2018年02月16日

制服について

小学校がアルマーニの制服を標準服として
使うというニュースが席巻している。

僕は小学校時代、母親の好みで、
冬でも皮の短パンにハイソックス、という出で立ちで
そのお坊ちゃん風な装いを周りにからかわれたりした。

とは言え、高校になると、
学校の制服のチェックは物凄く厳しく、
学ランの襟は絶対閉めないと怒鳴られたし、
ズボンの丈やふくらみ(女子はスカート丈)など
細かく指示された。

制服のみならず、髪の毛も絶対耳にかからないように、
パーマや染めるなんて、もってのほか。
(時代が時代っていうこともあったけれど)
ただ、他校の学生たちは、
長髪にだったり、スリムなパンツだったり
当時は少ないものの、私服だったりしたのだ。

基本的に、みんなが一律でなければ、という
日本の文化や考え方が、
この制服、ということに表れされている気がする。

個性をなくさせていることも含めて、
僕個人としては、制服なんて
なくなってしまったほうがいい、
そう思う。

もちろん、元々茶っぽかったり、
癖がある髪質を、黒髪ストレートヘアに
揃えるなんて、もってのほかだ。


そんな話をしていたら、店にいたジョウジは
「僕の制服はブレザーだったけど、
学ランに萌えるので、なくさないで欲しい。
むしろ、全部学ランにしてほしい」と言うし、
タクマは「それこそ、私服に極力近いカジュアルなモノにし、
なおかつ、どういうふうにアレンジをしてもいい、
というふうにしたら、学校生活は楽しくなるはず」
などと言う。

なるほど。
制服問題、
平成も終わり、どういうふうに落ち着いていくんだろうか。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする