2017年08月13日

親子という形をとって

セイヤ君は30歳。
18歳の頃から25歳上のパートナーと付き合って12年だそうだ。

その間には色々なことがあったようだ。
最初は、彼の家に遊びに行っていたのだが
そのうちに彼の部屋に住むようになった。

ただ、それからパートナーのほうの両親が
体調が悪くなり、地方から東京に出てくることになった。

結局、その両親には自分たちが住んでいるマンションを譲り、
その近くにマンションを買うことにした。

とは言え、いつ両親が覗きに来るかも知れない
ということで、セイヤ君は、実はパートナーが若い時に
女性と遊んだ時に出来た子供だということにしたと言う。

恋人同士ということを隠すために、
会社の同僚、とか友人、ということを
聞いたことはあったけれど、
親子ということは初めてだし、
増して自分の両親に息子だ、というのは
本当にまれだと思う。

ただ、女性の押し付けられた子供、ということで
パートナーの両親からのセイヤ君への
当たり方はひどかったらしい。

結果的にご両親は次々に亡くなったようだが、
その形は5年ほど続き、
セイヤ君は「よく耐えたと思う」そう言う。

いつものことだけど、
本当に色々な人生がある。
posted by みつあき at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする