 13:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする