2019年02月28日

地方都市の既婚者ゲイの悩み

昨日で二度目、という
僕と同世代の地方都市から来てくれた
大学の先生をやっているタケモトさん。
彼は既婚者であり、もうとっくに
成人している二人の息子がいる。

今の20代、30代は確かに
変わってきているものの
地方都市に暮らしている50代以上の
ゲイ男性の多くの生き方は
こういうモノかも知れない、
そうタケモトさんは言う。

とは言いながらも10年ほど
「既婚者でもいい」そう言って
付き合ってくれた元カレもいた。
しかし、色々あって、別れを告げられた。

別れて数年後、地元とは
まったく違う場所で
バッタリ会ったこともあった。
その時に、もう一度付き合って
もらえないか、と頼んだがダメだった。

今後、もう男と付き合うことはないだろうな、
そう思いながら、奥さんとの二人の
家庭を大事にしていかなければ、
とも思うタケモトさんらしい。

そんなタケモトさんには
新しいちょっとした悩みもある。

それは、来年度、自分の学校に
トランスジェンダーのM to Fのコが
入学する、という話を聞いたからだ。

トイレや、体育の授業の着替え問題なども
そうだけれど、LGBT当事者の自分が
どういうふうに対処していくか、
ちょっと頭を抱えることだ、そう言った。

僕としては、彼女がトランスであろうが
何であろうが、他の男子生徒、女子生徒と
同様に接していくことが大事だと思う。
学校側やタケモトさんが「特別なこと」だと
思うことこそ、その事実を大きな問題に
してしまうことじゃないか、
そんな話をしていた。

そんな話をしていたら、
たまに来てくれるトランスM to Fの
カオルが店に入って来てくれた。

この続きは、明日のブログで。

既婚者ゲイを描いた小説、映画で
ちょっと思い出すのが「きらきらひかる」
ただし、タケモトさんのケースとは
まったく違う展開となるのだけれど(笑)

51hVwT74xCL._SX352_BO1,204,203,200_.jpgUnknown-1.jpeg

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 12:58| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

LGBTをめぐるいくつかの訴訟

僕がインドへ行っている間に、
友人カップルが国を相手取って、
同性婚訴訟を行ったことは
大きくニュースでも取り上げられた。

友人カップルは13組のひと組として
提訴へと踏み切ったのだった。

友人はインドにいる僕に
「今回の訴訟は、
自分の人生で一番大きな出来事だった。
これに出たことで、神様に会った時に、
地上で何をしてきたかと聞かれて、
答えることが一つ出来たことが
誇らしい」とメールをくれた。


僕が若い頃、同性同士が結婚することなど
まったく想像したことがなかった。
むしろ、男同士で恋愛する、なんていうことでさえ、
タブー中のタブー。
誰もそういう事実を
教えてもくれなかったし、
自分の中でも「ただの変態だ」と思い悩んでいた。


今日は、一橋大学のゲイのアウティング事件
(友人たちのLINEグループでゲイだと漏らされ、
大学側に相談したが、適切な対応をされず自殺した事件)で
亡くなった彼の遺族が大学側に起こした訴訟判決が出た。
残念ながら、大学側の否は認められなかったようだ。

これについて、今朝がた、
うちの店に来てくれるゴンが
以下の記事を書いていることを教えてくれた。


上にも書いたように、僕自身、
高校や大学の時に、
誰にも相談も出来ず、
暗い時代を過ごしていた。
その時に、同様なことがあったとしたら、
どうだったんだろうか。
自殺する勇気はなかったとは思うけれど、
相当な人間不信と、辛い日々を
送ったことは間違いないと思う。

自分が同性愛者だということを
決して人に話すことなく、
それでもそれなりに幸せである、
そう思う人もたくさんいる事は知っている。

今さら結婚しろ、と言われることもなく、
ほぼ悩むこともほぼなく、好きな人とセックスをして
それでいいじゃないか。
それで十分幸せである。
そういう声もあるし、
それが問題だとも思わない。

ただ、胸に痛みを持つ人たち、
また、異性愛者と同じ権利を持ちたい、
そう考える人たちも、同様に幸せを
感じる理由はある。僕はそう思う。

The_Case_Against_8.jpg200.jpg

画像は、全米で行われた同性婚裁判を描いた映画
「ジェンダー・マリアージュ」
この舞台劇に、ブラッド・ピットや
ジョージ・クルーニーが出演したとモノも
youtubeにあって、感慨深い。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 19:38| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

第91回アカデミー賞授賞式

2月の最終月曜日(現地は日曜日)は、
毎年、アカデミー賞授賞式だ。

僕が若い頃は、日本では生放送などなく、
辛うじて編集されたモノが数週間後の
深夜などにちらっと放映されたりした。

20年近く前は確かNHKのBSが放映。
そしてここ10年(15年??)ほどは
WOWOWが放映してくれるので
生で楽しみに観ることにしている。

3年前は店でライブビューイングをして
ワイワイと盛り上がったけれど、
去年からは月曜日、マサヤが
入ってくれたため、
去年から僕は月曜日が休み。
ゆっくりとうちで楽しむことが出来た。


さてさて、今回のアカデミー賞。
これ、という大本命がない、
ちょっと小粒な秀作、佳作が並んだ。

ここでも書いた「ROMA/ローマ」は、
オスカー前哨戦の多くの映画賞で
作品賞をとっていたけれど、
とにかくハリウッド映画ではなく、
外国語だということ。
そして何よりも、映画興行関係者には
評判が悪いNetflix制作だということが
たぶん取らないだろう、そう言われた。
そして、その通りになった。

ただし、僕が大好きなこの映画の
アルフォンソ・キュアロン監督が
監督賞を取り、
我らが「万引き家族」と闘った
外国語映画賞もこの「ROMA」が取った。

さあ、残った作品賞候補作の中で
次に下馬評が高かったのが
「女王陛下のお気に入り」。

病的なほど神経質、
かつ抜けている女王の
気にいられるために側近の女性二人が
戦い続けるという不思議な映画。
コメディ要素を取り入れながら、
いつものこの監督らしい
オゲレツかつ、どう捉えて良いか
という微妙な流れ。
これが全米の強い支持を得ているというのも
不思議だなあと思っていた。

しかし、栄冠は「グリーンブック」に。
これは、黒人がまだまだ差別をされていた
60年代を舞台に、アフリカ系のピアニストと
イタリア系アメリカ人の運転手が
全米を車で回っているうちに
多くの経験をする、というロードムービー。

僕は試写で観させてもらったが、
シンプルながらも強いメッセージがあり、
この作品が賞をとってのは
妥当だと思った。

けれど、今日になって、脚色賞をとって
大盛り上がりをした黒人のスパイク・リー監督が
「白人が偉そうに黒人を救っているだけの映画」
と文句を言っていたことを知り、
複雑だなあと思うばかり。

驚いたのが、主演男優賞も含めて、
今回の最多受賞となったのが
「ボヘミアン・ラプソディ」。
録音、音響はともかく、
編集賞は個人的には他の映画のほうが
ふさわしい気がしたけれど。

思えば、「女王陛下〜」「グリーンブック」
「ボヘミアン〜」それぞれが、LGBTが
描かれているモノだったのも面白い。

ともあれ、受賞スピーチはところどころで
泣かされたし、最も感動的だったのは
レディ・ガガとブラッドリー・クーパーの
デュエット。

Screen_Shot_2019-02-25_at_9.20.10_AM.width-800.png

まさかの「メリー・ポピンズ・リターンズ」の
ベット・ミドラー登場には驚いたけれど、
この二人には敵わなかった。
ガガは、本当に凄い歌手に成長した、
そう思わせてくれた授賞式だった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

「王様と私」ライブ・ビューイング

昨日、お客さんのジュンゴが、
この夏、ついに日本にもやってくる
渡辺謙、ケリー・オハラ主演の「王様と私」の
ロンドン公演のライブ・ビューイングを
観てきたと興奮してきた。

4281f50acfb5511c86e141033c3a5f9d781fc67a_large.jpg

僕も一昨日観たばかりだ。

それにしても、これがまさかの東京だけの
一劇場で、3日間だけ。それも全6回だけの上映。

これって、契約なんだろうか。
それとも、それほど売れる可能性がないだろうか?

僕はインドで東京の発売日を知り、
その発売時間にネットで予約したけれど、
その数時間後には完売になっていた。

そりゃそうだ。
よくよく考えてみたら、
この夏、この二人のキャストで
初めての日本公演をやる。
そのプロモーションに他ならず、
あまり回数をこなしてしまうと、
それで満足して、舞台を観に来ない人も増える、
という計算なのだと気がついた。(ほんまかいな。笑)

ただ、実際映画館でこれを観てみても、
さらに舞台できちんと確認したい、
観てみたい、と思うに違いない、
そう感じるくらいに良く出来た
ビューイングだった。

実際、僕も3年前に、NYの
リンカーンセンターでこの舞台を観たのだが、
その時よりも、ケリー・オハラも
渡辺謙もずっと良くなっていた。
オハラのオペラで鍛えた声には魅了される。
歌のアプローチ、その表現力も鳥肌モノ。
渡辺謙のギリギリ臭くならないという
そのメリハリの効いた芝居心も
大したものだ。

見事に作り込まれたセットデザイン、
そして明暗を微妙に計算された照明。
それも含めた総合的な
バートレット・シャーの演出。

ただし、僕が観たリンカーンセンターは
円形劇場で、舞台を客席が囲むようになっていた。
最初に到着した船が、客席に
突き出るようになったり、
客席の脇から出演者が登場する、
という演出だったが、
ロンドンや東京は舞台を
見上げる形になっているのが
ちょっと残念。

それにしても、オリジナルの持つ
古い封建的社会に縛られる王様が
アンナに寄って、少しずつ自分の考えを
変えていかざるを得ないその苦悩を
渡辺謙は非常に繊細に演じている。

残念ながら、映画館でのビューイングは
終わったけれど、夏の舞台は是非とも。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:31| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

ギャップ萌え

昨日、久しぶりに来てくれたセオ君と
その友人のエグチ君と、過去、
つきあった相手の話などをしていて
「やっぱりこういうタイプはダメだった」
とこぼしたりしていた。

セオ君は、自分のこと大好きで、
優越感にひたっているようなタイプがダメ。
エグチ君は、逆に卑屈でいつも
自分はダメなんだ、
と言っている暗いタイプはダメ。
二人は、真逆だということだった。

それで思い出したのが、
ずいぶん前にタレントのはるな愛ちゃんが
徹子の部屋に出た時の話。

彼女がすっごく好きになったジェントルな男。
でも、自分のことを彼は「はるな愛」だと
知らなかった。
どうやって、自分は元々は男性だったと
伝えようか。
ベッドインするまでに、伝えないと・・・

そんな思いで、ある日、告白したところ、
「ちょっと考えさせて」と言われた。
でも次のデートで「すべて受け入れる。
でも、僕のことも受け入れて」と
彼は言った。

SM趣味?それともゲイ?
色々なことを考えたらしい。

彼は、二人でいる時は、
出来るだけ、赤ちゃんにならせてくれ
(つまり、それだけ紳士な彼が
二人でいる時は常に「そうなんでちゅ〜」と
いう言葉を使わせて)
ということだった。

愛ちゃん自身、こんな自分を
一生懸命受け入れようとしてくれた
彼だけれど、いくら考えても
その赤ちゃんプレイ(それも二人で
いる時はいつもなんて)
は、さすがに乗ることが出来なかった。

middle_img_b788340d-9f95-4041-ab71-64af548232d2.jpg

自分を受け入れてくれた人を
自分は受け入れられない
そんな自分に落ち込んだ、という話だった。

さすがにいくら良い男でも
二人でいる時に、
常に「でちゅ」言葉とかは
やっぱりない、と僕が二人に話すと
「え?」とセト君。
「僕はそういうギャップ萌えがあるのでOK。
野郎系と寝たら、女になっちゃう時に
アガるのと同じ。」

ふううむ。
ギャップ萌えか・・・

「自分はせいぜい、ただのスポーツマンだと
思ったら、かなり学のあるインテリだった
というようなギャップかな」と言ったら
「そんなのギャップ萌えのうちに入らず、
誰もが好きですよ」と笑われた。

あなたにはギャップ萌えってありますか?

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:12| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

日常に戻って

11日間の旅行から、昨日の朝戻って、
さすがに機内ではまったく寝られなかったので
自宅で4時間ばかり寝て、
金曜日の店に出た。

そこには僕が旅行に行っていたことを
知っている常連や元スタッフもいれば、
まったく知らないお客さんもいた。

今さらながら「何故、
インドだったのですか?」と
尋ねられて、笑いながら「自分探し」とは
言ったものの、単純に行きたい国の
ひとつだったから、と言うのが本音。

インドに行くと、もう一度行きたいか、
二度と行きたくないか、のどちらかに
分かれるとよく言う。

基本的に過去に行った国の中で
もう一度是非行きたいかと問われると
それなりに限られては来るけれど
二度と行きたくない、
というような国は僕に限ってはない。

多少嫌な思いをした事もあれば、
日本人的には、こりゃないよ、と
思うこともある。

でも、その違いを比較的、
僕は楽しめるほう。
と言うか、それを楽しまないと
旅に出る意味がない、そう思っている。

僕の場合、日常を忘れるために、
またはストレス発散のために
旅行の選択をすることが
あまりないのだ。

だから海辺でのんびり、というのを
一週間しろ、と言われるとかなり苦痛だ。
2日なら、いいんだけれど。

僕にとっての旅の醍醐味は、もちろん
行く場所でのサプライズなんだけど、
と共に、人との関わりなのだ。

この前も書いたように、
今回、ゲイの人たちと
関わることがなかったけれど、
タージ・マハルや、ガンジス河を
案内してくれたガイドの人や、
空港でお茶を飲んだ青年など
さほど深くはない関わりの中でも
インドの人と日本人との違いを
少しだけ感じることが
出来たのは面白かった。

「インドにはこんなマッチョが
山ほどいたんですか?」

IMG_7770.jpg

そう聞かれて、
「いるんだろうけれど、
僕が見た中ではほぼいなかった。
どこにいたんだろう(笑)


そんな僕の旅行の話もさることながら、
お客さんの中で
ちょっとした出会いがあった話や、
頑張ってトライしていた試験が
受かった話なども聞きながら、
いつもの東京の日常が
踊ってきたことがホッとしたり、
何となく嬉しくなった一夜だった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 14:39| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

インド10日目 帰国の前に その2

さて、宮殿や寺院の周りのカオス。
チャンドニー・チャウク、と言われる
小さな店が細い路地の中にひきめしあい、
それは迷路のようになっている。
どこかで見たなあと考えてみると、
バンコクにもこういう露天商が
集まっている場所がたくさんあった。
IMG_8526.jpegIMG_8519.jpegIMG_8527.jpeg

その脇を、何台もの車やリキシャー、
自転車やバイク、そして人や牛や馬や犬が
ぐっちゃぐちゃに動いている。
あまりにも多過ぎて、どうしようもないので
それぞれが大音量でクラクションを鳴らす。
公衆便所もお店や人通りの中に
あったりするのも普通だ。

IMG_8546.jpegIMG_8544.jpeg

これを見ただけで、インドはもうこりごり。
二度と来るもんか、と思う人も多いのかも知れない。
特に日本ほど静かな道路は
世界でも例を見ないから、
そんな我が国から行くと、うんざりするだろう。


日本人の金持ちさえ手が出せないような
超が付くような金持ちと、生きているのか
死んでいるのか、わからないような路上生活者が
まったく同じ地域で生息している、というこの街。
そんなこの混沌は、僕の人生の中では
ほぼ経験したことがなかった。

疲れると言えば、疲れるし
面倒だと言えば、面倒。
でも、このエネルギーに満ち溢れた空間は
僕にとっては、何とも魅力的だった。

IMG_8558.jpeg

日本人と見ればどんどん声をかけてきて、
詐欺まがいなことを言われ、
とんでもない場所に連れて行かれる、
嘘八百で信じられない、
そんな話をネットや本で
嫌というほど聞かされてきたインド。

しかし、今回、僕に声をかけてきたインド人は
ほんの数人。
(リキシャーに乗らないか、という運転手は別。
それでもキューバよりも少なかった。)
そんな数人を除けば、イヤな思いは
まったくしなかったし、
むしろ、ちょっと道を聞いたり、
モノを尋ねたりした学生や女性、
警察官など、笑顔で丁寧に
教えてくれたりした。

特にバスや電車に乗って、ここで降りたい、と
僕がスマホを見せると、次だよと教えてくれたり
する優しい人はとても多かった。

加えて、他国で見られるような
怒鳴り合いや罵声、のようなモノを
僕はインドで見ることはなかった。
比較的、穏やかなキャラクターなのではないか
僕は勝手にそう思った。

IMG_8520.jpegIMG_8522.jpeg

色々な意味で、
たまたま、僕が付いていたのかも知れない。
でも、11日間の旅の中で
ネガティブな気持ちになることがなかった事は
心から感謝したい。


何よりも、一番不安だったお腹を壊す、
ということがまったくなかったのは
僕にとって本当に有難く、
これは奇跡だと言っていい(笑)。

日本でも、ちょっと油モノを食べたりすると
すぐにお腹を壊すにも関わらず、
むしろ東京にいる時よりも
快便だったりしたのだ。

水や食べ物に、それなりに気を使っていた、
ということもあるけれど、
最も大きかったのが、アルコールを
それほど飲まなかった、ということかも知れない。

日本だと仕事柄、週末などはついつい
飲み過ぎてしまう。
しかし、前にも書いたように
インドはホテルで夕食時などに
1、2杯飲むだけ。

他国へ行くと、ついつい宿泊する場所の
近くの店でアルコールを買って帰る。
でも、インドではなかなかそれが出来ない。

ルームサービスでビールを何度か
頼んだけれど、1本飲むと
疲れているせいか、横になるとすぐに寝てしまう。

そういう旅だったからなのかも知れない。

そうそう。
今回の旅ほど、ゲイの世界と無縁だったことも
僕としては珍しい。
12億人以上もいる、というインド人の中で
他国と同様、山ほどゲイの人たちも存在しているんだろう。

いつもなら、ゲイの人がやっている
B&Bなどを利用したりもするけれど、
今回ひるんでしまったことは、
少しだけ後悔している。

たぶん、お世話になっていたら、
あちらのゲイ事情を知ることが出来ただろう。

まあ、でもこれをきっかけに
また是非、この地に戻ってきたい、
そう思わせてくれたので
その日をまた楽しみにしようと思う。


正直、毎日このブログを書く1時間を作るのは
それなりに大変だった。

特にこんな文章を楽しみにしている、という人が
どれくらいいるかは、わからない。
でも、営業をスタッフに任せ、
僕がいると思って来てくださったにも関わらず、
がっかりされたりするお客さんがいる、
そんな東京の店の現状を思うと
せめて、このブログを書き続けることが
旅行中、僕が出来る唯一のことだった。

と言うか、もうそろそろ老いぼれてきているので
備忘録として、自分のためにもなるから、いいかと。



それにしても、最後の最後に長々と失礼しました。
深夜に飛んでいる機内で
ほぼ眠ることは出来なかったけれど、
自宅で少しだけ休んで、
今日から元気に店に出ます。

また、よろしくお願いします。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 08:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド10日目 帰国の前に その1

前日のブログでは最終日の夜、と書いたものの、
昨日の帰国便が夜の20時20分だったため、
結局、昨日一日が実質、最終日となった。

思えば、僕が日本で入っているジムが
デリーでも何軒もある、というので
Googleマップで調べて行ってみた。

思えば、今さらだけれど、僕が
マメに海外旅行に出始めて、30年
その間に、世の中はインターネットに寄って
物凄く変わった。

とにかくどこに何があって、
そこにスマホひとつあれば
連れて行ってくれるワケだ。

それも、歩きか、タクシーか、
電車か、バスか、という事なども含めて、
的確に教えてくれる。

紙の地図だけを頼りに、
迷い迷っていたのが、つい10年少し前。
思わぬ場所との出会い(これ、意外と大切)が
なくなってしまったのは残念だけれど、
それでも、無駄な時間は大幅にカットされるのだ。


話を戻そう。
そんなワケで、ジム。
着いてみたら、これまた先日のレストランと同じく、
そこは数年前に「プロテインショップ」に
なってしまっていたようだった。
IMG_8515.jpeg

地図上でも、またGoogle先生も「営業中」と
書いてあるのにだ。
で、聞いてみると、そこから車で20分ほどの
ところにある同系列のジムも、他のジムに
買われてしまったらしく、
僕の会員証は使えないらしい。

インドのジムの様子を見たかったけれど、
こればかりは仕方がない。

それにしても、そのプロテインショップの並びは
何十軒プロテインショップがあったか。
こういう光景は、日本はもちろん、
アメリカでも見たことがない。
街でそこまでのマッチョを見ることもなかったけれど、
フィットネス人口はそれなりに多いのだろう。


気持ちを入れ替えて、
市内観光へと繰り出すことにした。

まず、アグラセン・キ・バーオリーという
14世紀に造られたという階段状の井戸。
これは住宅地のいきなり裏手にあるのだが
意表を突かれて、見応えあった。

IMG_8488.jpeg

その後、世界遺産になっている
ラール・キラー(赤い砦、という意味らしい)。
IMG_8495.jpegIMG_8500.jpeg

タージ・マハルや、アンベール城とは
またひと味違うこれまた広大な宮殿跡。

IMG_8502.jpegIMG_8506.jpeg

1640年代に作られたというこの宮殿も
1850年代にイギリスとインドの反乱軍に
よって、破壊されたらしく、
今、残っているのは、ほんの一部らしいけれど、
それでもゆっくり歩くと
たぶん何時間もかかる。

このあと観たジャマー・マスジットという
イスラム教の寺院もそうだけれど、
すぐそこには、ほぼカオス状態の
ニューデリーの街が広がっている。
しかし、一歩、足を踏み入れたら、
精神が落ち着き、歴史の中のひとつの時代に
すっぽりと入ってしまったような気になるのが凄い。

IMG_8536.jpegIMG_8537.jpegIMG_8540.jpeg

そうそう。この寺院に限らず、
インドの多くの寺院に入る時は
靴を脱ぎ、裸足にならなければならない。
そのあたりは、西洋の教会などとは違い、
日本のお寺と同じく、アジアなのだなあ、
そうしみじみ感じたりもした。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 08:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

インド9日目 ニューデリー最後の夜へ その2

さて、あまりにグチャグチャな
コンノート・プレイスから
初めての地下鉄に乗って、
グルガーオンという地域にある
噂のエンターテインメント・ショウのある
"King og Dreams"に出かけることにした。
この中心地から、駅は約20個目。1時間弱だ。

コンノートン・プレイスの地下鉄駅は
雑然とはしているけれど、
自動販売機でのチケット(コイン)の買い方も、
地下鉄の乗り方も、わかりやすかった。


IMG_8431.jpegIMG_8460.jpg

バスよりもちょっと高いせいか、
(と言っても、日本円で100円弱)
車内は綺麗だし、人々も落ち着いている。
なんと携帯充電器さえある。
ニューヨークなんかより
ずっと綺麗で整然としている。

IMG_8461.jpgIMG_8482.jpeg

さて、駅はIFFCO Chowkというところ。
IMG_8472.jpeg

駅周辺はまだ明るいからともかく、降りて現地に
向かうまで、さびれ切っていて、
こんなところに、そんな場所があるのか!?

インドに着いてすぐにここに来ると
かなりビビってしまうかも。
僕は結構慣れたので、
気分的には大丈夫だったけれど。

さてさて、キング・オブ・ドリームス。

IMG_8474.jpg

ここに入るまで、人はいるの?と
思ったけれど、地下鉄で来ている人は少なく、
(と言うか、いたのか???)
むしろ、車で来ている家族が多いようだ。

さて、ここが何かと言うと、
ボリウッド・ミュージカルを
いくつかやっている大劇場と、
お土産屋とレストランが一緒になっている
お台場のヴィーナスポートのような場所の
総合施設として、構成されている。

IMG_8478.jpgIMG_8481.jpg

ここで食べたパッタウムという
お好み焼きのような食事は
安いながらに美味しかった。
まあ、お菓子のようなモノだけど。

IMG_8480.jpg

さて、もちろん、目的は劇場。


演目はいくつか交代でやっているよう。
まさか、インドに来てミュージカルを観るとは
思ってもいなかったけれど、その中でも
最も評判が良い「ザングーラ」という
勧善懲悪のジプシーの勇者が
王子になるまでを描いたを
モノを観ることにする。

IMG_8473.jpg

すべてがヒンドゥー語なので、
話はまったくもってわからず。

でも、悪代官とお姫様が出て来て、
ボリウッド映画さながらの派手なアクションと
50人から成る群舞のシーンで見せまくる。
人海戦術である。

zangoora3.jpg

見どころはやっぱりダンスで、
マッチョな小人症の役者を中心に添えた踊りは
やんや、やんやの拍手喝采。

宙吊りもあれば、客席へ降りてきてのダンス、
お姫様の身体が浮いていく、というマジックもある。
さすがエンタメ帝国である。

派手な作りでとても楽しいのだけれど、
ブロードウェイ三昧している自分からすると
いくつか難点が・・・。

まず、歌がすべて口パク。
そしてオケではなく録音。

あれだけ踊りながら歌うのだから
口パクも仕方なかったり、
毎日上演しているから
オケは使えないのもわかるが、
それをブロードウェイや、ウエストエンドは
きちんとこなしている。
まず、この違いはかなりデカイ。

あと、劇場が大き過ぎること。
舞台自体の横幅も、
なかなか東京でもないほどデカい。
ブロードウェイなんかでは
ここのような舞台の広さはまずない。
椅子も立派で前の椅子との幅も十分取られているけれど、
舞台から遠いし、いくら大人数で
見せてくれていても、
これだけ広い劇場ではチマチマとしか
見えなかったりするから物凄く残念。

そう思うと、ブロードウェイというのは
舞台が小さくて、その中にギッシリ
完成度の高いモノが作られているから
本当に凄いと思う。

と、まあ、それなりの残念さはあったとしても、
インドでミュージカル自体を
観られたのはとても良かったし、
良い思い出になったことは確かだった。

19時からの舞台は21時半には終わり、
23時前にはホテルに着いた。
さすがにお腹が空いたので
ルームサービスを頼んだけれど、
結構大きなBLTサンドイッチと
ビール2本で1500円くらいとは
やっぱり安い。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 23:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド9日目 ニューデリー最後の夜へ その1

実質、これを書いている21日木曜日が、
日本への帰国日。
それも夜出発のため(日本には金曜日の朝、到着)、
今日、まだ一日あるけれど、
とりあえず、昨日(水曜日)が
インド最後の夜となった。

インド到着後、ニューデリーに入ったのは夜。
ご存知のようにホテルでの
ちょっとしたトラブルがあり、
翌朝も早かったので、
観光はまったくしていなかった。

というワケで、昨日はまずインド門に。

IMG_8400.jpeg

フランスの凱旋門は、軍事的な勝利の象徴だが、
インド門は、第一次大戦で戦士した
兵士たちの慰霊碑だそう。

それにしても、さすがに観光客多し。
このあと、行った国立博物館や
コンノート・プレイスのショッピングモールなども
観光客で溢れかえっていたけれど、
面白いことに、最も多いのがインド人
(当たり前と言えば、当たり前か・・・)。
たぶん、広いインドの地方から来た人などが
押し寄せているんだろう。

そして白人や黒人、中国人、韓国人・・・
僕が歩いていると「コニチハ」とか
「日本人デスカ」とか声をかけられるのだけれど、
僕自身は、日本人をこちらに来て
一度も観たことがなかった。

たまたまなんだろうけれど、
ここ何年も海外に来て、
昔に比べて本当に日本人旅行者は
少なくなったなあと。
僕が来ている場所が、日本人が
来にくいような場所だからなんだろうけれど。

さてさて、インド門から歩いて10分ほどの
ところにある国立博物館。

IMG_8406.jpeg

仏像や彫刻、神像や民族衣装など
これでもかとインドづくし。

お馴染みの象の顔をしたガネーシャを
表現したモノが多い。
現生の利益をもたらす、という意味じゃ
いかにもインドの神様だ。

Ganesha_with_mouse01.jpg

讃えられると言うよりも、
キャラクターとして人気があるようだ。
見慣れないとちょっと不気味なんだけど、
見慣れてくると、確かに可愛かったりもする。

さて、街の中心地、コンノート・プレイス。

ここまではバスで行ってみたが、
5ルピー(10円弱)とはさすがに安いし、
それなりに観光客も乗っていて
特に問題はなかった。

この周辺は本当に混沌としていて、
高級ブランドのお店があれば、
露天商もいっぱい、
インド人たちが集まるモールも山ほど。
映画館もあちらこちらに。

と書いている時間が、さすがにもったいないので
ホテルをチェックアウトし、
これから最後の散策を楽しんできます。

この続きの「その2」と、今日のブログは
空港か、機内から。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 13:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

インド8日目 チャンディーガル2日目

昨日がチャンディーガル最後の日。
とは言っても、とにかく
キャピトル・コンプレックスが
オープンする午前10時から、
デリー行きの便、15時半に乗る前に
空港に2時間前に着くために
ホテルを13時前には出なければいけない。

早々と食事とチェックアウトも済ませ、
バッグをフロントに預けて、
いそいそとキャピトル・コンプレックスへと向かう。

ただ、こういう時に、タクシーやリキシャーが
止まらない。と言うか、ほとんど通っていない。
ホテルからキャプトルまで歩いて40分ほど。
車が通らないか、道路を見ながら歩く、歩く。

それにしても、チャンディーガルという街は
僕が歩いた限りにおいては、本当に静か。

IMG_8365.jpeg

どこの街に行っても見た牛もヤギも、野良犬も
ほとのいない。
貧しい人たちの家屋は見かけるけれど、
ホームレスもほぼ見ない。
そして男性でターバンを巻いている人が
今までの中では最も多い。
調べるとシーク教徒がたくさんいるかららしい。

「インドで道を聞くと、教えられたのと
逆に行くと正しい」そう言われるほど、
詐欺まがいなことが多いと聞いたけれど、
少なくともチャンディーガルでは、
本当に道行く人たちも本当に親切だった。

IMG_8376.jpeg

さて、キャピトル・コンプレックス。
向かっている人が少ない。と言うかいない。
近くまで辿り着いて、案内所に行くと
「今日は祝日でやってない」と。

と言うことは、ル・コルビジェが作った
多くの建築物が見られない!?

もうあと数時間でデリーに行かなければ
いけないというのに。

頼み込んで、外観だけ写真を撮らせてもらう。
それも至近距離は無理だとポリスマン。

Capitol_High_Court.jpgIMG_8373.jpeg

調べてこなかった自分のせいだとわかっても
ただ、ただ虚しい。

「本当に申し訳ないです。
国の法律なんで」と何度も謝ってくれる
若い警察官は21歳。

いつか日本に行きたい、と言い、
一緒に写真、撮ってくれと。

IMG_8370.jpeg
日本の警察が外国人に絶対言わない言葉だけど、
若いからか、それともインドだからか。

それにしても、今日はロックガーデン
やっているのに、昨日早く
こちらに来れば良かったとも思うけれど、
こういうアクシデントは旅に付き物。

これで改めて、チャンディーガルには
また来たい、そう思わせてくれた。

キャピトルからホテルまでと、
ホテルのそばのセクター17という
ショッピングモールなどが近かったけれど、
特に欲しいモノはなかった。

そこではさっきは見つからなかった多くの
リキシャーでみんな寝転んでいる。
これを見ると、チャンディーガルもやっぱりインド。

IMG_8377.jpeg

あっという間に、飛行機の時間。
これまた、ON TIMEとか書きながらも、
搭乗口がどんどん変更し、
右往左往させられる。

昨日もデリーからホテルに着いたのが19時。
そこから意外と何もないホテルの外に出るのも
なんなので、ホテルのルームサービス頼んで
部屋で本を読みながら
今日に備えた。

いやはや。怒涛の一日だった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 14:16| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

インド 7日目 チャンディーガルでの一日

連日、バタバタと移動と観光が続いて
ちょっと疲れていたせいか、
一昨日は10時間ほど眠ってしまい、
目が覚めると朝の10時。

遅い朝食を軽く食べ、
急いでブログを書いたりしていると
11時を過ぎてしまっていた。

そこから、お客さんのタカヒサ君に
勧められたPanjabi Grillなるレストランで
ランチを、と思い、
初めてのリキシャーに乗る。

なかなかイケメンの兄ちゃんで、
ホテルから10キロくらいある道を
一生懸命走ってくれた。

ところが、その場所に行くと、
何だか不思議な感じが漂う。
特にいい感じのレストランでもなく、
コーヒーショップに
毛が生えたような感じなのだ。

中に入って聞いてみると、
Panjabi Grillは、
ひと月ほど前にクローズしたとか。
事前に調べると、Googleでは
営業中となっていたのに。
(でも、Googleはその店が取り下げないと
そのまま掲載されていることも日本でも多い)

仕方がない。
これからレストランを探して、
ゆっくりしているどんどん時間が
なくなってしまう!

ということで、ここが一番見たい!と
思っていた「ネック・チャンド・
ロックガーデン」なる場所へ行く。

ここも、タカヒサ君が是非とも、
と言ってくれたガーデン。

まず、中を見る前に腹ごしらえ。
Panjabi Grillでの美味しい食事とは
かけ離れているけれど、
ここのカフェで、豆のカレーとナンをいただく。
150円くらいだから、めちゃくちゃ安いランチ(笑)

さて、さて、ネック・チャンド・ロックガーデン。
今回のインド旅行のメインとなった、
と言ってもおかしくないほど楽しい
アート感溢れる庭園だった。
タカヒサ君には心から感謝。

IMG_8258.jpegIMG_8334.jpgIMG_8337.jpg

今回は言葉で伝えるよりも写真のほうが伝わるかと思い、
ここで撮ったモノをアップすることにする。

IMG_8338.jpgIMG_8336.jpgIMG_8339.jpgIMG_8271.jpeg

ここを創り出したネッド・チャンド氏が
まだ健在だった時に、
書かれた以下のファンドの頁。
かなり詳しく書かれているので、
これを読んでもらうと、
ここが造られた概要もよく理解できるし
ちょいと感動的だ。

http://nekchand.com/ネック・チャンド・ファンデーション

チャンディーガルの街自体が
まだまだ新しい場所でもあるし、
このガーデンもまだここ数十年のモノだけれど、
ここ数日で観た多くの宮殿、お寺などに
匹敵するほど、いやそれ以上に
僕の好奇心をくすぐった。

こんな風に現代アートと、街や公園が
がっちりと手を組むと、十二分に
素晴らしい観光地となるというお手本。
日本も頑張りたいものだ。


ここで3時間近く、楽しんでいて、
このあと、建築家コルビジェが作ったという
建築群を観に、歩いて20分ほどのところにある
キャピトルコンプレックスへ向かった。

到着すると、16時半。
ところが、「15時にクローズした。明日また来て!」
と言われる。
ええええっ!!!
明日は、またニューデリーに戻る予定で
あまり時間がないのに。

仕方がなく、こっそりと
コルビジェ作のオープンハンドの像まで行ってみる。

IMG_8346 2.jpeg

つい数百メートルには、あらゆる建造物があるのに
悔しい・・・。

泣く泣くホテルまで歩いて帰り、
さすがに疲れたのでホテルのレストランで食事。


夜は、部屋のテレビを観て過ごす。
こちらのテレビを観て思うのは、
ドラマにせよ、映画にせよ、
ほとんどがインドのモノ。
アメリカ映画も少しあるけれど、
少ない。

インドミュージックのチャートなど見ても、
ほとんど欧米の音楽がなくて、
そのほとんどがインド映画の音楽、
というのも興味深い。

そんな中で、インドのスポーツ
カバディの中継があって、
これがなかなか面白かった。

ボールも道具も使わず、
肉体がぶつかりあって、いかに
狙った選手にタッチするかというモノ。
何だかいやらしい!って、そこかよ(笑)

IMG_8363.jpegIMG_8352.jpeg

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 04:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

インド6日目 チャンディーガル到着

昨日は朝、ジャイプールの豪華ホテルを出て、
そこから空港へ。

このあとチャンディーガルへ向かうはずなのだが、
もともとデリー、チャンディーガルの往復の
チケットを買っていたので、
面倒ながらも一度デリーに入る。

デリーで2時間ほど中途半端な時間があり、
結局、空港で昨日のブログを書いていた。

なんだかんだで、チャンディーガルに着いたのが
17時前。
あっという間の1日。

Chandigarh-Airport-image-1518155804701.jpg

いつもならウーバーを呼ぶのだけれど、
チャンディーガルは、
ウーバーが発達していないのか、
まったく反応がないので、
仕方がなく、タクシーに乗ってホテルへ。

街並みは緑が多く、たまたまかも
知れないが、今まで行った場所よりも
遥かに人がうじゃうじゃといない。
街の中心部を通らなかったせいか、
クラクションや騒々しさもない。

Unknown.jpeg

聞くところに寄ると、チャンディーガルは
経済的にはインドで最も
豊かな地域らしい。

まあ、それでも中心に行けば、
凄い状態なのだろうけれど。
ここのスラムはまた凄いとも聞いているし。

何だか疲れたので、
ホテルでゴロゴロしながら、
明日の予定など経てながら、
食事をどうしようかと考える。

その前に、デリーにもほぼない、と
言われるゲイバーはあるかと
英語サイトで探してみた。
ホテルからほぼ近くに
"Blue Ice"というレストランバーがあり、
そこには日曜日(まさに昨日!)
ゲイのパーティが行われる、とある。

ただし、よくよく見てみると、2007年の情報。
まあ、どうであれ、そこまで10分ほど
歩いて行ってみる。

セクション17と呼ばれるこの地域は富裕層が
多いのか、(デリーは、ほぼまだ動いていないから)
今まで見たどの場所よりも、
欧米化が進んでいて、
夜にも関わらず、多くのブランドショップや
店が開いている。

IMG_8250.jpeg

その脇では屋台のようなところで、
多くの偽物が売買されているようなのも面白かった。

IMG_8252.jpeg

その"Blue Ice"は、そんなショッピングモールの
入り口にあった。

IMG_8251.jpeg

中に入ると、数組の家族連れ。
少なくとも、ゲイらしき人たちもいないし、
従業員も(カッコいい兄ちゃんはいたけれど)
特にゲイっぽさはない。

改めてわざわざ尋ねることもせずに、
インド風焼きそばを食べる
(こちらではベジタリアンが多いせいか、
必ず、鶏肉入りか
野菜だけかを聞かれる。)
写真は撮らなかったけれど、
これはなかなか美味しかった。

それにしても、インドの
ゲイの人はどうやって集い、
楽しんでいるのか。
今、流行りのアプリなんだろうか。

そんなことを考えながら、
このショッピングモールにあった
映画館で、21時から始まる回でも観ようかと。
でも、インド映画はほぼ3時間半くらい
あることを思い出し、断念。

IMG_8249.jpeg

デリーで1本くらい観たいもの。

ここ連日、一日2本のブログだけれど、
昨日はこんな感じだったので、今日はここまで。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:07| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

インド5日目 ジャイプールの1日 その2

ジャイプールは「ピンク・シティ」と
言われるほど、ピンクの壁や建物が多い。


その象徴となるのが、風の宮殿と呼ばれる
ハワー・ハマル。
IMG_8238.jpg

宮廷の女性たちを集めた宮殿で
顔を見られないように、
お祭を観るために、建てられたそう。

そんなワケでここは物凄い車の量と、
人で溢れかえっている場所にあって、
僕が撮ったこの写真でも、その騒々しさは
伝わってこない。

そうそう。とにかくインドは
どこもかしこもクラクションの嵐で、
過去行ったどの国よりも
クラクションを鳴らす。
日本で今話題のあおり運転とはまた違うけれど
とにかくちょっとでも追い抜こう、
前の車や人力車や人がノロノロしていたら
あおる、あおる!

そんな雑踏の中に、この
NYのアイアンフラットビルのように薄っぺらいのが
建っているのだ。

953もの小窓があるせいか、
風がよく循環する、ということで
「風の宮殿」と言われた所以らしい。


そこから歩いて5分のところにあるのが、
世界遺産になっている「ジャンマルタル」と
言われる大型の日時計と天体観測施設。

IMG_8151.jpegIMG_8152.jpegIMG_8158.jpeg

まるで現代アートさながらの建造物は
なんじゃこれと言う人もいるだろうけれど、
個人的には面白かった。

そう言えば、ここの入場料がインド人は
300ルピーなのに、
外国人は1000ルピー(約 1800円)
インドは物価が安いと言いながらも、
通常料金で楽しめないのは痛い。


さて、ジャイプールで最も良かった、と
思ったのがアンベール城跡。

IMG_8197.jpegIMG_8213.jpeg

これも世界遺産らしいけれど、
この堂々とした風格ある城と
その複雑に入り組んでいる宮殿内は
タージマハルよりも魅力的だった。

山々に囲まれる広大な城だけれど、
この城の入り口までの長い坂道が結構大変だった。
そこまで、象のタクシーと呼ばれる
象に乗って入ることも出来るらしいけれど、
昨日は見なかった。

建物内の細かい絵画や、彫刻もひとつ、ひとつ
見ていくと、その繊細さに胸を打たれる。
また迷路状態で、なかなか出口に辿りつけない。
IMG_8220.jpegIMG_8227.jpeg

思えば、僕が泊まったホテルもそうで、
難ありと思うか、どうかはともかく、
自分の部屋からフロントまで10分弱かかり、
迷えば20分もかかってしまった。
ま、それが楽しかったりもするのだけれど。

そんな3つの場所をのんびりと見て、
ウーバーで動こうかと思っていたけれど、
ジャイプールは安全そうなので、
初めてバスに乗り、ホテルまで帰ってきた。
バスの車掌の美人女性はものすごく優しく、
最初にホテルの場所を言うと、
2つ前の停留所を何度も丁寧に教えてくれた。

ホテルに戻り、美味しい夕食を食べ、
心残りなく、翌日のチャンディーガルへの旅のため、
早くベッドに入った。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド5日目 ジャイプールの1日 その1

ジャイプール。
当初、今回、予定に組み込んではいなかった。
それよりも、旅の中、一度だけの週末は
当初、デリーでゲイシーンを
楽しもうと思っていたからだ。

しかし、デリーのつもりで押さえていた
超豪華ホテル(しかもその時期だけ格安)が、
デリーから250キロも離れた
ジャイプールだと知ったのは、
旅行直前の数日前。

しかも、そもそも僕が通した旅行会社によると
(たぶん安く提供してくれるからか)
キャンセル不可とある。
とりあえず旅行会社に説明してみたが、
直接ホテルと交渉してくれ、と。
インドのこのホテルまで電話をしたら、
来られない理由を説明してくれ、と。

ホテルをデリーだと間違ってしまったと伝えるのも
なんなので、体調悪く行けない、と伝えた。
結局、ホテル側から出発前日にメールが来て
「病院からの診断書を送ってください」と。

なんじゃ、こりゃ。
高級ホテルだから、さくっと対応してくれると
思ったのに。

とりあえず、インドのゲイシーンは、
ほぼないのに等しく(イベントはあっても、
基本的にゲイバーはないようだ)、
それであれば、このジェイプールまで
足を伸ばして、豪華ホテルに泊まってもいいか、と。

店に来てくれている同世代のお客さん、
ショウさんも「前に泊まっているけれど、
素晴らしかった」とのこと。

というワケで、出発ギリギリに、
ベナレス→ジャイプール
ジャイプール→デリーのチケットを取った。
実はこの日曜日(まさにこれを書いている今日)
デリーからチャンディーガルに
移動する予定も入れていたので
いささかバタバタだ。

そんなワケで、一昨日の夜、
ジャイプールの到着。
説明が長くて申し訳ない。
さて、ウーバーで着いたホテルは・・・・


まあ、かつて観たことも泊まったこともない
凄いホテル!

そもそも宮殿だった場所を今から20年前に
改築して作られたようだった。

とにかく、広過ぎて、迷路のようになっていて
フロントから部屋に行くまでが大変だ。

「食事の時間がギリギリなので、
バッグは部屋に運んでおくので
もし良ければ、レストランに」
テーブルに通されたら、あまりの煌びやかさに
ため息が出る。
と言うよりも、何か落ち着かない。

IMG_8088.jpeg

ここで、夕食も飲み物以外は
ホテルの代金に入っております、と言われ
それでもアラカルトでかなり高額のモノから
そこそこの料金の食事を自分で選択できる。

そしてどんどん運ばれてくる食事。

「僕は胃を切っているので、
それほど食べられないのですべて
半分ほどにしてください」
そう頼んでも、大丈夫です、と
ものすごい量を次々に持ってくる。

10時半過ぎで、他のお客さんがいないせいか、
僕一人なのに、ワインサービスの人が一人、
料理の説明をしてくれる人が一人、
何か困ったことがあれば、という人が一人。
その3人がテーブルの少し離れたところで
笑顔でいてくれる。

あの「診断書」を送ってくれ、と
言ったホテルとはとても思えない。

食事はもちろん、どれもが日本の一流レストランで
食べているように美味しい。
しかし、正直本当に物凄い量で食べられない。
部屋に持って帰ったところで、
明日の朝食までに食べられはしないだろう。


食事をしながら、
ついこの日の朝、ガンジス河のほとりで
人々からの恵みを受けていた
お年寄りや子供たちを思った。

一日の中で、まるで世界を支配しているのかと
勘違いするような場所と、
今日生きるのが精一杯という場所。
その大きな落差をここまで感じることは
日本にいるとなかなかない。

このホテルと日本での自分の生活とのギャップは
多少感じながらも、いつもなら、この心地よさに
うっとりするだろう。
嗚呼、旅行ならではのリラックスだ、と。

でも、この日だけはとても
そんな気持ちになれなかった。

素晴らしい対応で、
丁寧にもてなされば、もてなされるほどに
何だか居心地悪くさえ感じたのは
ホテルのせいではなく、
一昨日の僕自身のせいだった。

部屋に案内されるとそこは
70平米ほどあるあまりに広い部屋。

IMG_8094 2.jpegIMG_8099.jpeg

ある意味。王様気分である。
一人で泊まるにはあまりにも必要のない広さと
何だか「分相応」ではない感覚。

本当の幸せとは何だろう。
人が人として、生まれ死ぬ間に、
何が必要で、何を必要じゃないんだろう。

毎日贅沢をしている中で
苛立つこと、怒る多くのつまらない事柄。

逆に、空腹で死ぬかも知れない人が
たとえば一本のアイスクリームを
食べられた瞬間の幸せな気持ち。

世界の半分以上を占めると
言われる飢えた人たちのことなど
もちろん日々考えていくことなど出来ないし、
自分の置かれた状況の中で
幸福を追求していくことがベストなのだろう。

そんな事ばかり考えて
あまり寝付けなかったのが4日目の夜。


朝、燦々と日が降り注ぐ、
ホテルの庭で美味しい朝食を食べた。
そして思った。

いずれにしても、このような素敵な場所に
自分は来ることが出来ている。
ひょっとすると、この王様気分は
そうそう僕の身に起こることも
ないかも知れない。

大袈裟に言うと、一生ないような
自分が置かれたこの状態を
感謝しながら、
心から楽しむこと、
そして何かを学ぶことこそが、
今の自分に必要なことなんだろう。

美術館のようなホテル内を
ゆっくりひと回りする。
従業員もお客さんも笑顔である。

IMG_8129.jpegIMG_8105.jpegIMG_8132.jpeg

前日の疲れを癒してくれる
暖かなな日差しを浴び、
ちょっと気持ちを入れ替えて
朝からジャイプールの街を歩くことにした。

(2に続く)
***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 16:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

インド 4日目 ベラネスの1日 その2

ガンジス河を渡ったあと、
一度、朝食を食べにホテルに戻り、
それから4つほどの寺院を見て回った。

IMG_8025.jpeg

1のブログにも書いたけれど、
運転手の彼は、気さくで
寺院を一人歩く僕に「色々声を
かけられても無視してください。
ちょっとでもお金を取ろうとする人が
観光客にはどんどん寄っていきますから」

IMG_8055.jpeg

確かに、どこの寺院もそうだった。
入場料などないのだが、入る時に
50ルピー(80円くらい)払え、と言い、
まったく払っていないインド人を見ながら、
それならいいよ、と僕が引き返そうとすると、
わかった、わかった5ルピーにしておくよ、
デリーでもアグラでも
すべてがそんな感じだった。

IMG_8075.jpeg

空港まで送ってくれた
爽やかな二児の父親に別れを告げた。
結構、ラフな荷物チェックから
中に入る。


ベナレスからジェイプールへの
飛行機に乗る前に、
コーヒーショップで、
ニューデリーから来た
会計士をやっている
27歳のインド人の青年が
「東京からですか?」と話しかけてきた。

うん、何故?と聞くと、
東京にはとっても夢があって、
来年でも是非、行きたい、そう思っていると言う。

インドについて、僕が考えたこと、
彼が日本について想像していること、
そこにはお互いに勝手な思い込みや希望などが
たくさんあり、その勘違いも面白く、
あっという間に1時間が過ぎた。

僕が昨日、列車で10時間かけて
ここに来たことを伝えると、
「え?何故飛行機を使わなかったのですか?
僕はほとんど長距離列車に乗ったことはないです。」
そう言っていたので、
そうか、お金がある人はそうなんだよな、
そう思ったけれど、
そのような事は関係なく、彼は好青年だった。

僕が、彼の亡くなった父親と同じ歳だとわかって
爆笑したり、日本に行ったら、是非連絡します、
そう言った彼とFacebookを交換した。

そこで彼のFacebookを見てみると、
彼の真横で肩を抱いて
写っているのは男性の写真だった。
友人たちとの写真も、ほぼ男性だけ。

ひょっとして、と思い、
「実は僕は東京でゲイバーを
営業しているのだけれど、
失礼だけど、君もそうだったりする?」
そう聞くと、彼は大笑いしながら
「残念ながら、違います。ごめんなさい。」
(いや、謝らなくてもいいんだけど)

「あの写真は幼馴染みの大親友です。
でも、知り合いにゲイもいるし、
レズビアンもいます。
とてもコンサバで頭が固い国ですが、
今の若い世代はどんどん
変わっているんですよ。」
そう言った。

思えば、インドに来て初めて会うゲイかと
少しばかり残念だったけれど、
そんな事よりも
空港の待ち時間の中で、
こういうひと時を持てるのは
幸せだった。

とても気持ちが良い青年だった。
長い一日の終わりは、
僕が危うく来なかったはずの
ジャイプールの超豪華ホテルだった。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:31| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド 4日目 ベラネスの1日 その1

僕がインド旅行で最も
来てみたかったのが、
ガンジス川だった。

ホテルから準備された車で
ガンジス川の入り口に着いたのが
朝の6時過ぎ。
そこには物凄い数の人、人、人。

もう、それは凄い混雑。
去年のマチュピチュに行った時の
早朝の駅の側の混雑を思い出したが、
唯一、違うとしたら、マチュピチュは
欧米も含め、アジア諸国などから
来た観光客がほとんどだったが、
ここベナレスは、半分が観光客、
半分がインド人だ。

たぶん、地方からわざわざここに
来るために来た人、
ずっと住んでいるけれど、毎朝、
沐浴をするために、川に来る人など
さまざまなようだった。

可笑しかったのは、川に行く入り口に
先日のホテル同様、
セキュリティ・チェックの大きい枠がある。

ランプは付いているし、そこをくぐると
ピン!と音はするものの、
その枠を通らないで降りていく人もたくさん。
と言うか、音がしようがどうなろうが、
そこに警備員らしき人はいない。

何のためのセキュリティなのか。
と言うか、そもそもガンジス河へ
テロ行為が仮りにあったとして
(それはそれで怖い話だが)
そこのいる人たちは「来るべきモノが来ただけ」
と思うのではないか、なんて考えてしまう。

ガンジス河を目の前にする。
今まで何度も映画で観た光景が
大きく広がっている。

濁った河にどんどん入っていく人たち。
インド人はもちろん、外国人も
入水し、頭までつかっている人もいる。
IMG_8003.jpeg

当然、あらゆるゴミや、数々の異物、
僕は見なかったが、動物の死体や
産み落としたばかりの人間の赤ん坊でさえ
流れているのは有名だけれど、
そんな中での沐浴。

若い無鉄砲な時なら、体調を壊そうが
なんだろうが、僕も入ったかも知れない。
旅行、4日目にして、まだお腹も壊していない、
という気持ちから、とてもそんな気持ちには
なれなかった。
でもほんの少しだけ、
たぶん死ぬワケでもないし、
そういう勇気もないのかという
気持ちがむくむくと、
盛り上がってくることも確かだった。

たぶん、同世代の人に言うと、
バカかと一笑に付されるだろう。

待っていてくれたボートに乗る。

IMG_7981.jpg

ボートから今来た岸辺を見る。
沐浴の準備をしている人、
黙想をしている人、
お金を懇願している人、
お金を一人、一人に渡している人、
牛、犬、鳥。
そしてボロボロになった何百年も前の
宮殿を安宿にしている建造物。

インターネットも、テレビも、
電話はもちろん、手紙すら
何日もかけなければ届かなかった時代から
続いているだろうこの景色。

他の観光客と同様、写真や動画を
撮りながらも、
ボートのオールで揺れる波を見て、
失われた悠久の時間、
多くの事象など、
すべてを包み込んでしまうような
不思議な力を否応なく感じる。

少し残念だったのは、夜中に
雨が降ったせいか、空は曇り、
御来光を見ることが出来なかったことだけれど、
それを超えた何かがここにはあった。

IMG_8009 2.jpeg

少しだけ肌寒い風に吹かれて
ボートを漕ぐ小学生くらいの少年。
僕を車で連れて来てくれた
32歳で二児の父親のように
「一歩もこのベナレスを出ることなく、
死んでいく(と思う、と彼は言った)」
のだろうか...。

特に激しい欲がなく、
家族を守るために生きる。

良し悪しはともかく、
そういう人生だってあるし、
僕がこのような場所で生まれていたら、
何を選んだろうか。
それでも今のようなゲイということを
受け入れ、欲深く生きていくのだろうか。

たった1時間と少しの間、
ぼ〜っとそんな事ばかり考えていた。
一昨日の列車に続き、昨日も、東京では決して
持てない時間を持てた。


***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:25| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

インド 3日目 ベナレスへの旅 その2

車内では大勢でワイワイ
話している人もいれば、
音楽を大音量で聴いている人、
電話で話している人などなど。

ランチは3種のカレーで、
これにライスやナンが付いているモノ。

IMG_7950.jpeg

これもなかなか美味しく食べられた。
まだこの時点ではお腹は大丈夫だ。

車内では数々の物売りが横行したり、
床に投げられているゴミを
掃除に来たり、とこれまた
騒々しいけれど、みんなそれぞれに
旅を楽しんでいるようだった。

僕はスマホやPCで昨日の日記を
アップしようとするが、
なかなかWI-FIの繋がりが悪く、
くだらないことでストレスを
感じるのも嫌なので、
早々に切り上げて、読書をした。

IMG_7937.jpeg

ランチのあと飲んだ暖かいチャイは
ホッとひと息、心も落ち着いた。
一杯10ルピー(18円くらい?)は安い。

あらゆる場所に出向くと、
外国人旅行者の金額と
インド人の金額は違うらしく
(キューバもそうだった)
さすがに車内ではインド人も
外国人も同じ料金でホッとする。

トイレに行こうとすると、
これまたトイレが凄い。

IMG_7942.jpg

足場があって、あとは目の前にある
棒で身体を支える。
僕は小しかしなかったので大丈夫だったが
大きいほうをした人は
脇に付いている水道でお尻を洗う。
(これはヴェトナムやタイ、
カンボジアと同じ)
匂い消しは上に付いている扇風機だ。

長い時間列車にいると、
本当に優しい人もいれば、
怪しい人もいる。

不安な気持ちや緊張感もあるけれど、
リオやリマで感じたそれとは
ちょっと違って
少し安らかな気持ちにさえなる。
南米とアジアの違いなのだろうか。
思えば、まったく知らない同士が
話を始めると車座になって
話を弾ませる。
老若男女問わずだ。

面白いのは、外が暗くなっても、
誰もアルコールを飲まない。
と言うか、飲めない。
売っている場所がないし、
たぶん持ち込む人もいないんだろう。
それでも、爆笑したり、
肩をたたきあったりして、
ペットボトルの水や
チャイを飲みながら、話し続ける。

いずれにしても、清潔でもないし、
リラックスできまくるワケでもなく、
日本人の中で、
こういう旅行など絶対ダメ、
という人は多いかも知れない。

60も過ぎて、
こんな旅を続けることが出来るのは
幸せだなあ、そう思った。
結局、ベナラスには2時間遅れの
夜8時過ぎに着いた。

ホテルに夕食ギリギリに着き、
翌朝(つまり今朝)は5時にホテル前から
ガンジー川に行く予定だったので
早々に休んだ。
ほぼ丸一日、列車の旅を楽しんだというワケだ。

***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 23:01| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド 3日目 ベナレスへの旅 その1

昨日の半日は、インドで
初めての列車の旅となった。
アグラからベナレスへ9時間の旅。

ベナレスというのは、ワーラーナシーとも
バナラシとも言われ、
これは日本人の発音というのではなく、
現地の人もこの三種類の言い方がある、
そして、現地の人は「ベナレス」と
言っていると聞いたので、ここでは
ベナレス、ということで。

IMG_7923.jpg

アグラ駅を9時半出発だったが、
結局列車が出るのは1時間遅れの
10時半過ぎだった。
インドでの列車の遅れなど
まったく当たり前で、
ほとんどの人は、待ち慣れをしているようだ。

それも、20時間、30時間もの遠距離を
飛行機に乗らない人々が乗るため、
いつも混みあって、遅れるのは当然のよう。

思えば、元スタッフのミキヤが来た時は
なんと17時間(!)も、寒い駅で
待たされたのだから、それを思うと
1時間など何て言うことない。

アグラ駅には改札も何もなく、
誰もが簡単にホームに行ける。
加えて、ホームには野良犬や猿や鳥が
そこここにいたりする。
下手すると牛まで入ってくるらしい。

IMG_7927.jpg

列車が到着すると、
その乗降口は、映画などで
お馴染みのように、扉がない。
いつ誰が落下しても
まったく関係なく、走り出してからは
さすがに怖いながらにスリル満点だ。
こんなこと、なかなか経験できない。

そう。経験できないと言えば、
この列車の中での体験は、現代では
他の国でもほとんど
巡り合わないことだらけで、
ここでインド好きになるか、
嫌いになるか、分かれるところでもある、
そうなのかも知れない。

僕はこの列車で上から2番目のクラスを
予約したのだけれど
(ファーストというのは、
さすがにこのセカンドクラスの倍以上も高い)、
これが想像以上に凄い状態。

IMG_7936.jpg

2段のベッド式になっていて、
長椅子(もしくはベッド型)が
二人で買っている場合もあるし、
一人で寝転びたいので占領も出来る。

だから、これよりも安い車両は
電気も付いておらず、
(まだ昼間だから良かったけれど)
かなり暗い中では、
すし詰め状態だったりするんだろう。
そして安い車両ほど量が多くて
そういう状態で、みんな長時間
旅をするのだ。

これが旅の始まりだった。


***********************
各種公式SNSはこちらから
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 23:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

インド2日目 アグラへ その2

そう言えば、
人に追われることはなかったが、
喧騒の中で、車に乗る時に
水牛の大群に追いかけられた。

これはかなり恐怖だった。
何十頭いたんだろう。
急いで車に乗ったけれど、
ヴェドさんは、
牛は神様だけど、たまにこういうこともある、
そう言って笑った。

昼間は、広い庭付きの
リオ・ガーデンという
レストランに行き、
あらゆるインド料理が
小皿に並べられたランチ。

image.png

これが非常に美味しかった。
食べ過ぎるとお腹を壊すので
抑えながら食べるのが少し無念だった。

この後、アグラ城に行く。
agra03.jpg

ほぼ赤い石、赤い土で
14世紀に皇帝に造られたモノで
50人にも及ぶ妻たち、それぞれの
部屋があり、それこそ
ハーレムだったらしい。

ここから見えるタージ・マハルは
なかなか見応えがあった。
img_7.jpeg

そのあと、ヴェドさんが連れて行ってくれた
マッサージは、レスリング出身の
マッチョな30代だった。
僕の腹にある癌の傷跡を見て
「僕の元奥さんも胃ガンで亡くなった」
と言っていた。

彼は「ダンガル きっとつよくなる」が
大好きで、あの長い映画を何度も
観た、そう言っていたのが印象的だ。
Unknown.jpeg

彼のマッサージは大きな手で
柔らかく、力強く、痛過ぎず
非常に気持ち良かった。


夜は、凄い喧騒地帯にあった
前日夜のデリーのホテルとは違い、
静かなかなり良いホテルだった。
入るのに、持ち物検査から
セキュリティーチェックがある、
というのも凄い。

たぶん安宿は安宿で人は連れ込めないだろうけれど、
こういう一流ホテルでも難しいんだろう。

とは言っても、エレベーターは
真っ暗になって止まる、
ジムのマシンは壊れている、
面倒な事もそれなりにあって、
日本や欧米の高級ホテルとは違って
これまたインドだなあと思った限り。

***********************
各種公式SNSはこちらから 

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする