2018年03月02日

心に決めた誓い

昨日、地方都市から初めて来てくれた
エンドウさんは48歳。

彼は幼少期から自分がゲイであることを
わかってもいたし、受け入れてきた。
そういうエンドウさんをわかってか、
わからずか、ご両親はいつも彼に
「人に迷惑をかけなければ、
自分が生きたいように生きていけばいい、」
そういうスタンスだったらしい。

エンドウさんは高校三年の時に
部活のバスケットで行った
市内にある別高校の同級生に
一目惚れした。
何度か対抗試合をしながら、仲良くなり、
ある時に「お前のことが好きだ」と告白した。

相手は「とても嬉しい。ありがとう。
でも、それには応えられないや。」
そう言った。

元々、受け入れられるなんて
思っていなかっただけに、
「好きと言ってくれて嬉しい」と
応えてくれた彼の言葉だけが
エンドウさんにはずっしりと響き、
彼のことをずっと愛し続けよう、
そう誓ったのだと言う。

それから30年。

エンドウさんと彼との友情
(エンドウさんに言わせれば、
彼に対しての愛情)は、
ずっと続いているのだそうだ。

共にあらゆるところに旅をし、
月に一度や二度は酒も飲む。
その彼は20代の時に結婚をし、
結婚式にもエンドウさんは出席をした。

驚くことに、エンドウさんは一度も
男性と性体験はないのだそうだ。
好きだと言われたこともあったし、
言い寄られたこともあったけれど、
すべて心が動かなかった。
もちろん、ゲイであることは事実だし、
マスターベーションも男のことを考えながらする。

エンドウさんはその彼に
高校時代の時に告白してからは、
一切その事について、触れていないらしい。
彼も、エンドウさんの恋愛事情どころか、
ゲイについてもまず、口にしないと言う。

ただひとつ。
エンドウさんがゲイだということも
知っているのか知らずか
彼の奥さんがその彼に「あなた、本当はエンドウさんが
好きなんじゃないの?」とからかわれたんだ、
そう言われたことがあった。
それを聞きながら、エンドウさんは
ほくそ笑んだらしい。
その言葉だけで十分、自分は幸せだ、
そう思ったようだ。


「セックスがなくても、人を愛せるし、
信じることが出来ると思うんですよ。
いつも一緒にいられなくても、
その人を思う気持ちさえ強く持っていればいい。
相手は自分の思い通りにはならないから、
相手がやること、見せてくれることだけを
好きだなあ、と思っていれば
大概のことは、超えていけるんですよ。
僕は彼のことが大好きで、
彼が応えてくれる部分だけで満足している。
それで仕事も頑張れる。」

こんな人がいるんだ。
良い話だなあ、そう思った。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする