2018年07月15日

アメリカ旅行記 舞台編 その2

舞台編1からの続き


●”Broadway by the year 1988-2017”

IMG_6230.jpg

年に数回、The Town Hallで行われている
ブロードウェイの歴史を、多くのミュージカルスターに
より、歌い踊られるショウ。

今回は、1988年から2017年までに上演された作品の曲を
出演者35人たちが歌い、踊るというモノ。
出演者は「南太平洋」リバイバルのウィリアム・マイケルズ、
「恋はデジャ・ヴ」のレベッカ・ファウルケンベリー、
「三文オペラ」などのブライアン・チャールズ・ルーニーなど。

素晴らしい歌声だけではなく、
タップを始めとするダンスも見もの。
ただ、ここでのコンサート、
美術セットがないのはともかく、
照明くらいはもう少し凝っても良いのでは、とも思う。

使われた楽曲で、新しいところでは
「アナスタシア」"Come from away"
"Dear Evan Hansen"、「1812年のグレート・コメット」など。
新しい、と言っても、過去の寄せ集め
(という言い方もどうだけど)
「プリンス・オブ・ブロードウェイ」からの
「ウエスト・サイド物語」や「オペラ座の怪人」などが
入っているのは、どうかとも思った(笑)


●"Beast in the Jungle"(密林のけもの)

IMG_5784.jpgIMG_5834.jpgIMG_5835.jpg

今回のオフの2本目。
ヘンリー・ジェイムズ原作の短編の舞台化。
これはミュージカル、というよりもダンス中心のモノ。

主演は、日本でも「プリンス・オブ・ブロードウェイ」で
来日し、NYでも「オン・ザ・タウン」で
主演を務めたトニー・ヤズベク。
彼のダンスはものすごく定評があり、
その相手役を元アメリカン・バレエ・シアターの
プリンシパルだったI.ドゥヴォロヴェンコが務めていた。

昔、ナポリで出会った男と女。
男の自分の心の中に住む「けもの」によって
彼女の元から去っていく男。
その数十年後、年老いた彼と甥(ヤズベクのふた役)、
そして彼女と彼女の旦那。
そこに流れる苦悩を描いている。

名作曲家ジョン・カンダーが作った曲で、
主人公たちをとりまく6人ほどのダンサーが
男のトラウマを小道具、照明の変化など、
さまざまな形で表現していくところは
とても見応えがある。

決して大きくない舞台の中で、効果的なセットで
エロティックなダンスをたっぷりと見せてくれて満足した。



●「ミーン・ガールズ」"Mean Girls"

IMG_5840.jpgIMG_5837.jpgIMG_5772.jpg

東京で舞台、特にミュージカルに行くと
下手すると9割が女性で、気恥ずかしさが増すが、
ブロードウェイでは、ほぼ男女半々。
ただ、この舞台は、ティーンエイジャーからOLなど
多くの女性が詰め掛けていた。
(それでも7割くらいか)

12年以上前に作られた映画を改めて舞台化。
ケニアで生まれ育った白人の女のコが、
シカゴの高校に転校してくる。
そこで女子同士の嫉妬やいがみ合い、裏切りに
巻き込まれて行くというストーリー。

あちらに住んでいるアメリカ人の友人(40代後半)が
観て「是非とも、観るべき」と騒いでいたので
ちょっと期待していた1本。

スマホやSNSを中心に作られているのが
いかにも現代風だが、ここには"Dear Evan Hansen"のような
苦悩や深みはなく、ただ、ただ楽しくキャンピーな作り。
そのあたりが、女のコや、若いゲイが
楽しめる一作なんだろう。

主演のエリカ・ヘニングセンは実際25歳らしいが、
もう少し老けて見えてしまい、
高校生にはちょっと無理がある。

セットはLED映像を全面に使ったモノで簡素。
ダンスシーンもそれなりにはあるものの、
個人的には今回の旅の中では、
少し残念だった1本だった。
若者が操る英語やそのスラングなどに
乗り切れなかったという悔しさもあるのだけれど。

それにしても「アナと雪の女王」よりも
さらにチケットが売れているというのが凄い。



●”Half Time"

IMG_5851.jpg90.jpeg

毎週、木曜日の昼間は
ニュージャージーのPaypermill Playhouseという劇場が
マチネをやっていて、興味があると覗くのだが、
今回は、「キンキー・ブーツ」の演出、振り付けや、
Broadway Baresを仕切っているジェリー・ミッチェルが
演出、振り付けをしている新作がある、
というので行って来た。

内容は、全米バスケットの試合のハーフタイムショウの
オーディションに受かったシニア世代の面々の人生を
見せながら、練習、挫折、そして成功までを描いていくというもの。

凄いのが、キャスト。
「コーラス・ライン」のオリジナル・キャスト、
ドナ・マケックニー、
「ザ・ウイズ」のオリジナル、アンドレ・デシールズ、
"The Life"でトニー賞をとったリリアス・ホワイト、
ほか、「ドロシー・シャペロン」のジョージア・エンゲル
という豪華キャストが共演している。

この70歳前後のキャストが、驚くべきパフォーマンスを
見せてくれるラストシーンには胸を打たれる。


●「アナと雪の女王」"The Frozen"

IMG_5911.jpgIMG_5914.jpgIMG_5912.jpgIMG_5913.jpg

まったく期待していなかったけれど、
これが予想を裏切り、かなり良く出来ていた。
基本的に映画をよく踏襲している。
特にエルサとアナのキャストは、アニメそのまんまと
思えるほど似ている。
衣装もほぼ同じ感じ。
逆に言えば、「ライオン・キング」のような
オリジナリティがないとも言えるけれど、
この作品に関しては、やはり映画と重なることを
望むファンが多いということかも知れない。

セットは豪華な大道とLEDアニメーションを
うまく組み合わせて、かなり効果的。
城や街が音楽と共に凍っていくシーンなど
決して安っぽくならない。
雪だるまのオラフは、「ライオン・キング」の
ティモンとプンヴァのように、キャストが操り、
トナカイのスヴェンは着ぐるみだけど、
これがまたうまく表現されている。

二幕のサウナの全裸群舞や、
トロールに変わる「隠れた民族」たちのマッチョダンスは
まったくのオリジナリティがあって
素晴らしい。
劇場中はいちいち興奮の渦。個人的にも満足だった。


●「回転木馬」"Carousel"

IMG_5821.jpgIMG_6019.jpgIMG_6020.jpgIMG_6021.jpg

かつて観たブロードウェイで観たミュージカルで
最も好きだったのは何かと聞かれると、
迷わずに答えるのが、94年に
リンカーンセンター(今回の『マイ・フェア・レディ』の劇場)で
観た「回転木馬」だ。

なんと言っても、「ミス・サイゴン」などの演出家
ニコラス・ハイトナーと、
今年来日公演をした「メリー・ポピンズ」の
美術セットをしたボブ・クローリー、
そしてケネス・マクミランの振り付けも
すべてが最高だった。

それから四半世紀近く経ってのリバイバルは、
まったく違う演出ながら、
やはり今回観たミュージカル作品の中では
ベストだった。

そんなワケで「マイ・フェア・レディ」と共に
一回の渡米で、二度同じ演目を観たというのは
オードラが出演しなかった「シャッフル・アロング」
くらいだったけれど、
今回の演出版、オリジナル・キャストで
しっかりと目に焼き付けておきたかったのだ。

オープニングの序曲。歌はまったくないものの、
役者は口を動かしながらも、声は出さず、
ダンスで回転木馬を見せていく。
それから何度も、何度も、息を呑む
ダンスシーンが出てくる。
群舞もソロも非常にクオリティが高く、
今年のトニー賞をとった
ジャスティン・ペックの振り付けは秀逸。

主演のジャスティン・ヘンリーは
"Scottsboro Boys"の時から気になっていて、
この作品でも深みがある声を披露してくれている。
NYのジムで見かけたこともあったけれど、
本当にいい身体をしているのも見どころ(笑)

声、と言えば、オペラ界から参加している
ルネ・フレミングの"You'll never walk alone"は
たっぷりと泣かせてくれるし、
キャリー役ジュリー役の二人の女優も
申し分ない。

ラスト、卒業式では不覚にも涙が止まらず、
これほど泣けたのも、前回の「回転木馬」以来だった。
この作品に関して、書き出すときりがないけれど、
とにかく、本当にこの作品に出会えて良かった。


●「真夜中のパーティ」

IMG_5917.jpgIMG_5957.jpgIMG_5965.jpgIMG_5964.jpg

今回、NY旅行の目玉が、このゲイの舞台の
50周年記念公演だったと言ってもいい。
という訳でこれが最後だけど、
少し長くなります。

50年前に作られたゲイが集まって
誕生パーティをやる。
登場人物は9人。
基本的にはまだまだクローゼットな連中
(とは言っても、オネエ丸出しというのもいる)
の中に、ストレート(と言っている)男が
ふらりと訪れてしまうことで
まさにドラマチックな展開となる、という話。

映画にもなっているバージョンは、
舞台のオリジナルキャストそのまま出演していて、
その時は7人がゲイだったようで
当時の彼らはすべてエイズで亡くなったとのこと。

今回のキャストはすべてオープンリーゲイの
著名タレントということで話題になっていた。

部屋の持ち主マイケルは、
テレビドラマ「ビッグバン・セオリー」などで
有名なコメディ俳優、ジム・パーソンズ。
皮肉屋で意地悪だけれど、
それでもデリケートな心を
これはトニー賞もの!と言われる
素晴らしい演技で表現してくれる。

そのパートナー?とも思われる
ドナルド役に、「マジック・マイク」や
ドラマ「ホワイト・カラー」のイケメン、
マット・ボマー。
最初に聞いた時は、彼がドナルド?と
思ったけれど、非常にバランスが良い形で
見せる役を、彼じゃないと、という見せ方で見せていて
これはグッド・キャスティング。
パンいちや、シャワーシーンなどで
彼の良い身体も拝める、というおまけ付き。

誕生日を祝われるアバタ顔の激しい性格のハロルドを
新「スター・トレック」でスポットを演じたりの
ザッカリー・クイント。
彼はメイク次第でイケメンにも醜男にも
簡単に変われるけれど、ここでは後者を
気持ちよく、観客にとっては気持ち悪く演じている。

この舞台をある意味、引っ掻き回す
オネエのエモリーをやるのが
前に「ラ・カージュ・オ・フォールズ」のリバイバル時に
メイド?役をやっていたロビン・デ・ジーザス。
小さな身体でバタつく様は、
あの時のほうが良かったような気がするのは
僕だけだろうか。

恋人がいる癖に遊び人のラリーを演じるのが
ドラマ「GIRLS」や、舞台「ブック・オブ・モルモン」の
アンドリュー・レイノルズ。
彼は「ファルセットズ」でも堂々とゲイの役で
歌を披露してくれていたけれど、ここでもさすがの存在感。

また、ラリーの恋人で、結婚した過去を持つ
ハンクの役は、「デスパレートな妻たち」でも
ゲイの役をやっていたタック・ウィトキンス。
マッチョで好感が持てる感じは、
実際、舞台が終わってからも、真っ先に
出待ちをしているファン全員にサインをしていた。

トラウマを抱えながら、それでもエモリーと共に
明るく振舞おうとする黒人のバーナード役には
これまたエモリーと共に「ラ・カージュ〜」に出演していたり
ドラマ「グリー」にも出ていたマイケル・B・ワシントン。
彼の役は本当に難しく、どう評価して良いか、
僕にはなかなかわからなかった。

ストレートだと言うアラン役の
ブライアン・ハッチソンは、
ちょっと年齢的に老け過ぎている感じと、
アランのあのデリケートな
ストレートか、ゲイかわからないような
ミステリアスさが少し欠けているような気もした。

最後に若き(と言っても、本人は32歳らしいが)
カウボーイをやるチャーリー・カーヴァー。
彼も「デスパレートの妻たち」に出ていたが
あんな若かった、と言うか子供みたいだった彼が
こんなマッチョな男に変身しているとは、ビックリだった。


初演から50年。
LGBTに対しては世界中が大きく変化した。
とは言え、多くの人たちの心の中には、
まったくこの舞台と変わらない部分も
山ほどあるし、ある意味、
自分に対しても鏡のように
見え隠れするところを考えながらも楽しんだ。

最初に中学校の時に、この映画と対面し、
何がなんだかわからないかったことも思い出しながら、
改めて素晴らしい脚本だったと思った。



●チタ・リベラ ライブ
Kathryn W. Stein Memorial Concert featuring Chita Rivera

IMG_6091.jpgIMG_6084.jpgIMG_6092.jpg

NY最終日は、ミュージカル界のレジェンド、
チタ・リベラのコンサート。
まさかの85歳を超えているとはとても思えないほど、
声に張りがあり、ダンスまで軽やかに踊る。

実は、僕は友人の誘いで、
25年ほど前に「蜘蛛女のキス」を
やっていた彼女の楽屋を訪ねたことがあった。
そこには草笛光子さんから送られた暖簾が
かけられていて「とても気にいっているのだ」と言っていた。

その「蜘蛛女のキス」はもちろん、
「ナイン」「バイ、バイ、バーディ」
「リンク」「貴婦人の訪問」"The Visit"などまで
ほとんど自分が出演した楽曲を歌ってくれた。

「ウエスト・サイド物語」や「スウィート・チャリティ」の
舞台裏の話で、いかに当時緊張していたか、
というのも面白かったし、
「シカゴ」では相手役だったグウェン・バートンを
モノマネしながら、二人分の歌を。

彼女が今後、またブロードウェイの舞台に
上がるのかどうかはわからないけれど、
こういう形で観ることができたのは
至福の喜びだった。


長々と書いたけれど、
今回、観ることが出来た作品群。
いつも多くの舞台、ライブに巡り合うけれど、
今回は特に質が高いモノを目にすることが出来た。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
続きを読む
posted by みつあき at 16:05| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする