2018年04月09日

8年ぶりの再会

昨夜の日曜日、
よく来てくれるお客さんのヒサシと、
アメリカ在住で帰国するたびに顔を覗かせてくれる
エイジ君に3人のお客さんが
プラスして来てくれた。

その中に、何か見覚えがある外国人が・・・。
なんとヒサシがずっと前に付き合っていた
タイ人のノイ君だった。
彼は僕が7年前、母とバンコクに訪れた時に
丸2日間、付き合ってくれて
街を案内してくれたのだ。

本当に親切で、車で多くの寺院を周り、
素敵なレストランや、夜の市場など
母を喜ばせてくれた。

色々な寺院に行くたびに
何度も手を合わせ、頭を床につけて
礼をしていた彼の姿は目に焼き付いている。

彼はその後、出家をしたということで
頭を丸めていたのが、一見、
わからなかった理由だった。


また、共に来たエイジ君は、ヒサシとノイ君が会うよりも
さらに前の12年前に3年ほど付き合っていたと言う。

そしてノイ君が日本に来る日付が
たまたまエイジ君の来日と重なり、
そこでヒサシとも初めて会ったということだった。

なんとも不思議な縁だったが、
ノイ君と再会できたのは本当に嬉しかった。



続きを読む
posted by みつあき at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーチューバーの凄さ

昨日来てくれていたリョウジが、
知り合いのサトルがYoutubeで
とっても有名になっている、と聞いたらしく
「いやあ。俺も少し若くて
エネルギーがあったら、Youtuberになりたい!」
そう言っていた。

個人的に長年の友人でもあるサトルは、
僕が店を始めた頃から、
フードをYoutubeにアップして
稼ぐ方法を模索していた。

そこには驚くような観たこともないような食事もあれば、
誰でも行ったことがあるファーストフードもある。
自分で料理したモノもあれば、
友人、知人に呼ばれて食べるフードも並ぶ。

最初は単に食べ物をとっていただけ、
というのが、徐々にカメラワークや
ライティングなどが凝り出し、
いつの頃からか、
どんどん視聴者数が増え出していった。

そして、あらゆる食材を「ぜひ、宣伝してほしい」と
送ってくる食品系の会社があると思えば、
有名レストランやショップから
インビテーションがどんどん
送られてくるようになったのだそうだ。

最初にサトルがそう目論んでいたのかどうかは
わからないけれど、彼のYoutubeはあっという間に
何万、何十万ヒットになり、
フード業界ではかなりの話題となっていった。

去年の年末、僕がNYに行った時も、
ちょうど同じ時にいたらしく、突然のメール。

「今、Youtubeが選んだ10人とかに招待されて
トム・ハンクスと一緒に食事しているよ」と。
これには驚きだった。

彼がどういうふうに、視聴者を増やし、
ここまでになったのか、
それはわからないけれど、
いずれにしても時代を
追いかけている、という意味で
凄いなあと思うばかりだ。
posted by みつあき at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする