2018年02月27日

初めての旅、初めての喧嘩

30代のヨウスケとタクオは、
付き合ってまだひと月。
ひと月の記念に、この冬、温泉旅行に、と
東北地方に向かったそうだ。

一歳年上のヨウスケが旅の手配をした。
初めての旅行だから、と
奮発してグリーン車、
そしてかなり良いホテルを
ダブルで予約をした。

前の日は二人で飲みたい、とタクオが
言うので、早くから動きたいヨウスケは
午後の比較的ゆっくりした新幹線だった。

電車の中でタクオが
「男二人でダブルとか大丈夫かなあ」と言うから
「大丈夫だよ。一流ホテルだもん。」
ヨウスケがそう言うと、タクオは
「チェックインする時に、
別々に入ればいいか。」
そんな事言い出す。
「別に悪い事している訳じゃないし、
堂々としていればいいじゃないか」と
タクオが言う。

それなりにオープンでいたいと思うタクオと
結構人目を気にするヨウスケの間で
旅の始まりからちょっとした不均衡が生まれる。

そうこうしているうちに、
どんどん雪が激しくなってきた。
そしてノロノロした運転が続き、
ついには途中駅で止まってしまう。

猛吹雪で線路のポイントが動かなくなったと
アナウンスがあった。
予定では6時には駅に着き、
そこからバスに乗り継ぐのだけれど、
それにはどうしても間に合いそうもない。

途中、ホテルに「遅れる」と電話をするが
どれだけ遅れるか、わからない。

結局、新幹線は1時間近く遅れ、バスには乗れず、
やっと乗ったタクシーも雪で
回り道をすることになったと言う。

結局、7時過ぎに着くはずのホテルには
11時過ぎに。

ひと気もないホテルのフロントで
結局、二人でチェックインすることになり、
タクオは何となく
一人のコンシェルジェが
にやりとした、と思ったようだ。

予約したレストランはクローズ。
雪のせいで、調理人も早く帰り、
ルームサービスもないと言う。

もちろん、近くにコンビニも
あるワケではなく、
ホテルにあった自動販売機で
酒のつまみのようなモノで
夜を過ごすことになる。

タクオさえ、前日に飲みに行こうと
言わなければ、早く出られたのに。
そう思う気持ちと、どうであれ、
無理に叩き起こしてでも、早い新幹線に
乗れば良かったなどと
ヨウスケに言ってしまう。

タクオはタクオで
わざわざダブルベッドを取り、
恥ずかしい思いをさせられたと怒る。

せっかく一緒に過ごしたい一夜が
散々なモノになりそうだった。


そんな中、0時過ぎに
ホテルのコンシェルジュの人から連絡があった。

「この大雪の中、お二人で素敵な時間を
過ごそうと思われたのに、
本当に何も出来なくて申し訳ございません。
フロントの人間で、今、作ったのですが」と
大皿にサンドイッチと、
赤のワインボトル1本を持って来てくれた。

きっと二人はカップルだとわかり、
気を利かせてくれたようだった。

頭を下げたボーイの人にお礼を言い、
彼が部屋を出たあと、タクオは
ヨウスケに抱きつき「ごめんね。
ビクビクした俺が悪かった。」
そう謝った。

ヨウスケも「俺こそ、イライラしてごめん。」
二人はしんしんと降り積もる外の雪を見ながら
ワインをゆっくりとたしなめ、
素敵な夜を迎えたそうだ。

やっとひと月、されどひと月。
きっと、良い始まりになったのだと思う。

posted by みつあき at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬から春公開のLGBT映画 その2

この前のブログに続いて、
ゲイ関連映画をあと2本。

来月下旬に公開されるのが
「BPM ビート・バイ・ミニット」というフランス映画。
Cinemacafe_55156_enetimgsfeedld366827_1.jpg
舞台は90年代のパリで、HIV感染者の差別を訴えた
ACT UPで抗議活動をしていたという監督自身の
実体験を描いたドラマ。

さすがに事実の映画化だけに、その活動は
リアリティがある。
それだけではなく、エイズを発症した相手と共に
生きることと背中合わせにある抗議活動への疑問も
なるほど、と唸らせてくれる。


最後の1本は、「君の名前で僕を呼んで」
320.jpg
これは去年、ニューヨークに行った時に
とても評判になっていたゲイ映画。

80年代、イタリアの別荘で
ひと夏を過ごすアメリカ人一家。
両親とも仲が良い17歳の男の子と
その家に呼ばれた博士課程を専攻する
24歳のアメリカ人青年。

前回、ここで書いた「彼の見つめる先に」とは
またひと味違うゲイの切ないラブストーリー。

この時代に於いて、
ゲイへの偏見もなければ、
それによる苦しみということに
焦点が当たっていない
ということが映画を深くしている。


こんな映画のほかにも、
もう終わってしまった特集上映のモノが2本。

1本は、ナショナル・シアター・ライブで
上映された「エンジェルズ・イン・アメリカ
第一部 至福千年紀が近づく」。
66056e_8b098542c48a4f5bab3ef85a05ccd49e~mv2.png
これは1989年にブロードウェイで上演されたゲイの舞台で
その後、日本でも何度も上演され、
TVドラマではA.パチーノやM.ストリープが出演。
でも、僕は今回のこの上演が最もグッと来た。
「スパイダーマン」をやったA.ガーフィールド、
カミングアウトしているN.レイン、
そしてゲイTVドラマで火がついたR.トヴェイなど
それぞれの役者の白熱の演技が見ものだった。
第二部の「ペレストロイカ」は来月公開予定で、これも楽しみ。

あと、ノーザンライツ・フィルム・フェスティバルという
北欧映画でたった3日間だけ上映された
「トム・オブ・フィンランド」。
51PkLHoe7%2BL.jpg
これは、同名の有名なゲイの画家を描いた
フィンランド映画で、日本公開は無理だろうなあと
思っていたら、まさかのこういう形での公開となった。

1940年代、同性愛という認識などまったくなかった時代、
フィンランドで過激な絵を描き続け、
その後、アメリカ、そして世界中で火がついた
彼の人生をドラマ化したモノ。

数年前にLGBTの映画祭、Reinbow Reelと、
数回の映画祭でしか公開されなかった
「湖の見知らぬ男」と同じように、
この映画も未公開、DVD化もされないとすると
本当に残念。
posted by みつあき at 03:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする