2018年05月18日

ウォータースポーツ 水芸???(笑)

アメフトのタックル問題が話題になっているけれど、
30歳のセイゴは、中学、高校とラグビー部で
18歳の時に付き合った人が
実は大学のアメフト選手、それも
その世界ではモノ凄く有名だったようだ。

彼はそもそも高校にラグビーを教えに来てくれた
OBだったのだけど、
そんなつながりで付き合うことになったようだ。

まあ、馴れ初めも面白かったのだけど、
その彼は物凄く体臭が好き。
セイゴに、とにかくガンガンと運動をさせ、
汗をかかせて、その臭いを嗅ぎながら
抱きしめてくれたのだそうだ。

若かったセイゴは、その彼任せで
すっかりと「男の世界はそういうもんだ」
そう思い込んでいたようだ。

加えて、彼はウォーター・スポーツ、
つまりおしっこをかけたり、かけられたりする、
ということがとっても好きだった。
最初は抵抗があったセイゴは
それも男の世界、と受け入れ、
そういう事がセックスの前戯的なモノだと
思っていたのだそうだ。

ただ、彼と別れてから、セイゴに
そういう事を望む年上の人は皆無。
自分がかけ合いをしたい、
と言うと変態呼ばわり。

セイゴにとっては、
風呂場でオシッコを
身体中にかけたりするのは、
まったく普通の行為だと思うそうだ。

おちんちんからザーメンが出るのを見て
みんな興奮するのに、何故、オシッコは汚い、
そう思うのかわからない。


確かに、欧米のゲイポルノのプレイ内容などを
雑誌やネットで見てみると「W.S.」と
ちゃんと項目があったりするのだから、
れっきとしたプレイ(って何??笑)なのかもしれない。

ただ、ここ7、8年、
さすがに飲み屋などでそういう話をすると
多くの人がどん引きすることがわかって、
最近はめっきりしなくなったらしい。

僕自身、その手のフェティッシュな事柄は
他人に迷惑さえかけなければ、
人それぞれであると思っているので、
そのあたりのことがわかったのか、
セイゴは話してくれた。

このブログでも、過去多くのフェティシズムを
書かせてもらったけれど、
そこで「普通」とか「あり得ない」
という言葉を使うゲイの人は
ついついどうなんだろうか、
なんて考えてしまったりするのだ。



posted by みつあき at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする