2018年10月01日

改めて「周年」について、思うこと

昨日は朝まで店を片付け、
終わりきらないまま帰宅した。
怒涛のように寝るはずが寝られず、
夕方、車で荷物を取りに行くはずが
台風でこれまた行けなかった。

片付けのために店を休みにしていたので
結局、うちで、改めて「周年」について
ぼーっと考えていた。

昨日は、パーティの中のパフォーマンス、
その流れのようなモノを
書いたけれど、今日はもっと
「周年」ということについて、
自分なりに考えたことを、
深く書いてみたい。

IMG_7076.JPG


そもそも、僕は自分のお店を開くまでに
他店の周年パーティなど
ほとんど伺ったことはなかった。

店を初めて1周年の時に、
エンターテインメント好きであることから、
ありとあらゆる分野からのゲストを呼んで、
大々的なパーティをやらせていただいた。
その多くが旧知の友人や知人、
そして1年間に来てくれていた
お客さんだったりした。

その後の周年も、お客さんたちに
少しでも喜んでもらおう、と
毎年、ゲストと共にスタッフと共に
何かをやる、という流れが作られた。

それが、決して自己満足にならず、
きちんとお客さんに楽しさ、
ワクワクドキドキすることが
伝わっているのか、どうか。
それはお客さんの心の奥、心の隅まで
覗かない限り、わからない。

周年、というのは、もちろん店が
生まれたということで、
「おめでとうございます」と
お祝いの言葉をくださることも多いのだが、
むしろ、ずっと来ていただくお客さんに
お店が感謝をする、という日であるべきなのだ。
そう思う。

そして、それはうちにいる多くのスタッフと共に
お客さんたちに、その気持ちを捧げると共に、
僕自身がスタッフに感謝をする、
ということを思い知らされる日でもある。

いつもは、ひと夏、
この2日間のために
色々な練習を重ねて、
手伝ってくれるけれど、
もちろんそれだけではなく、
常に店を支えてくれている、ということに
きちんと感謝をしなければ、そう思うのだ。

もちろん、通常のスタッフに加えて、
毎年素晴らしいショウを
見せてくれているエスムラルダ、
パーティの音響や準備をしてくれるとくさん、
撮影をしてくれる旧スタッフ、ジュンイチロウ、
受付をしてくれるカズマサにも。

多くの人に支えられ、
胸を熱くする感謝の日こそ、
周年パーティなのだ。
そのことをきちんと胸に抱きながら、
12年目を踏み出していかなければ、
そう思った。

これからも、よろしくお願いします。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする