2018年12月15日

欧州一周ゲイの旅

パリ在住の40代のサブロウが一時帰国した。
2年か、3年ぶりだ。

彼は仕事で世界中飛び回っている、
という理由もあり、
特にパートナーを探すということもなく、
仕事に生きる!と決めていることは
サブロウの友人たちも
いつもそう話している。

で、それなりにストレスフルな中で
彼の楽しみは、各国のゲイ・サウナを
回るということらしい。

サムソン高橋氏の「世界一周ホモの旅」は
とても興味深く読んだけれど、
サブロウはここ5年ほどのヨーロッパのサウナは
ほぼ回っている、というからこれまた凄い。

みすぼらしく、汚いところもあれば、
日本では考えられなくほど
ゴージャスだったり、
スタイリッシュだったりするところも。

つい先日、ベルリンの行った時に
2日間、続けて行くことになったが
なかなか濃い2日間だったとか。

とにかく最近出来たベルリンのサウナ
"THE BOILER"は、日本のサウナの
20倍くらいの広さらしく、
清潔さも、スチリッシュさも
ずば抜けているらしい。

あらゆる部屋の照明は舞台装置のようで、
ダークルームも映画の世界のように
想像力が膨らむように作られているらしい。

Der-Boiler-5.jpg
↑THE BOILER

サウナの作られ方が違うように、
人種によって、
セックスのやり方もずいぶん違う。

パリでやると、結構前戯が長く、
ロマンティックなパターンが多いようだが、
ベルリンは野性的。

かつ、サブロウが初日にやった相手は
随分派手に声をあげて、凄かった。
終わって、どこから?と尋ねると
セルビアからということだった。

翌日、イケメンといたすことが出来たようだが、
それは、それでゴージャス(サブロウいわく)。
彼の出身を聞くと、彼もセルビア!

なんと2日間、ベルリンでの夜は
セルビア人とのくんずほぐれつだったようで
サブロウはしっかりと満悦したようだった。

近々、また来てくれるとのことで、
その他、詳しい話はその時に聞いて
ここに書く予定(笑)
お楽しみに。

***********************





posted by みつあき at 19:37| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする