2019年01月16日

成人年齢とは

一昨日、店に出る前に街を歩くと、
成人式で着物を着た女のコたちや
スーツを決めた男のコたちが
はしゃいでいる姿があった。

10年ほど前までは昨日、
1月15日が成人の日で、
いつの間にか、第2月曜日と
いうふうになっていた
なんて、改めて気付いたのも最近。

それほど、成人の日や、
成人式というモノに
若い頃からまったく関心がなかった。

一部の若者たちが大騒ぎする
光景などテレビで見ると
何が何だかわからなかったりする。

大阪で生まれ育ったということもあり、
たぶん都会よりも地方都市のほうが
成人を祝う気持ちが強いような気もするし、
当日、市民会館でそのような催しを
やっていた事すら、わかっていたのか。

当日、僕は妹を連れて、当時正月映画で
まだ観ていなかった「007 私を愛したスパイ」を
観に行ったことをよく覚えている。(映画かよ。笑)
ということは、何故か
帰省はしていた、ということだけれど。

320.jpgMV5BNDk3ODM2NDgtMGE3Ni00ZGVhLTk2ZTctN2JkMDVkMmRhNDQ5XkEyXkFqcGdeQXVyNjc1NTYyMjg@._V1_.jpg

選挙権が18歳となり、2022年から
成人も二十歳ではなく、
18歳に引き下げられる。

40も過ぎると、2歳ほどの差なんて
まったく関係ないけれど、
18歳と20歳の2年というのは
今さらながらに大きいかも知れない。

成人式が18歳で行われれることに対して、
17歳から19歳の若い人たちの8割くらいは
反対しているらしい。

煙草、飲酒は二十歳からでそのままだが、
犯罪者として氏名、顔が
公表されるのは18歳となる。
もっとも、彼らが反対している、というのは
受験と式が重なるという問題が
大きいようだけれど。

若いうちから、政治や環境問題に
興味を持つ、ということは
とても良いことだけれど、
成人年齢が18歳に引き下げられたから、
そういう人が増えるとも思えない。

むしろ、中学生の頃から
その手のことに、
好奇心が持てるような環境を
作ってあげるべきだと思う。
もちろん、そこには学校側、
教師側の個人的な考え方を
決して入れるべきじゃないことは
言うまでもないことだけれど。

***********************

posted by みつあき at 18:21| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする