2018年07月13日

大雨のニュースの中で

先週の大雨のあとからも、
まだまだ被害が広がり、
大変な思いをしていらっしゃる方も多いようだ。

うちにいらっしゃったことがある方で、
連絡先を知らない方など
大丈夫なのだろうか。

僕の生まれ育った近畿地方も
かなり雨は降ったらしいが、
そこまでではなかったようだった。

そんな中、僕が10年近く付き合っていた
四国地方に住む元彼女、
そして、僕が初めて付き合うことになった
(と言ってもほんの数ヶ月だったが)、
長崎に住む人、
そして25年近く前に、共にニューヨークなどに行った
広島に住む友人などは心配で、連絡をしてみた。

それぞれが、大きい被害はなかったようで
少し安心した。

この中で、長崎(それも市内ではなく、かなり山奥らしい)
に住む彼はもう30年近く
(と言うか、それ以上)会っていない。
僕が唯一付き合った年上の人で、
当時、年齢をごまかされていたようで
はっきりと今、いくつかもわからないくらいだ。

ただ、25年ほど前に
東京から長崎に帰るという時に
連絡をもらい、
それからたまに電話で話す。
ほぼ9割僕から連絡をするのだが
(それも年に一度か、二度)
いつも「もう、田舎暮らしのおじいちゃんだよ。」
と言っている。

一昨年、彼に用事が出来たらしく、
久しぶりに上京するという連絡があった。
ちょうど僕の母が亡くなった時で、
残念ながら会うことは出来なかった。

今回のやり取りで
「もう、疲れ切ってるから、東京は無理だな」
というメールが来たので
「おっさん、何を言ってるの?」と
返信したものの、
あちらの生活が慣れてしまえば、
本当に東京に来ると疲れてしまうらしい。

「んじゃ、俺が行くから、待ってて」
仕方がなく、そうメールを返信した。

会った時は僕は25歳。彼はたぶん30前後。
こちらの人が集まる映画館で、
目と目が会って、
二人で外に出たのがきっかけだった。

2度目に会った時に「付き合わないか」と言われ、
当時、まだ彼女がいた僕はそう伝えたが、
彼にも10年近く付き合っている彼がいる、
ということで、お互い様と承諾。

ただ、初めて男性と付き合った僕は
数週間のうちに、見たことがないその相手に
強く嫉妬し、別れを切り出したのだった。

とは言え、20代後半までは、
一緒に飲みに行っていた店のお客さんや
友人たちと食事をしたりしていた。

まあ、そんな思い出はともかく。
当時はいい男だった彼も、
僕と同様、もう中年もすっかり過ぎた年齢。

2ヶ月前に死んだ仙台のヤスも
25年以上経った時に会った時には
もう一緒に酒も飲めない状態だった。

そんなふうにならない前に、
こういうきっかけがある時に、
会っておかなければ、
そんなことを思わせてくれた今回の大雨。


遅ればせながら、大変な被害に遭われた方に
心からお悔やみを申し上げます。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************

posted by みつあき at 19:06| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする