2018年06月30日

アメリカ旅行記 ライブ編

さて、さて、いつもながら、
あちらで観た多くのエンターテインメントの感想をちょっとずつ。

まずは、ライブ編ということで。


●ポール・サイモン

FINAL CONCERT OF PAUL SIMON'S FAREWELL TOUR 2018

ロスに到着したその日に、なんとハリウッド・ボウル(初)で
ポール・サイモンの引退コンサートをやると聞き、
すぐにチケットを手配する。
ポール・サイモンは、サイモンとガーファンクルのライブを
もう25年ほど前に東京で観た以来。
単独では初めて。
"Grace Land"を始めとし、彼の世界観は、S&G時代の
フォークロックからはかけ離れ、
ジャズやアフリカン・ミュージックなど
あらゆる新境地をどんどん開拓していった。
ライブを観ると、その世界観の広さを
改めてたっぷりと堪能させてくれる。
とは言え、「ボクサー」や「サウンド・オブ・サイレンス」などは
やっぱり泣かせられた。
僕と同世代、もしくはもっと上の世代のオジさんたちが
共に歌い、踊りまくっている姿は、素敵だった。



●スティーリー・ダン with ドゥービー・ブラザース

STEELY DAN WITH THE DOOBIE BROTHERS: THE SUMMER OF LIVING DANGEROUSLY 2018


これまたロスで、やってるんだ!と知り、
急遽取ったチケット。
このふた組も、たぶん僕が20代の頃に
共に日本武道館で観たのはよく覚えている。
withとは言え、共に演奏することはなかったが
まずはドゥービーが1時間半。
名曲のオン・パレード。
もちろん、今はマイケル・マクドナルドはいないので
大ヒット曲"Minetes by Minets"を聴くことは
出来なかったけど、これは当然。
あれはマクドナルドの声じゃないといけない(笑)
ドゥービーが前日のポール・サイモンと共に、
高年齢層がノリノリだったのだが、
第二部のスティーリー・ダンは
若い人も随分来ていてさらに盛り上がる。
改めて、スティーリー・ダンの音の幅広さに
関心させられる。
スティーリー・ダンは、ドナルド・フェイゲンと
ウォルター・ベッカー二人で作ったバンドだったが、
去年ベッカーが亡くなったことで
今回のライブは彼に捧げれらたモノらしかった。
ポールもそうだったが、ドナルド・フェイゲンの
格好良さったら!ホーンセクションも加わって、
ジャジーなサウンドでたっぷりと酔わせてくれた。



●ピンク

P!NK BEAUTIFUL TROUMA TOUR 2018

さて、今回ロスの目的は初のピンクのライブだった。
とにかく、アクロバティックな
パフォーマンスで有名な彼女。
グラミー賞や、AAAなどの映像では
たっぷりと見せてはいたものの、
まさか、ここまでとは。
のっけから、シャンデリアにまたがり、
大きく振りながら、逆さになり、
飛び上がり、歌い踊る。
まあ、このあたりは口パクだろうけれど、
見応え十分。
何度宙吊りをしたのか。
圧巻は、2万人を超えるこの会場の
端から端までロープで飛びながら、
棒状の止まり木のようなところに
足を止めては、観客を盛り上げる。
もちろん、パフォーマンスをしていない部分では
ドスの効いた素敵な声も聴かせてくれる。
もちろん、どんどん変化するセットも素晴らしく、
今やマドンナや、カイリーにも負けない
ショウアップのアーティストになったのだろう。
そしてアドリブや、ファンサービスも惜しまない。
本人は否定しているらしいが、
会場には多くのレズビアンが来ていたのも楽しかった。



●ジャスティン・ティンバレーク

JUSTIN TIMBERLAKE MAN OF THE WOODS TOUR 2018

実は前回のアルバムのライブを2年前に行こうと
思っていながら(この時のピンクのツアーも)、
断念せざるを得なかったティンバレーク。
アイドル出身とは言え、アルバムの構成力、
クウォリティの高さからもライブには
とても期待していた。
アリーナ部分がすべて長いステージとなっていて、
それを自由自在に動きまくるものだから、
ファンはどこにいても、身近で
ジャスティンを拝めるという流れ。
彼の魅力はその歌と共に、
キレがあるダンス。これは見応えあり。
ただし、やはりまだまだ黄色い歓声に包まれ、
それに応えようとしているアイドル感は
僕は観たことはないけれど、
日本のジャニーズ系のライブを
思い起こさずにはいかなかった。
ちょいと恥ずかしながらも、
楽しい一夜となった。



●ロジャー・ダルトリー 

ROGER DALTREY PERFORM THE WHO'S 'TOMMY' ON 2018 


以前、ヴァン・モリソンを観たことがあるブルックリンの
フォレストヒルズ・スタジアムは屋外にあって
本当に気持ちが良い。
ここで、ロジャー・ダルトリーが
The Whoのアルバム"TOMMY"を全曲熱唱する、
というコンサート。
僕もこのアルバムは大好きで、映画も舞台も観ている。
もう70を超えているダルトリーがマイクを
振り回しながら歌っている様は
決してオジサン、頑張っている、というように映らない。
曲順もそのままで、観客も共に歌う、というライブ。
アンコールはまさかの"Who Are You?"
もっと聴きたいThe Whoの曲もたくさんあったが、
それは無い物ねだりかも。
夜風が気持ち良い一夜だった。


●イマジン・ドラゴンズ

IMAGINE DRAGONS EVOLVE WORLD TOUR 2018


今年、東京に来て、観た人間が口々に素晴らしかったと言い、
日本公演を観られなかった悔しさを
マディソン・スクエア・ガーデンで味わうことにした。
オルタナティブとは言え、かなりポップで
耳障りが良いイマジン・ドラゴンズ。
ヴォーカルの●は、途中から上半身裸になり、
その鍛えた体を見せながらのパフォーマンス。
僕の座席は中央、うしろだったが
ふと気づくと真横にステージが出て来て、
1メートル先で歌っているという状態。
それこそ、そのあと、マディソン・スクエアの
2階席の通路を歩いて行きながら歌いまくる。
このサービス精神も含めて、
ポップ・バンドでCold PlayやMaroon5と
並ぶようになったんだろうと納得。


●U2

U2 SONGS AND EXPERIENCES TOUR "2018


これが僕の今回のラストのライブとなった。
僕は東京公演は初来日を除いて全部観ていて、
マイアミで観た360°ツアーという前代未聞のライブや、
去年フィラデルフィアで観た「ヨシュア・ツリー」の
再現ライブに続いて、アメリカでは3回目。
彼らのライブ動員の集客力と収益は
すべてのアーティストの中でトップという記録があるだけあって、
いつ観てもその安定感というのは素晴らしい。
例のごとく、MSGで端から端まで広げられた
巨大スクリーンには、凝りに凝ったビジュアルが繰り広げられ、
途中、「愛」「自由」「平等」「権利」というような
メッセージ性が強い言葉や、
ネオナチ、KKK、そして銃規制反対派などの映像も盛り込まれる。
相変わらず、ズシンと重く、
そして強く胸をうたわれるコンサートだった。


************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 19:44| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人と日本人

水曜日の飛行機で帰国したのだけれど、
成田に13時半に到着する予定が、
強風のため、着陸できず、
そこから羽田に向かった。

それはそれでラッキーと思いきや、
8割ほどのお客さんがアメリカ人も含む
外国人だったため、
また成田に戻る、戻らないとかで
羽田の機内に3時間ほど閉じ込められ、
結局、荷物を待ち、空港を出たのが18時も
過ぎた頃だった。

ずいぶん昔に、ギリシャに行った際に
パキスタンのカラチで
長時間待たされたことがあったが、
それ以来、ほぼ遅れたことがなかったので
久しぶりの出来事だった。


機内でとても興味深いと思うことがあった。
何かと言いたいことは言う、
とされるアメリカ人たち観光客だが、
特にクレームを出したり、
いつまで待たせるの?と怒るような人はおらず、
意外と呑気な感じでゲームをしたり、
お喋りをしたりしていた。

逆に日本人は、CAの人に
どうなっているのか、と
詰め寄る人や、
細かく聞いている人も多い。

たぶん、外国人というのは、
飛行機に限らず、
多くの交通機関の遅延などに
とっても慣れているということもあるのだろう。

思えば、NYの地下鉄など、
どういう事情で遅れても、
理由を細かく説明をすることもなければ、
謝罪もない。
客もまたか、仕方がないなあ、という感じだったりする。

日本であれば、それが交通機関自体の理由ではなく、
天候や災害であれ、平謝りしたり、
怒涛が飛び交ったりもする光景を
テレビなどでよく見る。

ただし、これは交通機関の遅れ、
ということに限ったことで、
他のことに対するクレームや伝え方は
アメリカ人を含む外国人のほうが強かったりすることも
当然あるだろう。
権利を主張する、ということに関しては
日本人はそれなりに尻込みしてしまう。

これは権利を主張する、ということとは
また少し違うことだけれど、
アメリカで、講演会などに行ったとする。
講演をする人と
お客さんとのティーチインをする場面に出くわすと
どんどん質問が飛ぶ。
と言うか、質問がそのうちに
ユーモアを交えた会話となり、
いわゆる意見交換がこれでもかと続く。

日本では意見交換どころか、
数人、手が上がるくらいだったりする。
それも、申し訳なさそうに。


外国から日本に帰国して、いつも思うのは
日本人は本当に他人をおもんばかる、
気にする、空気を読む国民なのだ、ということ。
常にきっちりとしようとしているし、
はみ出し者は嫌がられる。
嫌がられないように考えて行く。

電車や、レストランで友人や家族と
話すのはOKだが、携帯は遠慮しなければならない。
こんな国は世界で唯一だとも聞く。
これはとっても不思議だという外国人もいれば、
静かで素晴らしいと賞賛する人もいるようだ。

そんなことを考えると、この僕なんかは
日本人の中で最も日本人的なのかも知れない。
そう思う。

さすがに駅でクレームを出したりはしないけれど、
常に周りがどう感じるのか、それを気にしながら、
自分の行動を決めていったりする。

自分が受けてきたいわゆる日本人的教育が
非常に悪いかと言うと、そんなことはないと思う。

ただ、自分の感情を抑えながら、
個性を伸ばせない、ということは
多くの見識者が言うことだったりする。

どちらが良い、悪い、ということではない
そう思う。
いかに各々のバランスをうまく取りながら、
自分らしく生きていけるか、
ということなんだろう。

いつも考えることだけれど、
今回、特に考えてしまったことだった。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 19:43| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

ペルーで考えたこと

去年、恒例のニューヨーク旅行に、メキシコ、キューバ、
そしてブラジルに足を伸ばした。
そして今回、世界遺産としてここ10年ほど
多くの人が行きたいとしている
マチュピチュ(ペルー)に行くことにした。

数年前に、カンボジアのアンコールワットに
行った折、いわゆる秘境の地や
多少危ないとされるところは、
元気なうちに行ける時に行っておかなければ、
そう思ったのだ。
ただ、マチュピチュは、人気が出過ぎて、
人数制限を設けたり、ガイドと一緒にではないと
入れない、そういうことになったと言う。

結局、マチュピチュの入り口まで行けば、
ガイドをする人(特にスペイン語、英語圏用)は
たくさん客引きをしていたのだが、
日本を出る前などそんな事は知らなかった。
そして、今回、ペルーに入り、リマは別にして、
クスコ、マチュピチュのみ、ガイドをお願いする
ということにした。


リマ。
やはりリオやメキシコシティと共に、
物騒と言えば物騒、
バスには人が溢れんばかりだし、
ドアにぶら下がるように人が乗っていたり、
物売りがどんどんバスに入っていっては
出てくる。

東京、ロンドン、ニューヨーク、パリなどとは
まったく違う魅力を見せる南米の街。
まあ、そんなリマから飛行機から1時間20分かけて行くのがクスコ。

クスコは真っ青な空と、ひたすら坂の石畳に包まれた
標高3400メートル、という土地。
本やネットを見ると、高山病になった、
という人が少なからず半分かそれ以上いると聞く。
うちにいたマサヒロも頭痛が大変だったと言うし、
他のお客さんも何人も辛かったと聞いた。

かなり心して、あらゆるところに書いてあるように
大きくゆっくりと深呼吸を繰り返し、
出来る限り、ゆっくりと歩く。

クスコからガイドを務めてくれた
僕と同世代の女性、サチコさん。
歴史地区と言われるアルマス広場に面した教会や、
太陽神殿、サクサイワマン遺跡、マラスの塩田、モライ遺跡など
多くの場所に連れて行ってもらったが、
何が面白かったかと言うと、
彼女の生き方だった。


彼女は35年の前に、山岳部の女友達と
英字新聞の片隅の広告で見つけた
ペルーとアンデス山脈というのから
二人だけで日本をあとにしたらしい。

その当時は、日本政府からは
ペルーは「渡航禁止地域」なおかつ
「危険地帯」として位置付けられていたようだが、
彼女たちはまったくそんなことを
知るよしもなかったと言う。

マチュピチュの「マ」の字も、
まだ世間に晒されていなかった頃、
とにかく初めて訪れたクスコも
まったく観光地化されていなかったらしい。

そして半日かけて歩いて着いたのが
マチュピチュだったとのこと。
まだ世界遺産などになる前だったから
舗装されていない道と遺跡自体も
今ほど整理されていなかったようだ。

しかし、写真にも何も報道されていなかった
当時のマチュピチュ遺跡を目にした感動は
どう伝えたら良いか、わからない、
そうサチコさんは言った。

サチコさんは大層、クスコが気にいり、
そこに旅行に来ていた日本人男性と
「ここが生涯の土地」と心に決め、
結婚したのだそうだ。

当時は1日に一度だけ1時間流れるNHKのニュース放送を
ラジオの凄い雑音の中から周波数を合わせて聞いた。
日本のNHKのテレビが
観られるようになったのなんて
15年ほど前だったと言う。


ほとんどの人たちは穏やかで優しく
(確かにそうだった)、貧富の差が激しいため、
泥棒、スリ、置き引きはキリがない。
たぶん、クスコに住んでいる人たち100%が
泥棒に遭ったことはあるのだと言う。

買い物から帰って来たら、うちはもぬけの殻に
なっていた、なんて言うことは何度となくある。
それで落ち込んでいても仕方がなく、
みんな笑って過ごしているのだそうだ。

それから35年。子供さんたちはまだ学生だそうだが、
彼らはネットで日本のアニメやゲームに夢中。
たぶん、クスコでは、ほぼ日本と変わらないような
生活が出来ると言う。

泥棒はまだまだあとを絶たないようだ。
クスコでは、土壁の家屋のいたるところに
花びらや派手なマークとスペイン語の数文字が書かれている。
あれは何かと彼女に尋ねると、
支持政党を壁にかかげているのだそうだ。

ペルーは、共和国でかつてのフジモリ氏も含めた
国民が選んだ大統領が行政を行使するらしいが、
国民がストライキやデモに強く関心を持っているのは、
子供の頃から「何をどう考えるか」を教え、
授業の中で、自分の考えに基づいて、デモンストレーションを
する、ということが行われているらしい。

とは言え、犯罪と警察が結びついている、という認識は強く
ある意味、誰も警察を信じていない、
サチコさんはそう言っていた。

一度、買っていたペットの犬が突然いなくなり、
警察に届けを出しに行った際に、
見つけた人に賞金を出すか、と問われ、
出す、と答えた数時間後に
警察官が犬を連れて来た。
賞金は警察に手渡したのだと言う。
もちろん、賞金目当てで
警察が犬を連れて行っていたことは明白だった。

本当に日本では考えられないことが
次々と起こる。

警察官はあまりにも賃金が安く、
そのぶん、アルバイトをしている人たちも多いと言う。
だから汚職もはびこっていく。

これはいくらなんでも、と前大統領が
警察の賃金をあげたら、
その瞬間に「警察よりもずっと長時間働いている」
とする、教員がデモを始め、
今年の頭、3ヶ月間、授業がなかったとも言う。

そんなこんなで、常識では考えられないことや、
酷いことも多いけれど、自然の豊かさや
全良な人々が多く優しい、ということ、
そしてのんびりとした風土、
それはサチコさん家族が
「もう少しこちらで暮らしていたい」
そう思うことなのだそうだ。

日本に住んでいて、当然だと思っていること。
普通なら、と思うクセ。
ある意味、民意、という言葉の元に
多数意見が正しい、と思わざるを得ない社会。
これも、今回の旅で、
改めて学んだことだった。


マチュピチュの遺跡は本当に「天空の城」だった。
人気のワイナピチュには登れなかったけれど、
それよりもさらに高い3061メートルもの
マチュピチュ山に登った際には
途中何度も引き返そうかと思うほど辛かった。

山登りなどほとんどしたことがない僕が
一段、25cmにも30cmにもなる石段を
100段も200段も登っていくのだ。
道ゆく人とは笑顔で挨拶しながら、
突然の雨や強風、そして日差しの暑さなど
3時間の中で体験しながら、
それでも、いつものように、こういう経験が
人生であと、何度出来るだろう、そう思った。

あと数年、いや、10年くらいは、
多少過酷でもトライして行きたいものだ。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 00:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

ジャニスの言葉

先日、ここでも書いた
死んだ友人のヤスのことを知らせてくれた
女性ジャニスと改めて連絡が取れ、
ニューヨークのスターバックスから
skypeを使って2時間、色々な話をした。

彼女はヤスと音楽関係の流れで知り合って
25年くらいになるのだそうだ。

僕がほぼ知らなかったヤスの最後の25年間。

そして彼女が知らない僕の知っている
10代から20代のヤスの話。


もちろん、僕の場合はほぼ歴史もなければ、
事件もない。
その多くは、二人でヤツの部屋で聴いた
数々のロック・アルバムと安い酒の思い出だけだ。

「みつあきさんは、ヤっちゃんのこと、
好きだったのよね」

「うん、そう思う。まだ、男との恋愛経験も
なかったし、よくわからないけど。」

ヤスが帰らぬアパートの玄関で夜を明かして
待っていたこともあったし、
ヤツがバイトに行き、一人彼の部屋に残された僕は
彼の脱ぎ散らかしたジーパンや、
タバコの吸い殻をかなりドキドキしながら見ていた。

恥ずかしくなるほど、若かった。


「あたしもね、もう結婚してたけど
ヤッちゃんのこと、好きだった。」
ジャニスはそう言った。
「でも、ジャニスには旦那がいるじゃないか
ヤスはいつもそう言って笑って、逃げた。」
ジャニスはそう言う。


ジャニスは恋多き女なのだそうだ。
人を好きになることは罪じゃない。
マスコミで騒ぐみたいな不倫イコール悪みたいなモノ、
私はどうでもいい。
人が人を愛すること、それが何が悪いのか、
私にはわからない、と。

嫉妬心っていうのも私にはない。
自分が好きな人が愛する人に対して、
何故やっかむのか。
自分が死ぬほど好きな人間が好きな相手を
とことん、愛したい、私ならそう思う、と。


ジャニスは、若い頃、学校を卒業し、
一流化粧品会社に就職した。

合わなかった。
人の気持ちや心を無視して、
身の回りのことばかり取り繕う「容姿こそ一番」
という考え方が、まったく合わなかったのだそうだ。

ジャニスはその後、養豚所で働く。
化粧品会社の女同士の陰口や
人間関係にほとほと嫌気が指していたのだそうだ。
豚は陰口を言わない。
豚に何を言ったところで、ブーブーと鳴いているだけだ。

そこで今現在の旦那さんに会ったのだそうだ。

彼女は必死で豚を育てる。
多くの人たちに食べてもらうために、必死で育てる。
そして、良い時に、豚の額めがけて
大きなトンカチのようなモノで一撃する。

いかに苦しませることなく、一気に殺すか。
それが彼女の使命だと言う。


子豚の頃は、彼らを襲う野良犬や野良猫がいる。
子豚を食べてしまうのだそうだ。
彼女の育てた豚が多くの被害に遭う。

彼女はそういう野良犬、猫を見つけると
有無を言わさず殺す。
昔は追い払っていたけれど、
払っても、払っても、子豚を食べに来る。

大切な食いブチ。生活の糧。
それを殺す相手は犬や猫でも許さない。

ジャニスの家には犬も猫もいる。
何匹も病気で死んだりしながらも、
それでも大事に育てている。
心から愛している。
夫や、数々の男や、息子たち、
そしてヤスと同様に。

でも、自分が愛する人や動物と、
それに被害を及ぼすモノとはまた違うのだ。

ジャニスは言う。

「人は自分のこと、とっても変わってると言う。
怖いおばちゃんとも言われる。
人に嫌われることなんて、屁でもない、
そう思っている。
人間なんて大嫌い、いつもそう思ってた。
でも、愛してやまない人間もいたりする。
そういう矛盾の中で、
自分の生を全うする。

ヤスもそうして、生を全うしたんだ、そう思う。」

どういう理由があっても、僕自身は
動物を殺す、ということは出来ないだろう。

事実だけを耳にすると、おぞましいことだと
思う人も多いだろう。
ただ、単にそれをやってのけるジャニスが
残酷な人間とは言えない。


長い旅の中で、ジャニスと話をした2時間は
僕にとって、旅行で何を観た、というよりも
ずっと深く、ずっと重く貴重な時間だった。


ヤスのことを思い、
彼が繋げてくれたこの女性のことを思い、
僕が繋がっているたくさんの人たちのことを考えた。

人が僕をどう思っているか。
人にどう思われたいか。
誤解されないように、
誤解を与えないように、
そんなことに振り回されていた時期も長くあった。

今でもない、とは言えない。

でも、この年齢になり、少なくとも自分がどうあれるか、
どうありたいか、
今まで受けた影響を、どういうふうに
人に伝えていくことが出来るだろうか。

マチュピチュの、遥かにすぐ目の上にある空も、
ニューヨークの、まったく手が届かないほど高い空も、
そしてたぶん雨が多く、どんよりと湿った日本の空も、
すべて繋がっており、
それぞれが多くの「生きていること」「死ぬこと」を
ぼんやりと考えながら、
今、2018年で息をしているのだ、と。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************


posted by みつあき at 07:06| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

親友の死

今回の長旅で、フィラデルフィアに到着した
その空港で、携帯を開くと、
宮城に住む親友のヤスが亡くなった、と
彼女の友人ジャニスから連絡があった。

ヤスのことは、このブログでも何度か
書かせてもらった。



上を書いたあと、僕は数ヶ月に一度、
ヤスを見舞った。

去年の夏の暑い盛り、
自宅から、療養施設に移った時、
実はこの時が一番元気で、ほころぶような笑顔で
僕を迎え入れ、『ゲーム・オブ・スローンズ』などの
テレビドラマの話題まで盛り上がった。

僕がこの1年間の中で
最も彼が元気な顔を見せてくれた1日だった。

彼は懸命に食事療法でガンを克服しようとしていたし、
僕もそれを信じて、疑わなかった。

その後、ほぼ2日に一度、僕はヤスに電話をし、
失われた35年を取り戻すように
たくさんの話をした。

時には痛みや、精神的不安定から
落ち込んでいる様子もあったけれど、
それでもヤスは、ほぼいつも僕には
元気な声を聞かせてくれようとしていた。

しかし、去年の秋を迎えた頃、
彼は自宅で転倒、
前立腺癌が骨髄まで転移し、
足を切除しなければならなくなったと言う。

すぐに病院に駆けつけようとしたが、
ICUに入り、面会が出来ないということで
僕はヤスから連絡が来ることを待った。

結局、数日後、彼の妹さんから連絡があり、
出血多量で、もう余命いくばくもない、とのことだった。

すぐに仙台の病院に駆けつけると
ヤスは昏々と眠っているように見えたが、
どこかで意識があるかと思い、
僕は夢中で話し続けた。
もう長くないかも知れない。
もう、彼の意識は戻ることはないかも。
そんな事を考えながら、僕は東京に戻った。

しかし、彼の生命力は凄かった。
そこから彼の意識は戻り、
暮れに行った時には、
言葉さえ聞き辛かったが
「俺、わかるか?」と聞くと
大きく頷いた。

足は切除され、ずっとベッドに横たわったままの
ヤスの心情を思うと、僕はたまらなかった。

バイクに乗って、まだ10代だった僕の
ボロアパートに来てくれては
情熱的に音楽の話をしてくれたヤス。

いつもポジティブで、
笑顔で酒を楽しく飲んでいたヤス。

ある意味、ヤスは僕にとって
初恋の人だったのかも知れない。

二十歳前後のヤスの姿は
40年以上も経って、
こんな風になってしまったことが
僕には信じられなかったけれど、
それでも彼の瞳の中の輝きは
僕の心に何かを訴えてくれていた。


インフルエンザが流行り、
1月、2月と面会謝絶だったが、
それが解かれた3月に見舞った時も
ヤスは少しやつれた感じではあるものの、
しどろもどろな感じで
「元気か?俺は元気だよ」と
言葉になるか、ならない声を発してくれた。


そして5月。
連休明けた頃に、再度、妹さんから連絡があり、
もう長くはないだろうとドクターから
診断されたとのことを伝えられた。

旅行に出る一週間前、
これが最後だろうという思いを胸に
僕は再び仙台に向かった。

何とヤスは目を大きく見開いて
僕を迎え入れた。
もちろん、声も出せず、
もう前のような表情もなかった。

僕のことがわかるか、
どうかさえわからなかった。

病室には25歳になる彼の娘さんがいた。
二人の娘さんのうちの長女にあたる人だった。

僕が彼と初めて会った当時のヤスよりも
今の娘さんのほうが5つも年上だ。
そんな不思議な気持ちの中で
人間の生きていく時間と、
月日の流れる早さを思った。

娘さんに、僕とヤスが出会った頃の話を色々とすると
「とうちゃんにも、そんな時代があったんだ〜」と
娘さんはヤスの頭を撫でた。

「僕はあなたのとうちゃんのことが
心から大好きだったんですよ」
そんな事を心の中で思いながら、
僕はヤスの手を握り、
最後に彼の細くなった身体を抱きしめた。

あれから10日後、先月の29日の日に
ヤスは亡くなったようだった。

35年ぶりに自宅で会った時に
出会った彼の女友達のジャニスが
どうやって僕の連絡先を知ったか、
メールを送ってくれたのだった。

ヤスのFacebookを見ると、多くの彼の友達が
たくさんのコメントを書いていた。

そこには彼の素敵な生き方、
それに影響を受けた人たちのたくさんの思いなどが
ちりばめられていた。


2年前。
やっぱり僕の旅行中に、僕がゲイだと自覚をして
ほぼ初めて友人になったゲイの同い年の友人オオタが
癌で亡くなった。

オオタも、ヤスも
僕にとっては古い同世代の親友で、
その二人とも。葬儀には出ることが出来なかった。

大きな地球の上で、
それでも繋がっている空を見ながら
僕はヤスに心からありがとうと伝えた。

彼が与えてくれたような多くのことを
僕は誰かに与えることが出来ているんだろうか。

そんな事を考えながら、
もうしばらく旅を続けることにします。

留守で申し訳ありませんが、
毎日、素敵なスタッフが対応しているので、
よろしくお願いします。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 01:24| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする