2019年01月20日

好きな人の子供を産みたい

「マスターって、誰かの子供を
身ごもりたいって思ったこと、ありませんか?」
いきなりそう言われたのは、
たまに来てくれるトウジロウだった。

「え?それは子供が欲しい、
っていうことじゃなく、
自分が産みたいって
本気で思うっていうこと?」と
僕が聞き返すと
「そう。もちろんそれは理屈上では無理だし、
絵空事のようなことだけど、
真剣にそう出来ないのが悔しくてと
思ったりすることはないですか?」と
大真面目な顔をして言う。
さすがの僕も、それを笑ったり、
適当に答えるのは
申し訳ない気持ちになってしまう。

トウジロウが言うには、
昔から好きな男性とセックスをするたびに、
中でイッて欲しいって思っていたし、
この二人の子供を何とかして
身ごもりたい、そう思ったと。

彼はトランスジェンダーでもなければ、
女性になりたい、と思ったことはないと言う。
かと言って、単なるファンタジーでもない。

このブログに何度か書いたように、
僕が人生で唯一悔やんでいるのが
子供が欲しかったということだけれど、
トウジロウのように
「自分で産みたい」というのは
ちょっと僕の中にはなかった気持ち。

「ある意味、病気なのかも知れないし、
ずっと引きずっていくんだと思います」
そんな言葉を残して帰って行ったけれど、
ほぼほぼ、良い助言が出来なかった。

彼の悩みから、この映画を、と書くのは
ちょっと無神経かなとも思うけれど、
思い出したのがこの映画。

Unknown-1.jpegモン・パリ.jpg

日本では「モン・パリ」というタイトルで公開。
僕が中学校の時に、
女優カトリーヌ・ドヌーヴ好きで観に行っただけだが
この原題が「人類が月面を歩いて以来、
最も重大な出来事」と言って
旦那のマストロヤンニが妊娠した!という話で
盛り上がるというコメディだった。

決して、揶揄しているつもりはありません。
トウジロウ、ごめん。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:42| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする