2019年01月18日

24年という時間

昨日、阪神大震災から24年が経過した。

earthquake-19950117.jpg

24年前のあの日。
前日、とある店で久しぶりにばったり
会った10歳年下のコと深夜まで飲んで
当時シングルだった僕のうちに
彼は泊まったのだった。

もう何年も前から知り合いで
たぶんお互いに好きなタイプでも
なんでもなかったはずだった。
酒の力なのか、ノリだったのか。

彼は翌日休みで、
僕は午後からの仕事。
朝10時くらいに目が覚めたら、
うちの留守電がたくさん入っていて
(当時は携帯もなかった)
聞くと、関西で地震があって、
大阪出身の僕を心配するメッセージだった。

テレビを付けると、
大変なことになっていた。
実家に電話をしても繋がらず、
神戸に嫁いだ妹も
もちろん連絡は取れない。

僕の隣に寝ていた彼がどういう反応だったか
そして彼が先に帰ったのか、
一緒に部屋を出たのかも
ほとんど覚えていない。

結局、職場に行き、夕方になって
やっと両親と連絡がついた。
豊中という場所柄、うちの壁にもひびが入り、
お袋は「本当に怖かった」と言っていた。

おかげさまで妹も含めて、僕の親族に
大きな被害はなかった。
でも、知り合いも含めて
あの被害の大きさには
強いショックを受けたことは
つい昨日のように覚えている。

あの時の彼とは、たまに
バッタリ会ったりする。
店にも数度来てくれている。

お互いにあの日の出来事は
しっかりと覚えているはずだ。
でも、行為としてではなく、
大きな出来事が起こってしまったことへの
うしろめたさがきっと
なんとはなしにあるのだろう。
24年経過しても、
その事にはいまだに触れられないし、
触れることはないんだろう。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:50| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする