2018年09月10日

高校の同級生たち

昨夜、オープンするやいなや
22歳のゲイの男のコと、
ストレート男子2人、
女子3人、都合6人で店に来てくれた。

驚いたのが、それぞれにイケメン、美人揃い。
一瞬、どれがゲイでもレズビアンでも
おかしくないと思わせられる。

と言うか、ゲイのリョウマ君が
最もノンケっぽく見えてしまうのが
今どきだなあと思ったくらいだ。

彼らは高校の同級生だったらしいが、
大学に進学してから仲良くなり、
それぞれが今年から就職したようだが、
なんだかんだと集まっていると言い、
昨日はBBQの帰りだそうだ。

リョウマ君がゲイバーに
まったく来たことがない、ということで
みんなでGoogle検索したら
うちの店がヒットしたとのこと。

さて、このリョウマ君は、みんなにいつ頃、
どういうタイミングでカミングアウトしたの?
と尋ねると、全員が「いつだっけ?」
改めて聞かれるとわからないくらいに
あまりどうでもいい感じなのだ。

職場では別にそんな話にならないけれど、
聞かれたら「ゲイですよ〜」
って言うつもりです、と
このリョウマ君自身、くったくない。

その中で、美容師を始めたという女のコは
私なんか、周りゲイばっかりで
ストレートの男、探すの大変!と言うし、
それぞれがリョウマ君以外でも
ゲイの知り合いがいるとのこと。

笑ったのは、その中の二人の男女は
それぞれ彼氏、彼女が
いるらしいけれど、
みんなには会わせない、
会わせたくないとのこと。
「こんな連中が友達だって言われたら
誤解される」と爆笑する。

リョウマ君も去年初体験しただけで、
いまだに付き合ったことがないようだが、
「俺に彼氏ができたら、お前らに
真っ先に会わせてやるよ」と言うと
みんなが盛り上がる。

もちろん、こういう22歳ばかりではないだろうけれど、
それでも確実に時代は変化しているんだ、
と、つくづく思った。

***********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

ジムのフロントで その2

昨日のリョウスケ君の話で思い出したのが
僕が20代後半の頃だろうか、
当時行っていた新宿のスポーツジム
(今はもう映画館になっている)で、
それこそフロントの女性
(当時22、3だった)に
バレンタインのチョコレートを
もらった事があった。

ジムの会員へチョコレートを
渡すなんて、たぶん今の時代なら、
他のスタッフから本部に伝わったりし、
大変な問題になると想像でき、
絶対軽々しく出来ないだろうけれど。

まあ、とにかくチョコレートを返す訳にもいかず、
かと言って、もらいっぱなしもどうかと思い、
次の時に、お茶を誘うことにした。

会うことをとても喜んでくれた彼女だったが、
喫茶店で会うやいなや、
僕は自分がゲイであることを
カミングアウト。

色々話を聞くと、
実は彼女は、10代の時から
とある既婚者男性と付き合っていて、
とにかく彼から離れなければ、
そのためには相手を探さなければ、
そう思っていたようだった。

残念ながら、彼女には
応えることは出来なかったけれど、
僕は彼女とは友人となった。

僕は彼女に、ジムにいる
誰それがゲイだなどと
言ったことはないけれど、
その後、彼女はどんどん目が肥えていき、
ジムでどの人がゲイで、どの人がストレートか
すごく見分けがつくようになったのだそうだ。

その中で、誰か自分に合う人は
いないか、探すのだと息巻いていた(笑)

その後、ジムのトレーナーの中にゲイの人がいて、
彼女がとても仲良くしている、ということを聞き、
3人で食事をしたことがあった。

それから何年経っただろうか。
なんと、彼女はその彼と
結婚に踏み切った。

彼女は不倫相手とはずっと続いており、
ゲイの彼にとっては偽装結婚相手として
申し分ないということだった。

そのことに関して、
僕の個人的な見解はともかく、
二人はそれなりに幸せそうだった。

あれから20年近く経ち、
二人には会っていない。
たまに連絡をとると、
結婚生活はうまく行っているとのこと。
店に来てくれようとしたことはあったが、
チャンスはないのかもしれない。

いずれにしても、僕にとっての
ジムのフロントでの思い出である。

***********************************
GAY BAR BRIDGE

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

ジムのフロントで

昨日来てくれたリョウスケ 34歳が
行きつけのジムに先週行った時の話。

「こんにちは!」
と初めて見るジムのスタッフ男子。
でも、何故か、彼がちょいと首を傾げながら、
リョウスケのほうを見続ける。

どこかで会ったんだろうか。
まったく覚えがない。
こんなに若い(たぶん20代中盤)の
ゲイの知り合いは
それほど多くないし、
仕事関係でもない気がする。

まあ、いいや、と思っていたら
トレーニングの最中、
ジム内を点検していた彼が
リョウスケのほうをちらっと見る。
リョウスケも見返し、何か?という顔をしてみた。

「◯◯さんですよね。」
リョウスケの苗字を彼が言う。
「うん、そうだけど。」

「ああ、やっぱりだ。
覚えてますか?
僕の兄貴が◯◯さんの大学のクラスメイトで
僕、その時中学生で、◯◯さんのうちに
遊びに行っていたことがあったんですよ。」

え?と名前を聞くと、思い出したのが
当時クラスメイトで仲が良かった友人。
思えば、都内で両親と暮らす実家に
その友人がゲーム好きの弟だ、と
連れて来たことがあったのだ。

なんとあのまるで子供だった彼が、
なんとこんなマッチョな青年になっているなんて。

「よく、わかったね。」
「はい。そんなに変わっていないですよね。
それと、◯◯さんの苗字って変わっていて、
さっき会員証を見て、ハッと思ったんですよ。」

確かに。
リョウスケの苗字は、とても珍しく
国内でも100人もいないのだそうだ。

「んで、ひょっとして、彼は
ゲイだったの?」
僕がそう尋ねると、
それはわからない、そう言う。

特に連絡先は交換しなかったけれど、
少なくともこれからも会えるし、
いつか飯でも誘おうかと思っているそうだ。

可能性としては、そこそこ高いと思う。
リョウスケはそう微笑んだ。
ふううむ。。。。

***********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

友人たちの近況

昨日も書いたけれど、
ここ数日、関西方面や北海道に住んだり、
実家がある友人、知人に
安否を確認するために連絡を取った。

それぞれの家族はともかく、
ちょっと連絡を取っていなかった
友人二人が大変な事になっていることを知る。


一人は関西に住む僕と同世代の友人で、
彼はここ数年、
アルコール中毒になって
苦しんでいるということだった。

昔から酒はよく飲んでいたが、
いつの頃からか家族や周りに
暴力をふるうようになり、
そのたびに落ち込む、という繰り返しが
続いていたのだそうだ。

それから何度か入退院を繰り返し、
ここ3年ほど酒を一滴も飲んでいないらしい。

今度、何人かで会おう、そう伝えたが
その時に周りが飲めば、絶対飲みたくなる。
そして1杯飲んだら、この数年の禁酒が
すべて台無しになると言う。

僕も含めて、飲まないようにするから
大丈夫だよ、とは伝えたけれど、
よく飲み、よく語った日々を
知っている彼にとって
酒なくして、旧友と会うのも、
またストレスのようだ。


もう一人は、まだ30代の友人。
彼はふた月ほど前に身体に異変を感じ、
色々な病院で検査を受けた結果、
ガンを宣告されたと言う。
入院してすぐに抗がん剤を使いはじめ、
多くの副作用に苦しんだようだった。

体格も良く、あれだけ元気だったのに
これには本当に驚いた。

最初はかなり落ち込んで、
何もやる気が起きなかったらしいけれど、
少しずつ前向きになってきているとのこと。

それにしても僕よりもふた回りも下。
店を始める前からの知り合いで
その当時はまだ20代そこそこだった。
ガンになるには、若過ぎる。

ただ、二人に共通して良かったと思えるのは
ずっとそばにいてくれるパートナーがいる、
ということだった。

メールやLINEのやり取りでわかった
彼らの状況。

SNSなどで動向がわかっている友人や知人は
ともかく、それらをやっていない知り合いは
ふと気がつくと何年も連絡しなかったりする。

せめて数ヶ月に一度は連絡を入れよう。
そう思った1日だった。


posted by みつあき at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

災害から考えること

一昨日の台風での西日本の壮絶な状態を
ニュースなどで観て驚いていたら、
今日は北海道全土の大地震が起こった。

連絡が付く友人やお客さんには
連絡が取れたけれども、
まったく連絡先を知らない方々の
安否が本当に心配だ。

それにしても、車が飛び、壁が剥がれ、
自転車や看板が転がって行くのは
まるで怪獣映画でモンスターが通った
あとのようだった。
加えて、関西空港の大変な有り様。

自分が生まれてから、台風というのは
多く遭遇しているけれど、
それほどの経験はないし、
テレビでもああいう光景を観たことは
ないような気がする。

大阪や和歌山、神戸の友人たちに
連絡をすると、とにかくホラームービーの
ようだったと。
ちなみに僕が暮らしていた地区は
いまだに停電が続いているらしい。

北海道。

札幌に住む元彼に連絡をしてみると、
全域で停電しており、その復旧は3日掛かる
という見込みらしく、携帯基地局の電源も
数時間で切れるとのこと。

スーパーは多くの場所を歩き回ったけれど、何もなく
行列ばかり目にする。
お店の対応は分かれるところで、
ダメなところは本当にダメだと言う。
水道、ガスは大丈夫かと思いきや
ガスもまもなく途切れるようだ。

旭川の友人宅も、函館の元スタッフの実家も
みんな停電らしい。

こういう時にカセットコンロや、
水の蓄え、簡易トイレなど準備をしなければ、
そんなことを思っているうちに災害は
やってきてしまうのだ。

初夏、九州地方や、広島地方を襲った大雨。

異常気象などと言われて、久しいけれど、
本当に国同士がああだ、こうだと
言っている場合じゃなく、
何とかこの地球を何とかしなければ
手遅れになってしまう。

とにかく、少しでもあらゆることが復旧し、
次なる災害が起こらないことを祈るばかりだ。


posted by みつあき at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

幸福な時間

土曜日にそれぞれ、
偶然店に来てくれた常連の3人。
ヒサオ、ジョウジ、そしてサブロウだ。

ヒサオは「エロがなければ生きていけない!」と
いつもエロネタで明るくワイワイと飲むタイプ。

ジョウジは、マッチョでストレートっぽさを
残しながらも、アッケラカンとしているタイプ。

サブロウは、僕が店を始めるずっと前からの友人。
デリケートながらも、恋愛を真剣に考えるタイプ。


3人とも、うちの店に来てくれて10年経つけれど、
実はとっても、いわく付きの関係者なのだ。

遅咲きのジョウジは、23年ほど前に
ヒサオと出会い、10年ほど付き合った。
どういう事があったのか、
わからないけれど、
別々にうちの店に来た頃は
別れたばかりだったようだ。

ヒサオが店にやって来て、
ジョウジがそこで飲んでいると
ヒサオは飲まずに出て行った。
また、先にヒサオが飲んでいて、
ジョウジがやってくると
やはりすぐに帰ったりしたものだ。
それほど別れた直後は、会いたくなかったようだ。

その数年後、ヒサオがうちの店で
出会ったのがサブロウだった。

二人はそれから付き合いだしたものの、
なかなかうまくいかずに、
数ヶ月後、やはり二人は別れてしまった。

そして別れた直後に、ジョウジとサブロウ、
つまりヒサオの元彼同士が、
うちの店で知り合った。

ここで彼らが付き合ったとしたら、
いわゆる三角関係となるのだけれど、
残念ながら(笑)
二人はそういう関係ではなく、
無二の親友となった。

結果的にこの頃からか、
ヒサオもジョウジを店で見ても
帰るということはなくなった。

その後、それぞれ恋愛をしながら、
今はヒサオとサブロウはシングル、
ジョウジはその後、
うちの店で知り合った3歳年下の彼氏と
もう5年ほどの付き合いとなる。

ジョウジとヒサオ、
ヒサオとサブロウ、
もちろんジョウジとサブロウ、
それぞれのツーショットはうちでよく見るけれど、
この3人がカウンターで並ぶというのは
先週のこの日、初めてのことだった。

それぞれに過ごした時間、
そして今、現在流れていく時間。

他のお客さんも加わって、
終始笑いに包まれた時間だったけれど、
10年前、誰もが想像しなかったこういう形こそ、
最も幸福なのかも知れない、
そんなふうに思った。

posted by みつあき at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

新たなる出発

僕が20代の時に映画館で知り合った人に
初めて連れて行ってもらった店。
今でもあるけれど、
マスターが代替わりしてもう35年以上
経っている店だ。

その店で35年ほど前に知り合ったエイゴは
当時二十歳になるか、ならないかだった。

彼と20年ぶりに再会したのが、
15年ほど前に共通の友人が催した
バーベキューだった。

さてさて、そんなこんなで
その後、エイゴは
うちの店にもよく来てくれていて、
ここ10年の間、ほぼいつも
「たぶん、一生、恋愛はないと思う。」
そうつぶやいていた。

何しろ、今まで付き合った最長記録が半年、
それももう20年以上前というから、
僕もそんな事を聞きながら、
本人がそんな気持ちだったら、
もうないのかも知れないなあ、
そんな風に思っていた。


しかし。
去年の年末、なんとあるお店で
28歳年下のイケメン君に声をかけられ、
付き合うことになったと報告。

それから9ヶ月。
二人は月に1、2度、店に来てくれるようになった。

ひと月前のエイゴのバースデイは、
彼氏となったゴウ君から
3つもの素晴らしい
誕生日プレゼントを用意してくれたそうだ。

ひとつは、二人でディズニー・シーへ行くチケット。
そしてもうひとつはお揃いのピアス。
最後のひとつは、あまりに素晴らしい
ラブレターだったそうな。

エイゴは何十年ぶりに泣きに泣いた、
そんなことを言っていた。

そんな矢先、二人は同居することを決意。
昨日店に来てくれて、
今日、新居を見て決めるのだと言っていた。

人生、何が起こるか、わからない。
つい数年前までに想像していなかった世界が
今日から始まる。
エイゴは本当に幸せそうだった。
永くこの幸福が続きますように。
posted by みつあき at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする