2018年05月24日

マサヒロのこと

2年半前に店に入るやいなや、
「デキる男!!」と言われたマサヒロが
突然、仕事の都合で今月いっぱいで
(明後日、26日)
店を卒業するということになってしまった。

仲良しのショウと共に、店を手伝ってくれ、
ショウが去年の暮れに転職と共に
卒業した時に
「一緒に辞めるなんて言うなよ〜」と
言っていたけれど、半年も経たないうちに
「自分も辞めたくはないけれど、今
今回はどうしても」ということになった。

マサヒロは30代半ばと、店の中では中堅で
20代のスタッフと、40代のスタッフを
結ぶそれこそ、ブリッジになってくれていた。

僕は参加したことはないけれど、
彼の自宅で新旧スタッフの集いは
インスタグラムなどで
みんないつも楽しそうだった。

また、僕に対しても、
店のこと、スタッフのことについても
忌憚のない意見を伝えてくれて、
それは常にポジティブなモノ言いであって、
常になるほどなあ、
そう思わせてくれることだった。

彼や、スタッフ、
そしてお客さんにもよく言うことだけれど、
店を手伝ってくれたスタッフの中で、
彼ほど変化を感じた人もいなかった。

店に飲みに来てくれていた頃、
結構黙々として、大人しく
およそゲイ感がない雰囲気があった。

だからと言って、ゲイっぽさが増えたのかと
言うと、そのあたりはわからないけれど、
色々な人とよく語り、常に笑顔で接する
という華やかなイメージが強く、
これにはビックリした。

こちらの世界の友人など、ほとんど
いなかった、と言う彼自身が、
その変化を最も驚いているのかも知れない。

ただ、よくよく考えてみれば、
それは彼が変わったということではなく、
もともと持っていた気質が
色々なことと連鎖して
湧き水のように出て来たのかも知れない。

いずれにしても、たった2年半の中で
存在を大きくし、多くのお客さんに
心地よく接してくれたマサヒロに
この場を借りて、お礼を言いたい。

また、ちょっと時間があえば、
旧スタッフとして、手伝ってくれることを
祈りつつも。
posted by みつあき at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする