2017年05月03日

地毛証明書について思うこと

このひとつ前のブログで、多様性について
書いたばかりだけれど、ついこの前、
店の中で「都立高校の地毛証明書」って
どうなんだろう、という話になった。

天然パーマや、元々茶色っぽい髪が
地毛である、という証明を親がハンコを押して
出す、という何とも不可思議な
日本らしい保守的な証明書。

これが多くの東京都の公立高校で
まかり通っているのだ。

日本では、ずっと右へならえ、という教育によって、
海外の人からは個性、オリジナリティが
ないと言われて来た。

常に人の顔色を伺う、
それはまかり間違って「空気が読める」という
言葉に置き換えられていく。

しかし、そんな雰囲気の中で
人と違う、ということでいじめられる、
という問題も当然起こる。
それは、容姿のみならず、
性的なことだって、
十分に対象になってしまうのだ。


それにしても、髪の色や、長さや、
パーマが、非行の走りだとか、
風紀を乱す、とか時代錯誤もはななだしい。

僕が若かった頃などは、男子学生全員が坊主、
という学校もあった。
でも、昨今は海外への修学旅行が多くなり、
坊主頭はおかしく思われるから伸ばせ、
という学校さえあると聞く。
ふ〜む・・・
こうなったら、頭がおかしいとしか思えない。

そう思えば、ヤマンバが流行った頃だと、
「地肌証明書」を出せ、
ということだって考えられる。
こうなったら、差別以外の何物でもない。

おしゃれや、雰囲気を気にする、
いうのは思春期の本当に大切なことだと思う。

こんなことをチェックして回る暇があったら、
もっと大切なことに目を向けたほうが
ずっと将来のためになる、
そう思う。

今度、子供を持つノンケの友人たちに
意見を聞いてみよう。
たぶん、僕の周りにいる連中だから、
ほとんどが「バカバカしい」と言うだろうけれど。


posted by みつあき at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多様性と自由度

先週末に初めて来てくれた24歳の3人。
一人は40を超えた落ち着いた紳士が好き!と言いながらも
恋愛よりもセックスの日々が今の幸せかも
というショウスケ君。
最近、デートした50歳くらいの相手が
「君も働いているんだから」と
食事の時に1000円だけ受け取ってくれたのが
とても嬉しかった、と言う。

もう一人は、女性として生まれて来たけれど、
トランスなのか、レズビアンなのか、
それともバイセクシャルなのか、
今は自分でもわからない、と言うカオル君。
たぶん、インターセクシャルでXジェンダー
(どこにも属さない性)なのだろうと。

こういうタイプの人は、店で過去、何人か知り合ったけれど、
公言しないだけで、とても多い気がする。
昔はカテゴリーがなかったから、
自分をどう受け止めて良いのか、
きっとわからなかったのだろうけれど、
今はネットで調べると、きちんと
そういう志向が書かれてあるから、
それだけで安心できたりもする、カオル君はそう言う。


最後の一人は、「もっともまともな同性愛者!」と
笑いながら、自称するケンゴ君。
彼は、スペインに留学した際に
ひとつ年下のスペイン人と恋に落ち、
あちらで2年間、付き合った。

そのパートナーが、元々漫画やアニメという
日本文化に興味があり、
そのまま日本に・・・。
そして、彼はケンゴ君の自宅に
ホームステイすることになったのだが、
来る前日に、実は自分はゲイで、
明日来る友人は恋人なのだ、と家族にカミングアウト。

それからもうすでに1年以上経過していて
その彼氏もすっかり家族に馴染んでいるし、
両親や兄弟ともに、受け入れているというから凄い。

そもそも、この3人は、とある大学で行われた
「セクシャル・マイノリティ・サークル」というところで
知り合い、飲むようになったそうだ。

こういう若い人たちと知り合うと
本当に世の中は大きく変化しているのだ、と
思って、この多様性と自由度が
とても嬉しく、有り難く感じたりする。
posted by みつあき at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする