2019年01月13日

縛らず、縛られない人生

九州から久しぶりに来たガチムチ、
短髪イケメン、いわゆるイカニモ系の
タケルさんが深夜にふらりと現れた。

彼の隣に座ったマサオが
「これだけのイケメンだと
さぞ色々なところでモテるでしょう」
と尋ねると
「どうだろう。それよりも変わってると
思われるほうが多いのかも知れない」
そうつぶやく。

何故かと尋ねると、
「特定の人と長く付き合うのは苦手だし、
束縛されたり、したりするのはダメ。
生まれてこのかた、恋愛という意味で
人を好きになったことはない」らしいのだ。

人と映画やデートらしいデートを
したこともなければ、
同じ人と5回以上セックスを
したこともないのだそうだ。

僕も含めて、恋愛に
重きを置いている人はともかく(笑)
ゲイに限らず、ストレートでも意外に
こういうタイプは多いのかも知れない。

ただ、そのルックスのせいなのか、
全国に友人はたくさんいる。
その中には肉体関係を持った人もいれば、
いない人間もいるらしい。
一緒に飲んだり、話したり
仮にセックスがあっても、
サバサバとした付き合いがいいと言う。

とは言え、興味深いなあと思ったのは、
彼が多少セックス依存症だったりはするものの、
ハードなことを好むと言うよりは
最も好きな性的行為は、
ガッツリではなく、
ハグチューだということ。

その瞬間だけ、「愛情のようなモノ」を
感じさせてくれればいいらしい。
そういうことで、本気になったり、
という相手もいるんじゃないかと聞くと、
それでもそれなりの距離感を持って
接するから、さほどしつこくはならない。

もちろん、孤独を感じるなんてことは
ほぼないのだそうだ。
タケルさんいわく「自由で楽しい人生」なのだそう。


「孤独」と「ゲイ」で思い出したのが
「孤独のススメ」というオランダ映画。

200.jpg220px-Matterhorn_(film)_POSTER.jpg

内容は「孤独」ということに
執着した映画じゃなかったけれど、
映画の主人公がしがらみを捨て切って見つけるのは
タケルさんとは違う生き方だった(笑)


***********************



posted by みつあき at 17:20| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする