2018年02月12日

B面で恋をして

一昨日の饗宴も含めて、連休中は
面白いお客さんが続々と来ていただいたが、
昨日の深夜1時過ぎには、驚くほどデカい
美しい女装の青年(?)が
「一人でも大丈夫ですか?」と来てくれた。

彼は、近くのカフェで
二丁目瓦版というコミュニティペーパーを見て、
「ここだ」と思って、来てくれたみたいだった。

思えば、お客さんに連れられて
有名観光バーの女装ママが来てくれたり、
ドラッグクイーンの人たちがみんなで
来てくれたりしたことはあったけれど、
ピンで完璧に女装をしている人が、
こういう風に来てくれたのは初めて。

彼はトランスジェンダーでも、
ニューハーフでもなく、
いわゆるゲイで、趣味女装。
もちろん、ドラッグクイーンのようには
なりたいけれど、そこまでの芸達者ではない
と言っていた。

しかしながら、自分の顔が頭に乗ったようなウィグと
真っ赤なハイヒールを含めると
2メートル10センチという身長には
十分、インパクトがある。

それもキラキラとした真っ白なスーツに
取り付け型のGカップとも思えるバスト。

生粋のゲイだし、ある意味
ゲイの男にしか燃えないが
近寄ってくるのはストレート男性ばかりだと言う。

だからなのか、ゲイとしての活動はほとんどなく、
2丁目近くの炉端焼き屋に一人で趣き、
ノンケ男性や女子にいじられて帰る。
その一瞬は楽しいけれど、
自宅で化粧を落とす時には虚しい。

やっぱりノンケ男性ではなく、
ゲイ男性にちゃんと抱かれたい。
でも、その時にはやっぱり女装をしていないと
自分には火が付かない、というのが
なかなかの難点だそうだ。

彼から言わせると、女装をしていない自分
(のことを、B面と言っていたが)は
本来の自分の姿、
と言うトランスジェンダーではなくて
性的な部分での女装癖というのが
とても興味深かった。


そんな彼が、うちのトイレに貼ってある
「六尺デイ」のポスターに著しく反応。

「六尺姿のゲイに囲まれるなんて、理想かも」と言う。
「でも、うちはお客さんの要望もあり、
六尺デイは、女性や女装の人は
去年から遠慮してもらうようになったんだよ」
と僕が言うと
「んじゃ、その時、生まれて初めて
B面で来ようかな」と言う。


さあ、女装じゃないと火が付かない彼が
B面姿で、相手を見つけ、
ゲイ男子として燃え上がることが出来るか。

とは言っても、彼にとっては
やっぱり敷居が高そうだ、そう言っていた。


posted by みつあき at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする